みちのくの風の旅人 [ 愛と義の街(上杉家の城下町)から情報を発信中 ]

米沢・山形・東北の自然や文化・風土を季節の便りとして届けています。ホームページ[天空の流れ雲]と合わせてご覧ください。

秦逸三氏の胸像建立

2016-10-19 09:51:22 | 米沢の自然と文化

 秋晴れに恵まれた16日の日曜日、久し振りに御成山公園に出掛けた。以前は無かった秦逸三(はたいつぞう)氏の胸像が松が岬公園内に設置されたことを記す、新たな記念碑が御成山公園に増設されていた。

 

← 50年ほど間に設置された記念碑

 

 御成山公園には、人繊工業発祥の碑があり、眼下にはかつて工場のあった現在の第三中学校周辺が良く見える。

 碑の説明の看板は10年位前には風化していた見にくかった様な気がするが、数年前に改修されて見易くなっている。

  ↓   ↓

 

 

 下の2つの写真に写っているものは、春の桜の季節に訪れた時には無かったものです。

 秦逸三(はたいつぞう)氏の胸像が松が岬公園内に設置されたことを記す、新たな記念碑だった。

  ↓     ↓

 


 

    ↑ 御成山公園は、斜平山(なでらやま)の北の外れに位置し、市街地より標高が100m以上高く、眺望の大変良い所である。

 



 

   秦逸三の精神、受け継ぐ 帝人寄贈の胸像除幕式        2016/9/29 14:36

 大手化学メーカー帝人(本社・大阪市、鈴木純社長)の創業者の一人で、米沢高等工業学校(現山形大工学部)の教授だった秦逸三(はた・いつぞう、1880〜1944年)の胸像が同社から米沢市に寄贈され、25日、同市の松が岬公園で除幕式が行われた。

画像 秦は東京帝国大学工科大学(現東京大工学部)応用化学科を卒業後、米沢高等工業学校に赴任した。日本で初めて人造絹糸(レーヨン)を開発し、工業生産に成功。東工業米沢人造絹糸製造所を母体として1918(大正7)年、帝国人造絹糸(現帝人)を米沢に設立した。

  胸像は高さ70センチ、幅45センチ、奥行き32センチ。秦の出身地・広島県の帝人三原事業所に52(昭和27)年から設置されていたが、東工業米沢人造絹糸製造所設立から100年を記念して昨年、米沢市に寄贈された。移設に伴い修復し、台座も製作。台座には秦のひ孫頼太さんの揮毫(きごう)による「秦逸三之像」の文字が刻まれた。胸像とともに碑文も贈られ、こちらは同市の御成山公園内に設置された。

 除幕式には同市や同社の関係者、秦の親族ら約30人が出席した。中川勝市長が「絆を大切に、秦先生の成し遂げた偉業を受け継ぎ、今後の産業振興に努めていきたい」とあいさつ。鈴木社長は「技術の礎をつくった秦先生が市民に長く愛され、ゼロからのものづくりの精神が根付いていくことを願う」と祝辞を述べた。中川市長や鈴木社長、秦のやしゃごらが除幕すると、会場は拍手に包まれた。

 

 ※ 上の記事並びに文章は下記のWeb記事を掲載したものです

   2016-9-26 山形新聞記事   URL→  http://this.kiji.is/153027171978937844

   さらに詳しい記事はこちら → http://yamagata-np.jp/news/201609/26/kj_2016092600545.php

 


  順番は逆になったが、松が岬第二公園内に先月末、移設されたばかりの秦逸三氏の胸像を見学に、きのうの午後出掛けた。

 

 秦氏の胸像の左側には、鷹山公の大きな座像がある。

 

 

 

 鷹山公像の左には、2年前に米沢を訪問した、キャロライン・ケネディー駐日大使の歓迎の記念プレートが設置されている。

 

                                      ブログをご覧いただき、ありがとうございました  

     ★ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形県情報へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ にほんブログ村         ブログランキング 

『山形県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みちのくの秋 2016 ~ 御成... | トップ | みちのくの秋 紅葉2016 ② ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。