水川青話 by Yuko Kato

時事ネタやエンタテインメントなどの話題を。タイトルは勝海舟の「氷川清話」のもじりです。

・「本当に強い人とは」 女性の扱いについてミシェル・オバマ演説

2016-10-15 11:37:53 | ニュースあれこれ

10月13日、ニューハンプシャー州にて、ミシェル・オバマ演説の一部です。

(英語テキストはBBCニュースサイト参照)

(私がグッときた、あるいはそうだそうだと思ったところ、太字にしました)

*******

So I'm going to get a little serious here, because I think we can all agree that this has been a rough week in an already rough election. This week has been particularly interesting for me personally because it has been a week of profound contrast.

 ここから少し真面目に話しますね。ただでさえ前からきつい選挙戦だったのに、今週は特にきつかったと、みんな同じ意見だと思うので。今週は私自身にとっても特に印象深いものでした。すごく対照的なできごとがあったので。

 

See, on Tuesday, at the White House, we celebrated the International Day of the Girl and Let Girls Learn. And it was a wonderful celebration. It was the last event that I'm going to be doing as First Lady for Let Girls Learn. And I had the pleasure of spending hours talking to some of the most amazing young women you will ever meet, young girls here in the US and all around the world.

というのも火曜日にホワイトハウスで、国際女の子の日を祝って、「Let Girls Learn」(女の子にも学ぶ機会を)運動を祝っていたんです。すごく素敵なお祝いでした。ファーストレディとして私が「Let Girls Learn」のために開く、最後のイベントでしたし。そして本当に素晴らしい若い女性たちと、ここアメリカや世界各地の若い女の子たちと何時間も楽しく話をしていたんです。

 

And we talked about their hopes and their dreams. We talked about their aspirations. See, because many of these girls have faced unthinkable obstacles just to attend school, jeopardising their personal safety, their freedom, risking the rejection of their families and communities.

私たちはそこで彼女たちの希望や夢について話しました。彼女たちが目指していることについて。というのもこの子たちは、ただ学校に通う、それだけのために考えられないほどの壁にぶつかってきたからです。身の安全や自由を危険にさらして、家族や地域から拒絶されるリスクを背負って。

 

So I thought it would be important to remind these young women how valuable and precious they are. I wanted them to understand that the measure of any society is how it treats its women and girls. And I told them that they deserve to be treated with dignity and respect, and I told them that they should disregard anyone who demeans or devalues them, and that they should make their voices heard in the world.

なのでこの若い女性たちには、あなたたちがどれだけ貴重で大切な存在か、念押ししなくてはと私は考えていました。どんな社会でも、女性や女子をどう扱うかが、その社会を測る尺度なんだと、この子たちに理解してもらいたかったんです。あなたたちの尊厳を尊重し、敬意をもってきちんと接するべきで、あなたたちはそういう扱いを受けるべきだと。そしてあなたたちを侮辱したり貶めたりする相手は、それが誰だろうと無視しなさいと言いました。あなたたちは世界に向けて発言するべきだと。

 

And I walked away feeling so inspired, just like I'm inspired by all the young people here and I was so uplifted by these girls. That was Tuesday.

この集まりを終えて私はものすごく元気になっていました。ここにいる大勢の若い人たちを見て、元気になるのと同じように、あの日の女の子たちに元気をもらっていました。それが火曜日のこと。

 

And now, here I am, out on the campaign trail in an election where we have consistently been hearing hurtful, hateful language about women - language that has been painful for so many of us, not just as women, but as parents trying to protect our children and raise them to be caring, respectful adults, and as citizens who think that our nation's leaders should meet basic standards of human decency.

そして今、ここにいます。選挙戦の遊説先です。この選挙で私たちは、女性について絶え間なく、ひどく暴力的で憎しみにあふれた言葉を聞かされてきました。多くの人にとって、痛いほどつらい言葉をひたすら聞かされてきました。女性としてつらいというだけでなく、子供たちを守ろうとしている親として。子供たちを、思いやり深く他人を敬う大人に育てようとしている親として。そして市民として。この国の指導者は、まともな人間としての基本的な基準を満たすべきだと考える、市民として。

 

The fact is that in this election, we have a candidate for president of the United States who, over the course of his lifetime and the course of this campaign, has said things about women that are so shocking, so demeaning that I simply will not repeat anything here today. And last week, we saw this candidate actually bragging about sexually assaulting women. And I can't believe that I'm saying that a candidate for president of the United States has bragged about sexually assaulting women.

実のところこの選挙で、合衆国の大統領候補になっている人は、長年にわたり、そしてこの選挙戦を通して、女性についてあまりにもショッキングであまりにも侮蔑的な言葉を繰り返してきました。あまりにひどい内容なので、今日ここで何一つ繰り返すつもりはありません。先週にはこの候補が、女性への性的暴行について実際に自慢するのを私たちは目にしました。自分がこんなことを言ってるなんて、信じられません。合衆国の大統領候補が、女性への性的暴行を自慢したんです

 

And I have to tell you that I can't stop thinking about this. It has shaken me to my core in a way that I couldn't have predicted. So while I'd love nothing more than to pretend like this isn't happening, and to come out here and do my normal campaign speech, it would be dishonest and disingenuous to me to just move on to the next thing like this was all just a bad dream.

全くの話、このことについて、考えるのを止められないんです。こんなこと予想もできなかったほど、自分自身の芯まで深く揺さぶられてしまいました。なので、何もなかったふりをして、ここに出てきて普通の遊説先のスピーチをしたいのはやまやまなんですけど、何もかもただの悪い夢に過ぎなかったと、あっさり次の話題に移ったりしたら、それは正直じゃないし誠実じゃないと思うんです。

 

This is not something that we can ignore. It's not something we can just sweep under the rug as just another disturbing footnote in a sad election season. Because this was not just a "lewd conversation". This wasn't just locker-room banter. This was a powerful individual speaking freely and openly about sexually predatory behaviour, and actually bragging about kissing and groping women, using language so obscene that many of us were worried about our children hearing it when we turn on the TV.

これは、無視できることではありません。すでに残念なことになっている選挙でまたひとつ、気に障る出来事が増えただけだと、脚注が増えただけだと、隅に追いやれるようなことではありません。というのもこれは単なる「下品な会話」じゃないので。ただのロッカールームの軽口じゃないので。これは、権力をもつ人物が、性的暴行の常習行動について自由気ままに堂々と話した内容だからです。女性にキスして女性の体をまさぐることを、実際に自慢していた。そしてテレビをつけて子供が耳にしたらどうしようと心配するほど、ひどい下卑た言葉を使っていたんです。

 

 

And to make matters worse, it now seems very clear that this isn't an isolated incident. It's one of countless examples of how he has treated women his whole life. And I have to tell you that I listen to all of this and I feel it so personally, and I'm sure that many of you do too, particularly the women. The shameful comments about our bodies. The disrespect of our ambitions and intellect. The belief that you can do anything you want to a woman.

そしてもっとひどいことに、どうやらこれは一度きりの出来事ではなかったようだと、かなりはっきりしてきました。この人は昔からずっと女性をこうやって扱ってきた、これはその一例に過ぎないんだと。一連の話を次々と耳にして、私はものすごく自分自身のこととして受け止めています。皆さんもそうだと思います。特に女性の皆さんは。私たちの体に対する、恥ずべき発言。私たちの意欲や知性への侮辱。女の人には、やりたいことをなんでもできるんだという、その確信

 

It is cruel. It's frightening. And the truth is, it hurts. It hurts. It's like that sick, sinking feeling you get when you're walking down the street minding your own business and some guy yells out vulgar words about your body. Or when you see that guy at work that stands just a little too close, stares a little too long, and makes you feel uncomfortable in your own skin.

これは残酷です。恐ろしいことです。そして本当のことを言えば、つらいです。つらいんです。ただおとなしく道を歩いているだけなのに、知らない男たちがあなたの体について何か下品なことを叫んできた時の、むかむかする、ずしんと落ち込んでしまう、あの感覚に似ています。あるいは職場で、男がちょっとだけ近すぎる場所に立ったり、こちらをじっと見ている目線がちょっとだけしつこすぎたりして、居心地が悪くなるあの感じに似ています。

 

It's that feeling of terror and violation that too many women have felt when someone has grabbed them, or forced himself on them and they've said no but he didn't listen - something that we know happens on college campuses and countless other places every single day. 

誰かにいきなりつかまれたり、誰かに無理強いされてノーと言っても聞いてもらえなかったときの、あまりに多くの女性が感じてきた、あの恐怖と、侵されたという感覚です。大学キャンパスをはじめ数多くの場所で、毎日起きていることです。

 

It reminds us of stories we heard from our mothers and grandmothers about how, back in their day, the boss could say and do whatever he pleased to the women in the office, and even though they worked so hard, jumped over every hurdle to prove themselves, it was never enough.

私たちが母親や祖母たちから、彼女たちの時代はどうだったか聞かされた色々な話を思い出します。当時は、会社の上司は職場の女性に何を言っても、何をしても許されたと。そして女性たちは、どれだけ必死に努力しても、どれだけあらゆるハードルを飛び越えて実力を証明しても、何をしてもそれでもまだ足りないと言われたと。

 

We thought all of that was ancient history, didn't we? And so many have worked for so many years to end this kind of violence and abuse and disrespect, but here we are, in 2016, and we're hearing these exact same things every day on the campaign trail. We are drowning in it. And all of us are doing what women have always done: We're trying to keep our heads above water, just trying to get through it, trying to pretend like this doesn't really bother us maybe because we think that admitting how much it hurts makes us as women look weak.

そんなのはもう全部、大昔のことだと思ってましたよね? それにあまりに大勢が、何年もかけて、こういう暴力や虐待や侮辱を終わらせようと闘ってきました。それなのに今こうして2016年にもなって、選挙戦で毎日、まったく同じようなことを聞かされているんです。みんな溺れそうです。なので女の人がいつもそうしてきたように、みんな、顔が水につからないよう必死です。ただなんとかやりすごそうと。そんなに気にしていない振りをしようとして。もしかして、どれだけ傷ついているか認めてしまうと、女性として弱いと思われるかもしれないと思うので。

 

Maybe we're afraid to be that vulnerable. Maybe we've grown accustomed to swallowing these emotions and staying quiet, because we've seen that people often won't take our word over his. Or maybe we don't want to believe that there are still people out there who think so little of us as women. Too many are treating this as just another day's headline, as if our outrage is overblown or unwarranted, as if this is normal, just politics as usual.

傷つきやすくなるのを、私たちはそれくらい恐れているのかもしれません。こういう感情を吞み込んで、黙っていることに慣れてしまったのかもしれない。というのも、私たちの言葉より、男性の言うことの方が信用されることが多いと、見てきているので。あるいは、私たち女性を未だにこれほど見下している人たちがいるんだと、信じたくないのかもしれません。このことを、本日のヘッドライン程度にしか取り合わない人が多すぎます。まるで私たちが激怒しているのが、大げさすぎて、的外れだとでも言うように。あたかもこれが普通のことで、単に普段通りの政治の光景に過ぎないとでも言うように。

 

But, New Hampshire, be clear. This is not normal. This is not politics as usual. This is disgraceful. It is intolerable. And it doesn't matter what party you belong to - Democrat, Republican, independent - no woman deserves to be treated this way. None of us deserves this kind of abuse.

けれどもニューハンプシャーの皆さん、はっきりさせておきましょう。これは普通のことじゃありません。これは普段通りの政治の出来事じゃありません。これはみっともないことです。これは耐えられないことです。そしてどの政党を支持するとしても、民主党でも共和党でも無党派でも、こんな扱いを受けてもいい女性はどこにもいません。こんな虐待を受けてもいい人は、どこにもいません。

 

 

And I know it's a campaign, but this isn't about politics. It's about basic human decency. It's about right and wrong. And we simply cannot endure this, or expose our children to this any longer - not for another minute, and let alone for four years. Now is the time for all of us to stand up and say enough is enough. This has got to stop right now.

ええ、選挙戦だって分かってます。でもこれは政治じゃありません。これは、人間として基本的にまともかどうかの問題です。これは、正しいか間違っているかの問題です。そしてこんなことはもうこれ以上受け入れられない。子供たちをこれ以上こんなことにさらすわけにはいかない。もう1分たりとも。ましてや4年間なんて。今こそ私たちは全員で立ち上がって、もういい加減たくさんだと言わなくては。こんなことはたった今、終わりにしなくては。

 

Because consider this. If all of this is painful to us as grown women, what do you think this is doing to our children? What message are our little girls hearing about who they should look like, how they should act? What lessons are they learning about their value as professionals, as human beings, about their dreams and aspirations?

というのも、考えてもみてください。一連のことが大人の女性の私たちにとってつらいなら、子供たちにどう影響していると思います? 小さい女の子たちは、どういう人みたいな見た目になりたいのか、どうふるまったらいいのか、どういうメッセージを受け取っていると思います? プロフェッショナルとして、人間として、自分たちの価値について、自分たちの夢や将来の目標について、何を教わっていると思います? 

 

 

And how is this affecting men and boys in this country? Because I can tell you that the men in my life do not talk about women like this. And I know that my family is not unusual. And to dismiss this as everyday locker-room talk is an insult to decent men everywhere.

そして、このことがこの国の男性や男の子たちに、どう影響していると思いますか? というのも、私の周りにいる男の人たちは、女性についてこんなこと言わないので。別に私の家族が変わっているわけではありませんし。そしてあんな発言を、ロッカールームでの普通の日常会話だと一蹴しようとするなど、すべてのまともな男性に対する侮辱です。

 

 

The men that you and I know don't treat women this way. They are loving fathers who are sickened by the thought of their daughters being exposed to this kind of vicious language about women. They are husbands and brothers and sons who don't tolerate women being treated and demeaned and disrespected. And like us, these men are worried about the impact this election is having on our boys who are looking for role models of what it means to be a man.

皆さんや私の知っている男の人たちは、女性をこんな風に扱ったりしません。女性へのこんなにむごたらしい言葉に自分の娘たちがさらされるかと思うと、激しく不快になる、愛する父親たちです。女性がこんな扱いを受けて貶められ、侮辱されるなど許さない、夫や兄弟や息子たちです。そして私たちと同じように、この男の人たちは、今回の選挙がこの国の男の子にどう影響しているのか、心配しています。大人の男になるとはどういうことか、お手本を探している男の子たちに。

 

In fact, someone recently told me a story about their six-year-old son who one day was watching the news- they were watching the news together. And the little boy, out of the blue, said: "I think Hillary Clinton will be president." And his mom said: "Well, why do you say that?" And this little six-year-old said: "Because the other guy called someone a piggy, and you cannot be president if you call someone a piggy."

実際、最近こんな話を聞きました。家族と一緒にニュースを見ていた、6歳の男の子の話です。この子がいきなり「ヒラリー・クリントンが大統領になると思う」と言いだしたので、お母さんが「え? どうしてそんなこと言うの?」と尋ねたと。するとこの小さい6歳の子は、「だってもう一人の人は誰かをブタって呼んだから。誰かをブタって呼んだら、大統領になれないんだよ」と答えたそうです。

 

So even a six-year-old knows better. A six-year-old knows that this is not how adults behave. This is not how decent human beings behave. And this is certainly not how someone who wants to be president of the United States behaves.

なので、6歳の子供でさえ、そんなこと言っちゃいけないって分かってるんです。6歳の子供でさえ、大人がやることじゃないって分かってるんです。まともな人間のやることじゃないって。まして、合衆国大統領になりたい人がやることじゃないって。

 

Because let's be very clear. Strong men - men who are truly role models - don't need to put down women to make themselves feel powerful. People who are truly strong lift others up. People who are truly powerful bring others together.

はっきりさせておきましょう。強い男性というのは、本当の意味で他人のお手本になれるような男の人は、自分は強いと感じるために女性を貶めたりしなくてもいいんです。本当に強い人というのは、他人を高く支えてくれるものです。本当に力のある人というのは、ほかの人たちをひとつに結びつけるものです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月14日(金)のつぶやき その2 | TOP | 10月15日(土)のつぶやき その1 »