そらみつ みそら file  ~To Provide You With Unity~

こころとからだについて、気がついたことを書いていきます

ヒーリングセッションのやり方が少し変わりました

2018-01-02 17:47:17 | ヒーリングセッションについて

体へのはたらきかけに、かすかな力の方が強力に作用することには気づいていました。

もともと「体に触れずに」が、わたしがヒーリングを始めた時のスタイルです。

それが、ご自分の体の状態に何が起きているかの体感のために接触や圧により痛みを確かめていただいたり、その痛みがなくなっていることを感じていただいたりしながらのスタイルで現在行っているのは、セッションを受けてくださっている方々がご存知の通りです。

しかし体に触れてしまうと、見えない世界の精妙な力を伝えるのには粗すぎるときがあります。

 

誰にでも癒しの力はあるので、身近な人と実験して見てください。

相手が痛がっているところに若干の圧をかけながら、そこから痛みが解放されていくように意識してみる。

(くれぐれも無理のない範囲で)

次に、触れるか触れないかの微妙な加減で手のひらを置き、同様に痛みの解放を試みてみる。

さらには、その場所から数センチ、あるいは数十センチ離したところで手をかざし、同じ意識を持ってみる。

 

いかがでしょうか。

 

昨年はヒーリングのワークショップをスタートさせ、誰でも癒しの力があることを実感していただいていますが、手をかざすだけで痛みが消えていくのを知ると皆さん感嘆の声をあげられます。

より繊細にその状況を観察すると、触るよりも離れたところから手をかざす方が広範囲に強力に作用が起きるようです。

 

わたしのやり方に戻ります。

向き合う方の身体のある部分に手を近づけようとすると、わたしの姿勢を動かすことになります。

姿勢が変わると呼吸が変わってしまいます。

呼吸が変わればその時の意識は粗くなりますし、末端の感覚も精妙さを欠いていく結果になります。

 

今はハートからのエネルギーが、人々を温かい癒しに誘う強い作用をもつことを、最近の経験から感じ取ってきました。

そこで、目の前にいる方に手のひらなどを向けることなく、ただその場にいてハートからのエネルギーを出し続けることで何が起きるかを観察してきました。

具体的には、事前にわたしが感知しているその方の痛みを伝え、感じていただきます。

その後はその方の傍に座り、ただ瞑想的に長い呼吸とともにエネルギーを出していきます。

それほど長い時間は必要ありません。

わたしが流す一呼吸から二呼吸程度の間のことです。

 

内臓の疲れからくる肩や腕の痛みが全くなくなっていることに驚嘆された方もありました。

局所に集中することから癒しが起きるのではなく、その「場」に変化が起きることが、局所にも影響をもたらすのです。

遠隔での癒しも同じことです。

 

姿勢を変えず呼吸を乱さないことは、癒しをもたらしやすいばかりでなく、より深いメッセージを伝えやすくもなります。

とても静かな時間です。

そのメッセージは当然癒しをもたらすものでもあるので、肉体的にも意識の上でも感覚の変化は明確に捉えていただくことができます。

 

どの方に対しても同じプロセスでセッションを行うわけではなく、その時のその方に合ったやり方を自然に選択させていただくことになります。

今年からはそんなふうに、違ったアプローチをその方に合わせて投げかけていきたいと考えています。

 

ハートからエネルギーを出す呼吸は難しいものではありません。

お伝えすると、どなたもその場でできますし、非常に気持ちが良いものであることも体感していただけます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成30年 新年のご挨拶

2018-01-01 06:51:47 | Weblog

新年あけましておめでとうございます。

 

昨年もおかげさまで素晴らしい一年でした。

心より御礼申し上げます。

 

自分では感謝していたつもりであっても、降りられる感謝の深さに限りはなく、1年前の自分は今と比べると浅はかだったと思い返されます。

年々そうした気づきとともに人生は進んでいくのでしょうね。

 

思ったことがすぐに現実にあらわれること。

困ったことが起きたように見えても、それは自分では起こし得ない次のステップへの序章であり、逃げずに落ち着いて向き合えば、必ず進むべき方向が見えてくること。

そしてそのハプニング、アクシデントを経験した後は、一足飛びに新たな視座に到達していること。

以前だったら不思議に思われるようなこんな出来事が自分に起きていることを気づけていることが、地球上にいながらにしてのいわゆる次元上昇だと指摘する人もいます。

わたしの中でもこの感覚は強まるばかりで、途切れず連続状態を保つようになりました。

 昨年は、今まではその有り難さを感じられることがなかったような悩みの中にいた人も、その妙味に触れられる嬉しい事実が何度も見られた年でした。

 

方向付けてさえいれば必ずつながります。

わたしたちは「偶然」では片付けられない大きな環の中の一員です。

その環を強固に幸せなものにしていく挑戦の一貫の中にわたしたちは身を置いています。

 

自分に起きていることは誰にでも起きているのだし、まさに根は繋がっているのです。

それを忘れ疎外と孤独に目を向けることが不幸の根源です。

 

目指しているものは必ずやってきます。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変容に必要なのは受容

2017-05-02 18:19:01 | 未来の創造

『変容のために必要なのは受容。』 

このようにお伝えする機会が増えています。 

 

『受容』とはあきらめ耐えることではありません。 

きたことから目を背けず、自分に必要なこととしてまっすぐ対応することを意味します。 

 

困難やトラブルに当たった時が学びとしては一番大きいのです。 

その時に真剣に対応して、決断して行動することが求められます。 

難がないのがいいわけではありません。 

人生でどうしても避けられないものはあり、それがきた時こそ本当は学びを大きくしていくためのチャンスなのです。 

 

その裏にある可能性を見通すことは当事者には難しいこともあります。 

見通せないからといって、「ない」のではありません。 

 

時期が来たら、あきらかに気持ちよく自分をリード、ガイドしてくれるものも出て来ますから、それに自然に乗っていったらよいのです。 

それも『受容』です。 

 

受容の中にも決断があります。 

その決断を、見えない世界は待ち応援します。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未来の地球に合わせる

2017-04-26 14:12:55 | 未来の創造

4月11日にセッションを受けてくださった女性です。 

 

『いずれ、影響を受けているヘビの力が抜けて変わっていく。

ウシのエネルギーがしっかり来ていて真に生まれ変わるというコースをたどっている。 

様々な目が開き始める。

竜の世界を変える。 

4月14日からそういう時期に入り始める。 

つながるものと離れるものが両方出てくる。』 

 

かなりのペースでヘビの力が勢いをなくしていることを伝えてきます。 

かつてはヘビのエネルギーが彼女の力を使ってスパイ活動をしていたようです。 

ヘビの力に疲れ、誇りを取り戻そうとするたましいの声が聞こえていました。 

 

『ヘビの影響下にあったら人間は真の自由を得ることができない。 

いよいよ自分の今までの姿を脱ぐときがきた。 

天は応援している。』 

 

『自分には活力がついた。 

未来の地球に合わせて生きることができる。調整した。 

求められたときが来る。 

最強の部隊の出立。』 

 

そして、彼女に役割が与えられていることも伝えてきました。 

他の人の心の掃除であり、きれいにするのはイメージでは心の下水道にあたる部分と伝えると心当たりがあるとのことでした。 

 

彼女は保険の仕事をしているのですが、仕事の過程でその人の生活の見えない部分の様子も感じられてくるそうなのです。 

「昨年12月ごろから、お客さんが私の前で泣くんです。 

きっとこうやろね、というと図星で、こうしたらいいと思うよ、ということを言っていると契約になる。 

会社の女の子が、なんであんなうまいこといくのか、というんです。 

私はそんなつもりはないんですが。」 

 

彼女のはたらきはこれからもっと強くなり、仕事をする中で自然に人の心が洗われていくことが増えてくるのでしょう。 

人がよくきてくれるようになったというのにも合点がいきます。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹の導き

2017-04-19 10:27:15 | 未来の創造

先日書いた<ヘビの影響の解除>には続きがあります。 

『竹筒を持つといい。』 

というのです。 

竹はヘビのエネルギーの制御を手伝ってくれるようです。 

 

それを伝えると、彼女が最近九州で竹を使って神事をしたことを話してくださいました。 

この神事はわたしが降ろした言葉が発端となっており、竹を使うことは他のメンバーがメッセージを降ろしたことでした。 

その時は竹を使うことの意味についてお答えできなかったのですが、このセッションでは 

『(竹で)カバーできる。 

竹は確実に導く。』

という言葉が降りてきました。 

彼女は神事に使った竹筒は自分で切りに行って用意し、持ち帰って保存していました。

 

以前にも竹の導きが聞こえてきていたことを記憶していたので、ブログ内を検索してみると6年半前のことでした。 

ちょうど、ウシのエネルギーを感知するようになった時期と共通していることが興味深いのです。 

 

<青竹> 

<黒いウシが導くもの> 


ただの竹ではなく青竹が良さそうですね。 

ついでながら、わたしのブログの表紙はパソコン用のものは青竹の林になっていますが、ブログを始めた当時このサービスにあったテンプレートで、理由は考えませんでしたが「どうしてもこれ!」と思ったまま使い続けているものです。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘビの影響の解除

2017-04-17 10:10:07 | 未来の創造

4月10日のことです。 

「自分は鳥族か蛇族か?」 

という問いをある女性からいただきました。 

祈り、癒しの力の強い女性で未来に対するメッセージも受け取っている方です。 

問いに対しての答えは、 

『ヘビの力が強い』 

一方で、 

『鳥の目を通して人を見る。』 

ということでした。 

 

この人は鳥族であの人は蛇族、という分類はできないようです。 

人間の起源である鳥族と蛇族は長い年月をかけて交わっており、現代に生きるわたしたちは両方が掛け合わさった存在です。 

例外としてどちらかの血を保っている人たちもあるとは思います。 

 

この方のセッションを続けていく中で、ある単純なシンボルが見えました。 

『取り憑かれてはいないが、この形を食わされている。』 

ということでした。                       

この形が人間を低い次元に保つ役割を果たしているようです。 

『それを抜くことで鳥は素早く飛翔することができる。 

7つの~に変わる。 

物理的に祀ってくれ。 

さっきのシンボルを。』 

祀るというのは、崇めまつるということではなく外して返していくニュアンスで伝わります。 

『数千年の時を越えて。 

音を変える。 

暗躍が無しになる。 

シンボルの暗躍が。』 

 

この女性が 

『生きたたまになる。』 

と伝えてきます。 

『暗黒の~から変わる。 

これまでは影響があった。 

ヘビの血を分けたものではある。』 

 

この流れがこの方の中だけではなく進んでいくようです。 

個人的な意識の確立が大切で、ヘビの影響から離れていくことができるのです。 

ここで 

「勝手にしやがれ」 

という声が聞こえました。 

コントロールが効かなくなった、蛇族の意識の悪態でした。 

『13へのグレートエレメント。 

その萌芽。 

この意識が目覚めたらおさらばだ。』 

 

しかし闇雲にヘビの影響が解除されていくわけではありません。 

その準備が整うには、他のすべてのものに対する思いやりと慈しみを自然にもてる状態になることが求められます。 

 

一方で鳥を迎える言霊がこれから必要とされそうです。 

ある特定の周波数かもしれません。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年3月17日に降りた鳥族についてのメッセージ

2017-04-14 17:39:51 | 未来の創造
『鳥族。動こうとしている。
大きな鳥族の集団がある。
鳥族は生き返ってきている。
ラー族。』
 
『鳥族は13の役割をする。
ラ・ムーもつながっている。』
 
『鳥族は統合を担う大きな存在。
ウシは癒しなどの働きが強い。
ウシは地上にいてはたらく。』
 
『人間の脳の構造への働きかけ。
だんだんムー人が出てくる。
動物的なものと入れ替わる。』

『イシスは形だ
地球は移らなければならない
全体的な成熟
7の世界へ。』
(2017.3.17)
 
ここでいう『動物的なもの』とは、見えない世界では意識の低い位置に存在し、人間社会とも絡みあっているもののことだと捉えています。
また、無理解の者も多く分離も行われることも伝えてきていました。
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島にウシが降りた

2017-04-07 11:29:37 | 旅の記録
ウシのエネルギーが個人を守護していることがあるのはセッションを通じてみてきましたが、土地のエネルギーの浄化や発展に関わっている現場に居合わせたこともあります。
 
『広島が全開する。』
と伝えられたのは昨年5月10日のことで、
『7月14日に行きなさい』
とその場で日程も指定されたのでした。
そのことが伝えられたセッションの中、受けてくださっていた女性とのやりとりで、原爆投下に関係があるので目的地は広島市内中心部であること、宮島にある鍵を入手してから行くべきことを確認しました。
その夜のニュースで、アメリカのオバマ大統領が月末に広島を訪問し慰霊することが決まったことを知りました。
彼の訪問あってこそ広島の全開は成就するのでしょう。
 
7月14日当日、羽田から広島行きの飛行機に搭乗するあたりから、胃の周りに激痛が走り始めました。
飛行機の中では前屈していないと耐えられない状態で、脂汗が出てきます。
腹を触っていると少し痛みが安らぎその姿勢のままウトウトするのですが、数分後にはまた激痛に苛まれます。
広島空港上空に差し掛かる頃、自分の身体に一体何が起きているのかと聞いてみると、
『赤い牛が出る。』
という言葉が降りてきたのでした。
それを境に腹痛はやわらぎ始め、飛行機から降りて待ち合わせた女性と会う頃には事後感は残っていたものの問題なく歩けるようになりました。
 
強い日差しの日だったのに宮島で弥山を登る間に突然の強い雨に見舞われなかなか大変な思いをしました。



山頂付近で
『太陽のものが出てくる。』
と声をかけられ、これがサインと受け取りました。
 
市内中心部に移動、平和記念公園へ。
献花台で黙祷のあと、原爆ドームでしばらく過ごしました。
空に天女が舞う姿と赤い牛の姿が現れると、上空から見下ろしていた大きなヘビが徐々に去っていくのが見えました。
水鳥がずっとドームで身づくろいをしたり時折大きく羽を広げるのが印象的でした。

 
ドームから数分の爆心地へ。
『イオン化の傾向をなし、永久に活動する。
皮膜を取り去る。』
という言葉が、降りてきたウシのエネルギーが物理的にはたらくことを予感させました。
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『鳥族が動く』

2017-03-29 09:46:11 | 未来の創造
『これから旋風が起こる。
 
これから鳥族が動く。』
 
『鳥族が動いてリーダーとなっていく。
カラスが道案内となる。』
 
これは3月13日に大阪の女性から聞こえてきたことですが、各地でもその様子を感じられるようになっています。
 
なお、2011年秋からヘビに対して優勢的になって守ってくれているウシのエネルギーは今も健在です。
 
ウシのエネルギーと鳥のエネルギーの関係について尋ねると、
『ウシのエネルギーは地上に対してはたらく』
ということでした。
鳥はより包括的に広い範囲にはたらきがあるようです。
 
 
 
*参考*
 
鳥族と蛇族について
 
ウシのエネルギーについてのメッセージ
 
 
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瞑想の弊害

2017-03-25 07:10:19 | 癒し
60歳代の女性です。
瞑想、祈りに朝の2時間を費やしています。

わたしのところに来られる前にあるチャネラーにお会いになった際、
「あなたは瞑想をしないほうがいい」
と伝えられました。
オーラが流れてしまっている、グラウンディングができていない、というのがその理由です。
瞑想が大好きな彼女は大変ショックを受けました。
どうしたらよいのか、と。

わたしに降りてきた答えは全くのNGではなく、条件を伝えてきました。
まず
『心が大事』
なのを認識するよう伝えてきました。

そして、自分が感じ、得たことを人に伝えていくことが求められました。

具体的に人に与えていくことを忘れてはいけません。
そのチャネラーが伝えるように、バランスが取れないのならば瞑想は害になる可能性があります。
人に「与える」「奉仕する」行動で現実世界にしっかり関わっていくことです。
自分だけエネルギーが上がっていくのは宇宙の理にそぐわないのです。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加