徒然なるままに

日常を取り留めなく書きます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボクシングの事件

2007-10-28 19:26:19 | ボクシング
亀田次男反則で盛り上がっているが、ボクシング界での事件を自分が知っている範囲で思い出してみる。

(1)毒入りオレンジ事件
亀田興毅も所属する協栄ジムが起こした日本ボクシング史上に残る一大スキャンダル。1981年3月4日発売「週刊文春」で故金平正紀協栄ボクシングジム会長が渡嘉敷勝男や具志堅用高の防衛戦の相手に薬物を混入したオレンジを食べさせたと糾弾。
アウェイで出されたオレンジジュースを飲むのもどうかと思う。

(2)赤井英和
赤井がKOされて、脳内出血で、開頭手術!相手は大和田だったかな。
何とか一命を取り留めた。ボクシングではKOされ死ぬことが多々ある。
「俺はいつも死ぬ気で、リングあがっとったぜ」(赤井談)

(3)マイクタイソン耳かみ
あまりにも有名。マイクタイソンがイベンダーホリフィールドの耳を噛み千切った。ホリフィールドの泣きそうな顔が印象に残る。
反則の程度としては、亀田はまだまだ。

(4)ノー・マス
パナマの英雄・ロベルト・デュランがシュガー・レイ・レナードと対戦。1戦目はデュランが予想外の判定勝ち。
しかし、5ヵ月後の再戦では徹底的なヒット・アンド・アウェイ戦法を取るレナードにフラストレーションが溜まり、8回に突然の試合放棄。このとき放った言葉が「ノー・マス(もうたくさんだ)」
試合放棄だよ、世紀の世界戦で!
ちなみにライト級時代、デュランはガッツ石松と対戦している。
10RKOでデュランが勝った。ボコボコだったらしい。
ガッツはパンチ打っても当たんないし、デュランのパンチは強烈だし、ちょっといいのもらったら、倒れちゃおうと、思っていたらしい。
試合前、デュランの控え室で、「Fuck!Fuck 」なんて言葉が聞こえて、デュランはチョー余裕だったらしい。

(5)渡辺二郎
あれほど、クレバーで上手いボクシングをしていた渡辺二郎。
1995年9月、大阪府警に金融機関からの融資返済に絡む恐喝容疑で逮捕。
1999年に殺人事件を起こした犯人に短銃を譲渡したとして銃刀法違反で逮捕。
2007年、大阪府警に恐喝容疑で元タレントの羽賀研二容疑者や山口組系暴力団の幹部らとともに逮捕。
渡辺は「指定暴力団山口組系極心連合会関係者」だったらしい。
ボクシング界は暗黒街とつながりがあるのか。

まだまだ他にもたくさんある。
毒入りオレンジや耳かみに比べれば、亀田の反則なんてかわいいものか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランチャ・テーマ・ワゴン | トップ | 人食い人種と白人の問題 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほほう (och)
2007-10-28 23:56:21
タイソンの耳かみはすごいね。なにが凄いかって、あまりバッシングの声がきこえず、ヒールとしての凄さの象徴になっているもん。
K-1参戦”交渉”権ってだけで1億円の契約金だし。(ほんとかどうか知らんが)
いまだに全盛期のタイソンが史上最強っていう賞賛の声も多い。
タイソン (mitiida)
2007-10-30 00:09:42
ファイトマネーで数百億は稼いでいるはず。
でも今はボクシングも雑になって、金がないので、K-1なんかに出るって言ったのかな。
前盛時のタイソンは、カス・ダマトという名伯楽がいたころ。ダマトが死んでから、意志を受け継いだケビン・ルーニートレーナが指導していたが、やがて金銭問題か、ルーニーを解雇し、ドン・キングプロモータの傘下に入った。
その時からタイソンの没落が始まった。
タイソンのすばらしいスピードのコンビネーションブローは影をひそめ、パワーだけで何とか勝っていたが、東京でジェームス・ダグラスにKO負け。
その後、レイプ事件で収監されたり、耳かみしたり、飲酒運転で捕まったり、コカイン所持で捕まったり、ろくなことはしていない。
タイソンが始めて世界タイトルを取ったころ、史上最強と言われるが、対戦相手の実力を考えると、やっぱりアリが一番かな。ジョーフレージャやジョージフォアマン、ケンノートンと実力のあるライバルと対戦して勝っている。タイソンの全盛時にはライバルがいなかった。全盛時にフォりフィールドと対戦したら、タイソンの圧勝だったかもしれない。


カスダマト (kachan)
2007-10-30 22:22:01
カスダマトは、「ドンキングとだけは組んだらダメだ」と言っていたんだ。なのに、マイクタイソンは・・。

「モノを欲しがり過ぎてはいけない。堕落はそこから始まるのだ。車が欲しいと思う、洒落た家にピアノも欲しいと思う、思ったが最後、したくない事までやり始める事になる。たかがモノのためにだ」

以上カスダマトの言葉。。。。

コメントを投稿

ボクシング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事