みちのくの風の旅人 [ 愛と義の街(上杉家の城下町)から情報を発信中 ]

米沢・山形・東北の自然や文化・風土を季節の便りとして届けています。ホームページ[天空の流れ雲]と合わせてご覧ください。

上杉軍団行列2017 ~ 武帝式前に御廟所へ ~

2017-05-05 18:14:09 | 米沢の自然と文化

 毎年恒例の上杉軍団行列が、2日の夕方御廟所へやって来た。その夜に松川(最上川)河川敷で行われる武帝式を前にして、謙信公廟にお参りした後、墓前で勝鬨を上げた。

 

  上杉神社からパトカーの先導によって、午後5時半の少し前にやって来た。

 

 

 

 

 

 

 午後5時25分頃に門を潜った軍団は、40分にはまた整然と隊列を組んで、門を出て行った。

 5時前にバス4台が待機していた。御廟所を後にした軍団は、4台のバスに分乗して松川の武帝式会場に向かった。 

  

 

  御廟所の門の右にある表示板  ↓

 

 御廟郵便局脇の観光表示

 

 


 

    ※ 山形新聞オンラインニュースより http://yamagata-np.jp/news/201705/03/kj_2017050300078.php

 川中島合戦、壮大な戦国絵巻 米沢上杉まつりメインイベント

                                          2017年05月03日 20:21
 
上杉、武田両軍の激闘を再現した川中島合戦=米沢市・松川河川敷  米沢上杉まつりのメインイベント「川中島合戦」が3日、米沢市の松川河川敷で行われた。上杉軍と武田軍が激突した戦を再現。日差しが照りつける中、甲冑(かっちゅう)姿の武将たちが壮大な戦国絵巻を繰り広げた。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 謙信率いる上杉軍は約530人、信玄の武田軍が約240人。合戦保存会のメンバーや市内の高校生などが演じた。朝霧を演出する煙幕の中、弓隊の一斉発射と鉄砲隊の砲撃を合図に戦いの火ぶたが切られた。

 乱戦のさなか、謙信が武田軍に単身で攻め入る「三太刀七太刀」が最大の見どころ。謙信が馬上から振り下ろした刀を信玄が軍扇で受け止めると、観客から大きな拍手が湧き起こった。苦戦を強いられていた武田軍の別動隊が対岸から駆け付ける「川渡り援軍」の後、全軍入り乱れて死闘を展開。観客の間近での斬り合いもあり歓声が鳴りやまなかった。

 最前列で観覧した米沢市興譲小1年の木田悠貴君(6)は「斬られて倒れるところがかっこよかった。いつか僕も出てみたいな」と話していた。

 合戦に先立ち、市内の目抜き通りで甲冑武者や山車、みこし、鼓笛隊などが練り歩く上杉行列が行われた。実行委員会によると、4月29日~5月3日のまつり期間中の人出は昨年より3万4千人多い延べ31万9千人だった。
 

~ 

      ブログをご覧いただき、ありがとうございました。 (*^-^*)    

    ★ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形県情報へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ にほんブログ村         ブログランキング 

          「ポチッ!」        思いがけないブログに巡り合うことが出来ます。         「ポチッ!」    

 

『山形県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みちのくの春2017 ~ 遅い開... | トップ | 新緑の季節2017 ~ 散歩の途... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。