machanの万歩計

健康長寿で 元気に楽しく
野越え山越えてくてく歩きたい

我が家のシクラメン

2017-12-12 08:20:38 | 日記
我が家のシクラメンの水やりサイクル
グッタリと萎れてくれば
タップリと水やり


1週間に1度くらいで楽々冬越し(今までは)
今年も5月まで咲き続けてくれるかな?
頑張るから頑張ってね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒波と寒気

2017-12-11 18:41:28 | 日記
キンシバイの花も冬になり花も終わりました


寒気は通りすぎる寒さ
日溜まりでは元気に咲いているキンシバイもありますが


明日からは
寒波
長く居座る寒さが寒波と分けているそうです
キンシバイの蕾は明日からの寒波に耐えられるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝蔵院

2017-12-11 18:17:55 | 日記
お不動さまがご本尊の
宝蔵院


門前にある赤い鳥居


鳥居の奥のお堂には
街道筋にあるお地蔵さまと同じ様に見えます
足元には三猿がいます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

探検か徘徊か?

2017-12-11 13:33:14 | 日記
枯れ極める三澤川に沿ってサイクリング


冬の水鳥が忙しく足を動かして
流されないように頑張っています


段々畑の長ナスが全滅のようです


気になっていた道を探検?で
坂をぐんぐん上ったら
思ってた信号に合流しました
尾根幹線道路・若葉台通りへの道が少しずつ増えて嬉しいです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凍えるよ!

2017-12-10 19:04:52 | 日記
造花じゃないんです
鉢植えのガーベラです
毎日の最低気温がマイナス続き
もう耐えられません
寒いです冷たいです凍えます
とガーベラが言っているようです?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田舎のネズミ

2017-12-10 16:48:26 | 日記
田舎のネズミは向こう岸へ渡れない
突然道が柵で遮られ渡れない
ネズミは地下のトンネルを探す


路地から路地へとネズミは歩く


富士山と2000年?
今は2017年
都会の公園は難しい名前が付いている
地方では地方の名前+公園
緯度や経度など関係無い場所は名前で判る



観音通りと言う細い路地のような商店街を歩く
ビルの一角の一部屋みたいな笹塚観音様にたどり着きました
裏道は宝物一杯入った玉手箱です
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

有難う楽しいハイキング

2017-12-10 09:21:49 | 日記
前半はハイスピードでキツい上りでしたが


穏やかな尾根を浅間山、権現山、弘法山、吾妻山へと


募集は2000人を超えて抽選で2000人参加予定ですが
キャンセルが500人ほどで1500人ぐらいが
主催者様の段取りで安全に楽しくハイキング


優しいフカフカの落ち葉を踏みしめ歩く


楽しいハイキング初級の企画に参加出来て嬉しかったです


麓への道は
フカフカの土の道が滑りやすくて緊張しましたが


これも楽しい思い出


鶴巻温泉駅近くの弘法の湯の足湯に参加者が向かっています


ゴールの駅ではマスコット人形のお出迎え


お楽しみ抽選会では4等のお菓子を頂きました


朝には車中から見えた美しい富士山も
夕方には太陽が眩しくて見えませんでした
楽しい1日が終わりました
明日も良い1日でありますように
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弘法山

2017-12-10 08:25:54 | 日記
いよいよ弘法山公園につきました


大山寺参詣道の途中の
弘法山と思われるような雰囲気ですが


大山寺や阿夫利神社の名前は見当たりません


厳かな空気が流れる広い境内に
入ると
紅葉と鐘楼が一番に目に留まります


鐘楼の傍らには
「弘法の乳の水」と言われ白く濁って乳の香りがしたそうです


釣瓶井戸が残されていますが今は蓋をされていて
傍らには手押しポンプから水が出ています
水の確認は行列ができていて通過しました
井戸ごしにお堂が見えますが
弘法山だから大師堂かと思え


釈迦堂その名も「しゃかんどう」
ビックリして写真を忘れました


遠くが見渡せますが
ここは何処? 麓は何処の町?
私は今 どこにいるの?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次の展望台で昼食

2017-12-10 08:07:23 | 日記
先の展望台から少し進むと
見晴らしの良い展望台があり
ちょうどお腹もお昼時
暖かい陽射しポケットで山賊の宴会が周りで始まります
登山の調理用品でキャンプ場のお昼時みたいです


大好きな眉山縦走路を思い出す山道が始まります


秦野駅へ下る男坂
道が急降下しています


これから先の道標に最々現れる東海大学への下り道


百八松明(ひゃくはちたい)松明と書いて「たい」と言いますが
「たいまつ」行列の火の祭のようです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弘法山展望台

2017-12-10 07:46:20 | 日記
不思議な道標が通過した筈の名前が出てくる


日本風でない展望台へ


眼下に広がる広場


四方の山の案内がありますが
富士山だけは山の形でも見つけられますが
今日は沢山の人に見詰められて顔を隠してしまいました


徳島からだと太平洋だけど
○○湾でしょうね
全く地形が地図が頭に入っていません
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秦野市とカタツムリ

2017-12-10 06:53:23 | 日記
秦野(はだの)市は葉煙草の街だったそう
でもカタツムリとの関係は?
マンホールの蓋に
木の葉とカタツムリ


秦野市の鶴巻温泉前には
巨大なカタツムリ


本尊「不動明王」は関東三大不動の一つである
大山寺と大山阿夫利神社への道のようです


今日のハイキングの途中の道標


参詣道も含まれている
ハイキングコースが網の目のようにあります


秦野市のホームページよりコピーペーストしました
 南地区には名水百選の「秦野盆地湧水群」が点在しています。代表的な湧水である「弘法の清水」で、平成元年に有機塩素系化学物質による汚染が明らかになりました。
 そこで、平成6年1月に汚染原因者による浄化義務を盛り込んだ条例を全国に先駆けて施行し、官民一体となって浄化事業に取り組みました。その結果、水質が改善したため、平成16年1月1日に名水の復活宣言をしました。
 「まいまいの泉」は、地下水質の監視用に南公民館敷地内に設置した井戸の水質が事業の進捗とともに改善されたため、清らかさを取り戻した秦野名水に触れていただく公共の水場として、この井戸を活用して平成12年に整備しました。井戸は被圧された地下水の層に達しているため、水は動力ポンプを用いることなく地下20メートルから自噴しています。
 名称は、すり鉢状に掘り下げた井戸で形状がカタツムリに似ている「まいまいず井戸」にちなんで名づけました

まいまいの泉
問い合わせ番号:10010-0000-1701 更新日:2015年3月3日


このページに関する問い合わせ先
所属課室:市民部 生涯学習文化振興課 南公民館
電話番号:0463-81-3001
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

浅間山

2017-12-09 20:16:49 | 日記
日溜まりには
野菊が咲き


アザミが咲く登山道


なだらかな山道を歩くのは久しぶり
土の感触、落ち葉を踏む感触
最高のハイキングです


目の前に現れたのは
浅間山
弘法山へと向かったはずなんですが


弘法山へはまだまだ先のようです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイキング初級

2017-12-09 19:33:42 | 日記
ベーグルさんに誘って頂いて
丹沢の壁・秦野権現山7.5Km
小田原に近い秦野駅出発から鶴巻温泉駅ゴールのコースです



先ずは弘法山へ


標高差168mの擬木で階段状になった
勾配の厳しい道を皆さん一気に駆け上がるように上る
このスピードは とてもとても初級とは思えない


ベーグルさんにご迷惑をかけながらもボチボチ上り
今季最終の紅葉・黄葉を楽しめました


電車の中からはクツキリはっきり見えていた富士山も
何故か頭を雲の中へ隠しかけています


穏やかな暖かい小春日和
総勢1500人程を5班に分けて出発
見通しも良く主催者の心配りも行き届いていて

楽しいな!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒くても温い温い

2017-12-08 20:08:30 | 日記
寒い冷たい冬もガラスの部屋でぬくぬく


植物園の温室のようです


変わった形のサボテン


お饅頭のようなサボテン

   
珍しいサボテンが
小さなガラスの部屋にいっぱいです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出稼ぎ

2017-12-08 07:13:32 | 日記
季節労働者などの出稼ぎで密漁?


密漁より手っ取り早くできる
冬季無人の離島で出稼ぎ?
太古の時代から帆掛け船で往来した歴史を持つ海の悲しい証でしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加