鎮守の杜から
葛木御歳神社神職が、神道についてや、日々感じたことなどを思いつくままに綴った私的なページです。
 



15日は私の神道講座でした。
大尊敬する谷省吾先生の本と、これまた尊敬する南方熊楠の言葉を使って、浄明正直についての話。
講座をすると、私って本当に神社と神道が好きなんだなぁ〜と自覚します。
神道の清浄というのは、障子の美しさなのです。というのが谷先生のお話。
明り障子の柔らかな光、シンプルな木と白い和紙だけの洗練された美。
明るく清浄な空間。
直く正しくあろうとする心持ちが、その空間に静かに存在する。
原罪もなく、苦行もなく、はたまたユートピアでもない。
シンプルに淡々とあることが、実は神道的なのかもしれませんね。
そんな気づきを、実はわたしが一番発見したのかもしれません。
18日にもお話しますね。
お時間あればぜひに〜😊✋️

こちらもお読みください。
http://blog.goo.ne.jp/mitoshi7/e/2711df4e45a4d220b7c14efa83cada25

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 今日は月次祭 新嘗祭と新嘗... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。