鎌倉からラーメンなど食べ歩き

食べたラーメンなどの記録などです


支那そばや本店 ラーメン8 平八

2017年06月14日 | 日記





戸塚 支那そばや本店
限定冷やし担々麺

チャーシューごはんを追加注文し
麺がなくなったらぶっこみ
計1210円


冷やしでなくて
汁無しではダメなのかと思ったけど
麺は美味しかったです

担々麺の中心となる味は
冷やすと旨味が削られるので
冷やしじゃないほうが
自分はいいと思います

ざる中華
も食べに来なきゃ
と思ってます

冷し担々麵はあんまり情報がない限定です


神奈川だけかわからないですが
限定を一生懸命やっているお店
多い気がします

レギュラーメニューも
食べたいです

食べればいいのですが
食べておかないと終わってしまう心理が
どうしても働いてしまいます


一去年の春それ以前佐野さんがいる時代は良かったですね
落ちたと思った時期もありました

いまだに佐野さんで商売していますね

鵠沼時代の活気は今の戸塚には無いですから

佐野ジャパンとか弟子コラボとかどうなんでしょうか

ラーメンのコラボって意味が分かりません

作り手人それぞれですから
料理人それぞれの作品を食べたいです、自分は

そろそろ二代目支那そばや店主の社長を決めて
動くのはどうでしょうかと提案してみます






北久里浜 ラーメン8
正油ラーメン中盛700円

平日の夜にやってる
食べたいお店が
ここだけでした

横須賀はそうなんですね

炒めそばという
並盛200円のものに興味をもちました

恐らく
3回目の訪問で
つけパスタの塩と醤油を
食べてきたお店でした

店主は
情報によると
すぐそばの
イツワ出身のようです

塩と炒めそばを次回
来たいと思います

とても丁寧な商品です

もっと癖になるような要素
があれば自分の好みですね

世の中のラーメンが
懲りすぎなのかとも思います






横須賀中央 平八
鉄砲蕎麦、鉄砲玉にうずら
計1170円

蟹のラーメンを
自分はあまり食べた経験が
ありません

経験の問題なのか
肩透かしな感じです

夜やっているとは
意外でした

前日のTwitterブログ
では
15時に売り切れてました

量が自分には多いですね
かえ玉するなら少なめで十分です

あとすぐそばの
錦太朗はやってませんでした

店主の腰がヤバイのでしょうか




久々に横須賀方面へ来ました

閉店したお店が沢山ですね

大体のお店が
平日夜はやってないですね

情報が少ないです

横須賀は平日昼と
週末なら夜みたいです

コンビニも
サークルKサンクスが
ファミマになるだけでなく

スリーエフが
ローソンになってしまう

コンビニで商品を眺めていても
魅力的なものが少なく感じてしまう

日本は今かなりヤバイのでしょうか

ポテトチップスなど
スナック菓子が勢いがないし

ラーメン店の活気が
最近マイナス方向へ
急激に
傾いている気がします

前回の日記の補足を

がんこ長津田は
動物のバランスが弱い
そんな印象です

魚介出汁は強いですが
ラーメンはバランスだと思います

分家の分家として
がんこは名乗れるのでしょうが

がんこって
簡単には名乗れないはずです
仮に四谷三丁目の系統ならです

相模原のお店で
家元の弟さんは
お金で開業支援って
やってましたから

確か100万円以上でした

それで
メニューなどは
契約に基づくものなんでょう

人それぞれですね
食べ手も作り手もです

思ったことを書いただけです

丹行味素は
お店をプロデュースした人間が
店主以外にいるのではと
勝手に推測します

掲示板に返答した人が
その店主になりすました人
なのではと推測します

前はもっと好きなお店でした
写真を見ても
もっと繊細だった気がします

なんか雑ですし
限定に力を入れたりする理由が
わかりません

そんな性格なだけかとも思いますけど

限定に力をいれるって
何かが不安なんだろう
って思えてしまうのです

今は商品は別物になっている
気がします



戸塚の太華もそうですが
例えばこんな感想があり
自分の経験では店主がいた時にこんなことがありました

TRYという
東京のラーメンオブザイヤー
でしたっけ

実力が伴ってない
(レビュー見てればボロばかり出てるので分かりやすいです)

のに
賞アピールが凄い

そんなお店多いですね

はまんどは
横須賀は元こうじの店主が
凄いのであって

経営者は
湘南時代と全く変わらず
どうかと思います

Twitterは湘南から同じです
多店舗展開目標でしょうかね

ラーメン博物館は
ブロガーを招待して宣伝
そのくだらない習慣がでている
施設ですね

昔は自分は
パスポートを持っていて
月に一回は通い

季節の限定など楽しみました

もう行かなくていいですね
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まるよし 丹行味素 味楽 龍上... | トップ | いそじ 改 中村麺三郎商店 し... »

あわせて読む