鎮守の杜から
葛木御歳神社神職が、神道についてや、日々感じたことなどを思いつくままに綴った私的なページです。
 



セキスイハイムのページに掲載されました♪
セキスイハイムのページへ
年末年始の風習を子どもたちに伝えたい
お正月は古来の風習を思い起こすチャンス

☆お年玉をあげるのも、おろそかにせずに☆

子どもに「お年玉」をあげる習慣は根強く残っているようですが、子どもにとっては、お小遣いの特別篇としてボーナスでももらうような気分なのかも知れません。「お年玉って、お正月に年神様にお供えしたおもちのお下がりをいただくことらしいわよ。」ぐらいは言った方がいいのかも。子どもたちは「お餅よりお金のほうがいいよ!」と思うに決まっています。それでも「年神様という新年の神様のパワーを分けてもらうのがお年玉なんだから、大切に使わなくちゃあダメよ」と言い添えれば、子どもにとっても神聖なゲーム?に参加するような感覚で、日本古来の伝承を受け止めてくれるかも知れません。

◇資料参照
*葛木御歳神社 お年玉の由来と御歳神さまについて
http://www.mitoshijinja.jp/mean/tosi/tosi.htm

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« サロン&カフ... 年が明けます♪ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。