鎮守の杜から
葛木御歳神社神職が、神道についてや、日々感じたことなどを思いつくままに綴った私的なページです。
 



第二部で、かがり火に点火されます。
点火式も厳かに、終わり、美しく神社が浮かび上がります。

能楽はワークショップで解説をして、その後、舞囃子で「葛城」を上演。

あれれ?鼓の解説がやたらと長いと思っていたら、
「ここで15分の休憩をします」
???
で様子を伺うと、太鼓の演者がまだ到着していないとのこと。
さてどうする?どうする?

とりあえず私がしゃべりますわ~とアドリブトークを展開。
日頃の思いをお話する機会ができました。

どうやら、「葛城」をまずは謡で行うことになり、装束を着けて登場。
今日は女性能楽師さま。
いや~美しい!!
声も女性なので、やはり、女神さまにぴったりです。

ここで、ようやく息せき切って太鼓の演者到着!
本来の舞囃子で再演。
アクシデントで、予定をかなりオーバーしましたが、
二回見れたわ~との声も聞かれて、クレームも出ずに無事終えました。
ホッとしました。
今回は参加者皆さんは、神社と言う事と、手作りのイベントということで、
大目に見て下さったのだと安堵しました。
ありがとうございます。

私は能楽は素人ですが、「葛城」は女神様の女性の心情が表現されていて、
何だか、感情移入が出来ます。
清楚で厳かで、幽玄で。。。格調高い舞台でした。


これにて、閉幕!!!!

ああ、長かった!紆余曲折があったけど、
最後は、御歳神さまがきちんとまとめて下さいました。
感謝感謝!!
大勢のスタッフの皆様、おとしだまの森倶楽部の皆様にも感謝です!

凄いもんですね~感激の渦でした。

産経新聞にも載りました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101031-00000014-san-l29
新聞は能楽の写真入りでした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




登拝が無事、怪我人もなく無事終わって、お楽しみタイムです。

二胡とヴォーカル、アコーディオン、電子ピアノ、ベースでミニ演奏会。
昨日出来たばかりの休憩所がステージで、こけら落としです^^

音響も知り合いの方が無償で貸してくださって、
またその設備の凄いこと!!
機材でこれほど音のふくらみが変わるかと思うほど、
素晴らしい音が、流れていました。

なんとも和やかな雰囲気で、地元女性部の方の新米のおにぎり配布。
180食近く、作って下さいました。
今回、女性部の方も登拝に急きょ参加下さったりして、
地元氏子さんも大活躍です!
和気あいあいと時間が流れます。

ダンシングせんとくんも素敵でした!!
写真がないのですが^^;

拝殿横では、御所金剛俳句クラブの俳句の会。
地元の方が立派な掲示板を作ってくださって、その場で色紙に墨書きして啓示。
華やかな風雅な空間が広がります。

だんだん日が暮れてきました。
前日遅くまでライトアップのリハーサルをした甲斐あって、御歳神社が幽玄の中に浮かび上がります。
いよいよ能楽です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




予定を少し早めて、3時頃、登拝を終えて、皆が帰ってきました。
皆、晴れがましい顔をしています。
とても楽しかった事が表情から伺えます。
「いや~無事登らせて頂きました~ありがとうございます!!」と感無量の年配のご婦人もおられました。

実は本が出たんです。
「奈良地域おこしネットワーク 結び会」に御歳神社とおとしだまの森倶楽部の活動も載せてもらいました。
http://books.livedoor.com/item/4063975
その執筆者の林信夫さんがお越しでした。
先日はお話だけで記事を書いて頂いたのですが、
「実際山に登ってみて、東川さんの思いがよくわかったわ~いやー良かった!!」
と感激してくださいました。

最後に御歳神社の拝殿前で勤行。
御歳神さまを称えてくださって、これも感動でした。

このような行事が出来たことが何よりうれしいです。
やりたかった神仏混合の祭祀。
祝詞で始まって、お経で終わる。

金峯山寺の行者さまに感謝です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




祭典が始まります。
100名近い人たちが集まっていますが、しーんと静まりかえっています。
祝詞の声が響きます。
なんかね。万感こみあげてきました。
こういう気持ちで祭典をするのは、初めてかもしれません。

全身に喜びがこみあげてくるという感覚。
細胞一つ一つが嬉しいと歓声を上げるような。。。

御歳の神さまはなんて素晴らしいのでしょうか。
いつもいつも、助けて下さいます。
幸せな気持ちに、なんだか震えました。

今日はね。氏子役員さんもスタッフで、参加くださっています。
代表の玉串拝礼はやはり、氏子役員さんにお願いしたい。
スタッフの格好のままだったので、わざわざ着替えてきて下さいました。
長い長い道程を経て、ここまでたどり着いたのです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




