久代の日記

音楽、矯正治療のこと、日々のこと等

世界のドクター。

2016-10-11 15:50:57 | 日記
もう尊敬する先生方ばかりを集めた林先生の番組でした。多臓器移植の出来るアメリカで働いている凄腕の先生、多臓器移植が出来る先生は世界でも数人しかいないとの事でした。子供の内臓全部を取りだして、臓器に絡み合っている腫瘍を取って、元の体に入れるのです。肝臓が使えない場合父親の肝臓を一部貰う事にもなっていたそうですが、そうならずに全部使えたそうです。みんなこの先生を頼ってアメリカに移植を受けに行っていました。この女の子も元気になっていました。スキルス胃がんは胃の粘膜の下に癌が出来るので、胃カメラでは早期発見は難しいとの事でした。悪くなってからしか、みつからないのです。胃は常に動いている臓器なので、放射線を当てるには向かない臓器ですが、この先生が胃の動きに同調して動く放射線を開発したのです。この機械で延命率を上げていました。脳外科医の福島先生は74歳になられたんですね。自分で考えた鍵穴手術が専門です。難しい手術を全部福島先生がやっていると言う感じです。手術室を駆け回っていました。1年間に1000件手術をしていると言っていました。一日に数件やっているんですね。難しい所だけ先生がやっているとの事でした。自分の持っている技術を弟子達に受け継いで貰って自分がいなくなっても大丈夫なようになっていく事を望んでいました。手術器具はほとんど先生が考えオーダーメイドして作って貰ったものばかりです。頭の下がる凄腕の先生ばかりで、そうそうたる顔ぶれでした。いっしょに並んでテレビに映っている事もあまりないと思います。忙しすぎてです。このビデオは私の宝ものとして残しておきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界法廷ミステリー。 | トップ | 世界仰天ニュース。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。