goo

12角形フレームより  扇子 (1/2)

2008-06-24 20:31:20 | JTrimを使って
手持ちの扇子を見ながら、あ~でもない、こ~でもないと考えてみました。

だいぶ思うようなできになったけど、まだ1箇所、おかしいです。
疲れたから、とりあえず、現状をアップします。

***** 簡単手順 *****

もとの画像、アルストロメリアです。



どこをどう切り取ったのか、今となっては不明です。
(保存を忘れました。)

適当に切って説明に使います。
130X510(縦・横 逆でも)のサイズの画像を準備します。
縦長にJTrimの画面に置きます。
10度回転させて、下の左図のように切り取ります。
10度戻して、ミラー&コピー、戻して連結で、右図のようにします。
(ユニークな画像になりました   4枚とも画像クリックで拡大表示)

画像クリックで拡大  →  画像クリックで拡大

次に、7.5度回転させて下のように切り取ります。
逆も同じように切り取ります。
(下の画像の状態からは、15度です。)

画像クリックで拡大

両側を斜めに切った形になったら、左側を真っ直ぐにします。
(右側を最初に切れば、左側があとからになるので、そのままでいいです。)

画像クリックで拡大


次の画像からは、実際に使ったものです。
下に扇子の骨の部分を作ります。
画像クリックで拡大        

↑の左の画像、クリックすると拡大表示されます。

骨の部分は、上面の画像の部分よりも少し長くしました。
左側に、少し色の濃い部分を作りました。
模様は、フォントを使って入れました。
(参考 Enjoy JTrim の フォントのページ

Bookshelf Symbol 7  「u」 サイズ20
   同上      「v」 サイズ20
   同上      「w」 サイズ10 
Wingdings       「s」 サイズ20

    を 使って透かし模様を入れました。

一番下の部分は、「●」を使いました。

上の右のような画像ができたら、それを連結させます。

連結からは、次のページにします。


修正(6月26日)・・・親骨をちょっと直しました。
 
 

参考 suwaさんの楽しくチャレンジJTrim扇形
goo | コメント ( 10 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
 
 
すばらしいですね! (suwa)
2008-06-24 18:00:33
再現、アレンジありがとうございます。
中骨の透かしまでも再現され、要の下部周辺までも工夫されていて、実物に近づけられていますね。
あんないい加減な作成過程から、ここまで、再現アレンジされるのは大変なことだと思います。
本当にありがとうございました。
 
 
 
wonderful! (sky)
2008-06-24 18:30:24
すばらしい!
中国の女性が持っている扇子のヒラヒラ感がします。
骨組みのところの透かしも入れられて、私も入れてみようかなと思っていました。
扇子の折数と骨組みの数も合っているし、すばらしいの一言です。

気になっているのは左下の太い骨組みではありませんか?
私はみっちゃんが作成手順書かれてから作ろーと。
 
 
 
suwaさんへ (みっちゃん)
2008-06-24 21:05:00
suwaさん、こんばんわ。
さっそく見てくださってありがとうございます。

あんまり難しい説明は頭に入らないので、作り方の大筋だけ頭に入れてやったんですよ。
でも、これを考えるのが、たいしたものです。

手元の扇子を眺めて、本物に少しでも近付けばいいなと再現してみました。
 
 
 
skyさんへ (みっちゃん)
2008-06-24 21:15:47
skyさん、こんばんわ。
早速見てくださってありがとうございます。

手元の扇子を見ながら、扇子の山の部分、透かしの部分、骨の下の部分を重点的に考えたんですよ。
骨の下の部分の重なりが不自然なのが気になってます。

右下の骨の部分は、テクスチャを入れて作ってあるんだけど、縮小して、見えなくなっちゃったようです。
ここはあまり考えてなかったから、言われてみればちょっとおかしいですね。
元の形もあって、どう考えればいいのかな。

どっちにしてもいい案はないから、しばらくはこのままかも。

直したい気もあるけど、このままかもしれません。



 
 
 
推測して作ってみました。 (suwa)
2008-06-25 20:22:47
こんばんは。
今日、推測しながら再現してみました。
7.5度では、出来なくて、6度で作成したので、どこかが少し違うみたいですね!
6度の場合は骨数が1本多くなります。
要の下部周辺は殆ど同じだと思います。
中骨を独立して作成されたと思いますが...
要の下部も6度の場合に応じて1本多くしています。
半年後位になると思いますが、見直し時に作成過程としてUPするつもりです。
今は、全くその気になれませんので、私のより、そちらの方が簡単なようでしたら、その時は参考にさせて下さい。
作成過程のUPは大変ですが頑張って下さい。
 
 
 
suwaさんへ (みっちゃん)
2008-06-26 15:50:47
GooのBlogは、今日メンテだったから、一度書いたのに、ちゃんと送信されなくて、二度目だわ。
もう終わったと思って書いたのよ。

角度や画像の大きさは、suwaさんならお好みで出来るのでは?
私はまだ1つ目だから、変えたもので作ったことがないのよ。
でも、骨の重なりが不自然だから、次に作るときはかえるかもしれません。

>中骨を独立して作成されたと思いますが...
私は全部一度に長いまま、連結をしていきましたよ。
(単純に連結とはいきませんが)

私の手順は覚書だから、suwaさんのように細かくないから。
気が向けば細かく作ります。

とりあえず、後半も書き終えました。
問題点の解決ができるかどうか、いまだ不明です。
 
 
 
こんばんは (末摘む花)
2008-06-29 00:04:25
透かし模様は「フォント」を使われたのですか。
流石!素晴らしいアイデアです

扇子は作りたし、屏風が頭から離れないしの毎日でした。
他のソフトと併用すれば簡単に出来るものを、「JTrimだけで作る」ことに拘って、ようやく今日形になりました。

けれど、どうしても折れ目の左右に繋がった画像は入れられませんでした。

 
 
 
おはようございます (みっちゃん)
2008-06-29 06:56:19
透かし模様は、文字入れで入れました。
最初は○やハートを使って、模様を入れようかと思ったんですよ。
ハートは何を使えば出てきたかなと Flip Flop さんのフォントのページを見ていたら、
いい模様があったので、「あら、これを使えば楽じゃない」ということで、文字入れなんです。
思った以上にいい模様になったと喜んでいます。

>扇子は作りたし、屏風が頭から離れないし・・・
これ、わかりますよ。
ある程度、納得の出来になるまでは、他の加工はなかなか出来ないですね。

私は他のソフトを持っていないので、JTrimを使うしかなくて。
最近はいろいろのソフト(フリーも含めて)を使われている方が多いですね。
Photoshop6.0を持っているけど、使い方がぜんぜんわからないんです。1から勉強すればいいのでしょうが、こういう加工をやりたいというのにこれが出来なくて、簡単にJTrimを使っているのが、現状です。

私も屏風をやってみようかな。

 
 
 
すごい! (ラベンダ♪)
2008-07-02 11:25:50
みっちゃん、いつもながら素晴らしい作品ですね~
やっぱり、手をかけなくちゃ、素晴らしい作品は作り出されませんね~
私には無理だわ^^;
アルストロメリアが扇子に変身なんて、驚きです!
 
 
 
ありがとう~ ♪ (みっちゃん)
2008-07-03 23:07:30
ラベンダ♪さん、こんばんわ。
見てくださってありがとうございます。
凝ったのをつくるんなら別ですが、
この扇子だって、画像をつなげていくだけなんですよ。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。