獣害

2017-06-10 13:10:14 | 日記

 

水田の減反政策で植栽したサクランボ園地。他にもりんごの植栽もある広い圃場の園地。周辺の園も減反政策で果樹園地に切り変えた圃場が点在している。旱魃時には用水路から潅水が出来るので便利が良い園地。昔夏の旱魃時に用水路か水の掛け過ぎでサクランボの木が枯死した苦い経験がある。

それからは滅多な事が無い限り旱魃時には潅水はしない事している。俺のように潅水しすぎでサクランボが枯死して園地も見られる。りんごは水には強いがサクランボは弱く大水で園2日間水浸しの状態だと枯れてしまう話がある。里山の添うて自衛隊の演習道路があり市道として使っている。前は熊、猿が多くいて農作物の食害が多く発生して農家の方を悩ましていた。

この頃は猪も増えて農作物の被害を与えている。親子連れの猪に合った話もたびたび聞かれる。我が家の水田の畦も猪に彫られて穴だらけで畦が崩れて酷い水漏れで困っている。秋の収穫時期は圃場に入り習性の泥かぶりや稲モミを食い荒らして被害を与えている。

サクランボ園地除けハウス内は防鳥ネットで囲っているが露地物のサクランボはそのままの状態で栽培している。低い枝は全て枝折れ状態で赤く色付始まった実を食べた跡。笹熊、カモシカ、猿等でなんの食害かは分からないが日増しに増えて来る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅秀峰 | トップ | 2017-06-10 13:42:05 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。