30日は御歳神社での「行者と共に体験する奥山登拝と能『葛城』」の会。
参加者とスタッフを合わせて200名を越える大盛況でした。
本当に感激です。

台風が直撃かと心配しましたが、
さすがのパワーで、雨は一滴も降らずでした。
改めて凄いなあ~!!と思います。

早朝6時半から私は先に登拝して来ました。
霧が上がっていく様子が幻想的でした。

8時に、市役所企画課課長を迎えて、思わず
両手でピース!雨、大丈夫だったでしょ?!とね^^
本当にお世話になりました。
祭典が終わって登拝の列を送り出したあと、
「ようやく、ほっとした?」とにっこりと聞かれたんで、
「はい♪」と答えました。
「東川さん、ずっと前から、絶対うまく行きます!と言うてはったもんね~!」と、感慨深げでした。
丸一年の長い付き合いになりました。
お互い、ようやく肩の荷を下ろしたのでした。
「いっぺん、呑みたいですね~!」と向けると、
「ああ、良いですね。ぜひいつか^^」とね。
なかなかそんな機会はないでしょうけど、あれば良いなあ~。
共に成功を導き出した同志ですから。。。

御歳神社の祭事で、大雨が降った事はないんですよ~
といつも話していたので、警報時の緊急対策協議の時も、
「まだ、東川さんの奇跡を信じていますから。。。」と言って下さいました。
「はい♪台風は必ず南へ押し下げますから、本州上陸はないですよ~
千葉県沖を進むと思います」と断言してみました^^
なので、ピース♪…思いを込めたミラクルでした^^




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いよいよ明日本番です。
「行者と共に体験する奥山登拝と能『葛城』」

台風をかなり押し下げられました!!
御歳の神さま、すごい!!
それから、皆さんの気持ちが一つになって押し下げたように思っています^^

明日、たぶん決行です。
当初は台風直撃かと思いましたが、さすがです!!

今日も遅くまで、ライトアップのリハーサルをしていました。

御歳神社が闇の中に輝いて浮かび上がります。
皆様、お楽しみに~

心を込めてお待ちしています。
お手伝い頂きます方、どうぞよろしくお願いいたします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9日は兼務社の伏見八幡さんの宵宮祭り。
井戸の高木神社は雨でしたが、八幡さんは見事に上がって、ススキ提灯斎行しました。

このあたりでは、伊勢音頭を唄いながら村内を練り歩きます。
動画で唄ってくださっているのは、今年94歳のおじいちゃん。
めちゃ、ええこえ~で唄ってくれます。
囃子方に私の声も入ってます^^
初めてYouTubeに動画をUPしました! 

伊勢音頭の動画はここをクリック♪

和やかな良いお祭りでした。

お祭りの後、風邪をひいてしんどいです~
他のお祭りのことは、また元気になったら書きますね♪



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨年12月に宮司を交代しました。
名誉宮司は今年88歳です。
足腰は少し弱くなって階段はしんどそうですが、
なかなかに元気です。

今年は猛暑でしたが、ほぼ毎日境内の草引きをしてくれていました。
本当に助かりました。

若い時は、通産局にいて、最後は御所市の助役を務めました。
高校の先生をしていたこともあります。

助役時代は、なかなかの論客だったそうです。
熱い議論を戦わせた話も聞いています。

家では、いつも優しいおじいちゃんでした。

私が神職になって、おじいちゃんはとても嬉しそうにしてくれました。
娘のように可愛がってもらいました。
時には神社のことで、意見が食い違うこともありましたが、
だんだんに尊重してくれました。

交代する二年前ぐらいには、お祭りの最中にも
「これでええか?」「次は祝詞読んだらええねんな?」
「違ってたら言うてや~」
などと、確認しながらの時もありました。
年を取って偏屈になる方もおられますが、
こんな風に言えるのってすごいなあと思います。

ますます穏やかになって、いつもニコニコしています。
長年神さま事をやってきて、もう半分神さまの世界に入っているような
穏やかな表情をされています。

いつもありがとうございます。と言うと、
「こうやって草引きしてるとな、心がすーっとするんや~」とニコニコ返してくれます。

ああ、素敵だなあ~
としみじみ思います。
こんな風に穏やかに年を重ねられたら良いなあと思います。

少し華奢になられたなあと思いますが、
お天気の時は大抵境内にいます。
お会いになったら、声をかけてくださいね^^






コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )