鎮守の杜から
葛木御歳神社神職が、神道についてや、日々感じたことなどを思いつくままに綴った私的なページです。
 



11月23日は新嘗祭でした。
今年は、狂言の安東伸元先生と太鼓の伊藤さまのご厚意で、
狂言と太鼓演奏奉納の会として行いました。

ちょっと小雨が降りましたが、無事最後まで行事が出来ました。

太鼓は、ジャンベというアフリカの楽器。
それを語りかけるように響かせます。
なんとも心地よいリズムでウキウキした気分になりました。



その後、狂言が始まるかと思いきや、突然の企画で、
太鼓と狂言の舞との即興のコラボレーションが始まります。
打ち合わせ無しのぶっつけ本番とは驚きの面白さ^^
やはり、一流と一流だからこその技ですね^^



狂言は「柿山伏」
とってもわかりやすくて楽しいお話です。
ちょうど葛城の地名も出てくる狂言で、柿の成る神社にぴったりの演目。
とっても楽しみました。



今回も、氏子役員さんと、崇敬会やおとしだまの森倶楽部のメンバーが協力して
スタッフとして盛り上げてくださいました。
最後は、出演者、スタッフ、地元女性部の方々も加わって、総勢40名近い大宴会。
本当に楽しい一日になりました。

催しをするのは、準備から何から何まで、大変な事も多いですが、
その分、喜びもひとしおですね!
お越しの参列者も、奉納してくださった方も、スタッフもみんな笑顔です♪
それが、何よりの喜び。
神様もさぞ楽しまれたことでしょう。

本当にみなさま、ありがとうございました。

さて、来年は何をしようかな^^

その前に年末年始の超多忙期を乗り切らないとね!!
がんばりまーす♪





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )