そらみつ みそら file  ~To Provide You With Unity~

こころとからだについて、気がついたことを書いていきます

竹の導き

2017-04-19 10:27:15 | 未来の創造

先日書いた<ヘビの影響の解除>には続きがあります。 

『竹筒を持つといい。』 

というのです。 

竹はヘビのエネルギーの制御を手伝ってくれるようです。 

 

それを伝えると、彼女が最近九州で竹を使って神事をしたことを話してくださいました。 

この神事はわたしが降ろした言葉が発端となっており、竹を使うことは他のメンバーがメッセージを降ろしたことでした。 

その時は竹を使うことの意味についてお答えできなかったのですが、このセッションでは 

『(竹で)カバーできる。 

竹は確実に導く。』

という言葉が降りてきました。 

彼女は神事に使った竹筒は自分で切りに行って用意し、持ち帰って保存していました。

 

以前にも竹の導きが聞こえてきていたことを記憶していたので、ブログ内を検索してみると6年半前のことでした。 

ちょうど、ウシのエネルギーを感知するようになった時期と共通していることが興味深いのです。 

 

<青竹> 

<黒いウシが導くもの> 


ただの竹ではなく青竹が良さそうですね。 

ついでながら、わたしのブログの表紙はパソコン用のものは青竹の林になっていますが、ブログを始めた当時このサービスにあったテンプレートで、理由は考えませんでしたが「どうしてもこれ!」と思ったまま使い続けているものです。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘビの影響の解除

2017-04-17 10:10:07 | 未来の創造

4月10日のことです。 

「自分は鳥族か蛇族か?」 

という問いをある女性からいただきました。 

祈り、癒しの力の強い女性で未来に対するメッセージも受け取っている方です。 

問いに対しての答えは、 

『ヘビの力が強い』 

一方で、 

『鳥の目を通して人を見る。』 

ということでした。 

 

この人は鳥族であの人は蛇族、という分類はできないようです。 

人間の起源である鳥族と蛇族は長い年月をかけて交わっており、現代に生きるわたしたちは両方が掛け合わさった存在です。 

例外としてどちらかの血を保っている人たちもあるとは思います。 

 

この方のセッションを続けていく中で、ある単純なシンボルが見えました。 

『取り憑かれてはいないが、この形を食わされている。』 

ということでした。                       

この形が人間を低い次元に保つ役割を果たしているようです。 

『それを抜くことで鳥は素早く飛翔することができる。 

7つの~に変わる。 

物理的に祀ってくれ。 

さっきのシンボルを。』 

祀るというのは、崇めまつるということではなく外して返していくニュアンスで伝わります。 

『数千年の時を越えて。 

音を変える。 

暗躍が無しになる。 

シンボルの暗躍が。』 

 

この女性が 

『生きたたまになる。』 

と伝えてきます。 

『暗黒の~から変わる。 

これまでは影響があった。 

ヘビの血を分けたものではある。』 

 

この流れがこの方の中だけではなく進んでいくようです。 

個人的な意識の確立が大切で、ヘビの影響から離れていくことができるのです。 

ここで 

「勝手にしやがれ」 

という声が聞こえました。 

コントロールが効かなくなった、蛇族の意識の悪態でした。 

『13へのグレートエレメント。 

その萌芽。 

この意識が目覚めたらおさらばだ。』 

 

しかし闇雲にヘビの影響が解除されていくわけではありません。 

その準備が整うには、他のすべてのものに対する思いやりと慈しみを自然にもてる状態になることが求められます。 

 

一方で鳥を迎える言霊がこれから必要とされそうです。 

ある特定の周波数かもしれません。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年3月17日に降りた鳥族についてのメッセージ

2017-04-14 17:39:51 | 未来の創造
『鳥族。動こうとしている。
大きな鳥族の集団がある。
鳥族は生き返ってきている。
ラー族。』
 
『鳥族は13の役割をする。
ラ・ムーもつながっている。』
 
『鳥族は統合を担う大きな存在。
ウシは癒しなどの働きが強い。
ウシは地上にいてはたらく。』
 
『人間の脳の構造への働きかけ。
だんだんムー人が出てくる。
動物的なものと入れ替わる。』

『イシスは形だ
地球は移らなければならない
全体的な成熟
7の世界へ。』
(2017.3.17)
 
ここでいう『動物的なもの』とは、見えない世界では意識の低い位置に存在し、人間社会とも絡みあっているもののことだと捉えています。
また、無理解の者も多く分離も行われることも伝えてきていました。
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島にウシが降りた

2017-04-07 11:29:37 | 旅の記録
ウシのエネルギーが個人を守護していることがあるのはセッションを通じてみてきましたが、土地のエネルギーの浄化や発展に関わっている現場に居合わせたこともあります。
 
『広島が全開する。』
と伝えられたのは昨年5月10日のことで、
『7月14日に行きなさい』
とその場で日程も指定されたのでした。
そのことが伝えられたセッションの中、受けてくださっていた女性とのやりとりで、原爆投下に関係があるので目的地は広島市内中心部であること、宮島にある鍵を入手してから行くべきことを確認しました。
その夜のニュースで、アメリカのオバマ大統領が月末に広島を訪問し慰霊することが決まったことを知りました。
彼の訪問あってこそ広島の全開は成就するのでしょう。
 
7月14日当日、羽田から広島行きの飛行機に搭乗するあたりから、胃の周りに激痛が走り始めました。
飛行機の中では前屈していないと耐えられない状態で、脂汗が出てきます。
腹を触っていると少し痛みが安らぎその姿勢のままウトウトするのですが、数分後にはまた激痛に苛まれます。
広島空港上空に差し掛かる頃、自分の身体に一体何が起きているのかと聞いてみると、
『赤い牛が出る。』
という言葉が降りてきたのでした。
それを境に腹痛はやわらぎ始め、飛行機から降りて待ち合わせた女性と会う頃には事後感は残っていたものの問題なく歩けるようになりました。
 
強い日差しの日だったのに宮島で弥山を登る間に突然の強い雨に見舞われなかなか大変な思いをしました。



山頂付近で
『太陽のものが出てくる。』
と声をかけられ、これがサインと受け取りました。
 
市内中心部に移動、平和記念公園へ。
献花台で黙祷のあと、原爆ドームでしばらく過ごしました。
空に天女が舞う姿と赤い牛の姿が現れると、上空から見下ろしていた大きなヘビが徐々に去っていくのが見えました。
水鳥がずっとドームで身づくろいをしたり時折大きく羽を広げるのが印象的でした。

 
ドームから数分の爆心地へ。
『イオン化の傾向をなし、永久に活動する。
皮膜を取り去る。』
という言葉が、降りてきたウシのエネルギーが物理的にはたらくことを予感させました。
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『鳥族が動く』

2017-03-29 09:46:11 | 未来の創造
『これから旋風が起こる。
 
これから鳥族が動く。』
 
『鳥族が動いてリーダーとなっていく。
カラスが道案内となる。』
 
これは3月13日に大阪の女性から聞こえてきたことですが、各地でもその様子を感じられるようになっています。
 
なお、2011年秋からヘビに対して優勢的になって守ってくれているウシのエネルギーは今も健在です。
 
ウシのエネルギーと鳥のエネルギーの関係について尋ねると、
『ウシのエネルギーは地上に対してはたらく』
ということでした。
鳥はより包括的に広い範囲にはたらきがあるようです。
 
 
 
*参考*
 
鳥族と蛇族について
 
ウシのエネルギーについてのメッセージ
 
 
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瞑想の弊害

2017-03-25 07:10:19 | 癒し
60歳代の女性です。
瞑想、祈りに朝の2時間を費やしています。

わたしのところに来られる前にあるチャネラーにお会いになった際、
「あなたは瞑想をしないほうがいい」
と伝えられました。
オーラが流れてしまっている、グラウンディングができていない、というのがその理由です。
瞑想が大好きな彼女は大変ショックを受けました。
どうしたらよいのか、と。

わたしに降りてきた答えは全くのNGではなく、条件を伝えてきました。
まず
『心が大事』
なのを認識するよう伝えてきました。

そして、自分が感じ、得たことを人に伝えていくことが求められました。

具体的に人に与えていくことを忘れてはいけません。
そのチャネラーが伝えるように、バランスが取れないのならば瞑想は害になる可能性があります。
人に「与える」「奉仕する」行動で現実世界にしっかり関わっていくことです。
自分だけエネルギーが上がっていくのは宇宙の理にそぐわないのです。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喉(のど)がおかしいなら

2017-03-14 07:16:01 | 癒し
小さなものを含めた場合、喉に異常を感じる人が非常に多いです。
イガイガして常に何かがからんでいる。
咳が上がってくる。
声がかすれる、出にくい。
圧迫感がある。
乾燥する。

たいてい喉の問題として処理しようと考えますが、胃を軽くしてあげると改善する場合がかなりあります。
お会いしていても、胃や対応するポイントのケアの間にいつの間にか喉の通りが良くなっていることに気がつく人が少なくありません。

胃はストレスを真っ先に引き受けますから、胃が万全の状態にある人はなかなかいません。
始めに胃で引き受けた異常はそこから身体の各部位に影響します。
心臓をはじめとする各臓器。
背中や腰に伝わりそこから膝の関節、さらには足の末端にも。
上半身は肩甲骨の張りや肩コリから頭痛の原因に。

胃に起因する症状は肩コリなどでは自覚しやすいのですが、喉は案外見落とされています。
原因を見損なった対処では改善は起こりません。
ストレスに負けないのが一番ではありますが、胃に優しくして元気に機能するように働きかけることが早道です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分で身体を緩める方法

2017-03-10 11:09:28 | 癒し
以前どこかで、自分を整体するのは不可能だという文章を読んだ記憶があります。
身体を緩めるのは副交感神経の作用を強めることですが、自分の力を使うことで交感神経を増大させてしまうので矛盾が生じると言うことでした。
それは正しくないと思います。
自分で自分の身体を緩めるのに力は必要ありません。
もっと言えば、他人の体に作用するのにも力はいりません。
力を使わない方がより強力な作用を起こすことができます。
それについてはまた他の機会に譲るとして、今日は自分で自分の身体を緩める方法を紹介します。
 
無理なく寝転がる姿が理想です。
気温は不快を感じないように。
布団をかぶってももちろん構いません。
寝るときにそのまま使えるものですから。
 
自分の身体をよく感じると、違和感のある場所が必ずあるはずです。
自分の指で触れながら探してみると分かります。
神経が尖ったように、触るとキンキンした感覚のある場所。
もしくは広い範囲に渡ってズンと重くなっている場所。
どちらかというとわかりやすい鋭い場所の方で考えてみましょう。
自分の手で無理なく触れる場所として、上半身の胴体部分で選んでみてください。
 
まず気になるその一点に、どちらの手でもいいですから使いやすい指先を当てます。
弱い接触がいいのですが、無理して触るか触らないかぐらいの圧を作ろうとすると、手の置きどころを失い身体の緊張を招きますから、気にしすぎることはありません。
指の置き場が決まったら、ヘソの下からできるだけゆっくりと長い呼吸を吐き出します。
強くなったり弱くなったりしないよう、また速さの変化もないように一定を保つようにします。
その際に、触られた場所を意識します。
 
例えば手で肋間を触っている場合、知覚は2つのパターンになります。
一つはあばらとあばらの間を触っている指の感覚。
もう一つは指に触られている側の感覚です。
意識するのは、触られている胸の感覚の方です。
触っているのは自分の指ではなく、何か別の物質と考えてください。
自分の胸の一点に、例えば他の人の指が接触していると想像します。
その状態で深い呼吸を吐き出すのです。
 
自分の体内のエネルギーの循環に、ある一点をポイントとして感じながら呼吸を吐き出していくわけです。
選んだその一点はコリを持っている場所で、内臓のある部分に対応します。
そこが緩むことで対応する場所が具体的に緩むことになります。
 
コツをつかめば簡単に胃腸を動かすことができます。
副交感神経が優勢的に作用し始めた証拠です。
数分行うだけでも体全体の緊張が取れ、頭もすっきりしていることに気づくでしょう。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心に影響する身体の周期的変化

2017-03-08 04:52:35 | 癒し

「その後の不自由」という、薬物依存に陥った女性たちを描いた本があります。

著者の一人は薬物依存の経験者で、現在は彼女たちの支援に携わっている方です。

その中で女性が精神的に不安定になる要素として生理の存在の大きさが語られています。

<>内はその本からの引用です。

 

<女性には生理や生理前症候群の問題といった毎月の変化、更年期といった年齢による変化、それから出産・授乳・育児による身体の変化がすごくあります。でもメンバーのみんなは、自分の身体は変化しないとか、身体がないかのように思っている部分があって、何か変化があるたびにパニックになる。>(56ページ)

<生理の前後で洋服がきつかっただけでパニックになってしまったり、生理の前後で眠かったり、あるいは眠れなかったりとかすると睡眠薬をいっぱい飲んでしまったりリストカットをしてしまうとか。あるときは「もう死にます」と言われてたくさん話を聞いたら、次の日に生理が来て「死にたい気持ちがなくなりました」とか。そんなことが数え切れないくらいあったんです。

そういう経験をするなかで、「どうも私たちがもろもろの事件を起こすときは、かなりの割合で生理と関係がありそうだ」ということに気づいて・・・>(57ページ)

<「妄想」「とらわれ」も身体症状も、生理前には特にひどくなる。>(118ページ)

<まわりの状況や出来事にかかわらずに起こる「気分の変化」というものが、私たちにはある。「毎年この時期は具合が悪い」という季節的なものや、天候や気候の変化に関連すると思われるもの、今回取り上げた生理に関連するものなどだ。

この気分の変化がわからないと、何か特別な原因があって具合が悪いのだとしか思えない。たとえば、「ある人に嫌われていてイヤな事ばかり言われる」「仕事、子育てなどが全然うまくいっていない」などと思ってしまう。私たちの言葉で「妄想入る」という状態だ。>(118ページ)

 

気持ちの重さが身体の周期的変化によるものだと気づかずにいると救いがないような気持ちにもなります。

気づいたからといって身体の辛さから即座に抜け出せるわけではないとしても、体に影響をもたらしているものが周期とともに去ることを知っているならば、「そこはなんとかやり過ごす」という選択肢が出てきます。

どうにもならなければ休めばいいという逃げ場があっていいのです。

 

身体の周期的な変化は女性だけの問題ではないことも注意しておきたいことです。

 

自分がどれだけ疲れているかを知ること、ストレスの原因を知ることにより対処の仕方もわかってきます。

 

大事なのは、何が心の辛さをもたらしている原因なのかに気づくことです。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身体を整えてから

2017-03-05 07:09:16 | 癒し
先日も書いたように、心を正常な状態に落ち着けるにはまず身体を整えることです。
心の状態はかなり身体に左右されています。
心は嫌がる身体を無理して引きずって行動させて、かえって能率の悪い決断を頻繁に起こしてしまいます。
体が緊張状態にあるときは思考の幅を狭め想像力も建設的な方向に豊かに働かず、不必要にネガティブな考えが引き出されます。
恐れに支配され、嫌気がさして逃げようとする態度からは良い決断は期待できないでしょう。
 
一呼吸置くのは、心を落ち着ける以上に身体を整える作用があります。
大きな深呼吸を一つ吐き出すことで心の落ち着きも得られますが、呼吸に熟達していればそれ一つで身体のバランスが取れるのです。
どうしても嫌な気分に支配されて前向きな姿勢が持てず、否定的な感情しか浮かんでこないのであれば、まず一度数分でも横になって身体を休め、できれば短い睡眠に入ってしまうことです。
数分の睡眠で身体の疲れは大体取れて、心と脳は前向きな働きをし始めます。
身体による枷が取れた状態です。
簡単な決断なのに迷ってしまう場合、どうしても逃げたく感じてしまう場合、横になって一息入れて身体の緊張を解くだけで、時間的にも質的にも素晴らしい効率が得られます。
 
そのためには、身体の状態に気づいておきたいものです。
おかしな考えに苛まれてばかりいるようなら、身体の疲労をまず疑うことです。
実にシンプルなことなのですが、「前へ前へ」と前向きを強要される場にいると、案外気づかない落とし穴です。
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加