goo

くり抜き文字

2008-10-08 22:48:49 | JTrimを使って
Photoshopかなにかでないと出来ないと思っていた くり抜き文字が、
こんなに簡単に出来るとは思いもしませんでした。

kumiさんは、JTrimを使ってとっても素敵な加工をBlogに載せていらっしゃいます。
このくり抜き文字以外にも素敵なものが一杯あります。
すこしずつ紹介していけたらと思います。

まず、くり抜き文字の加工からです。

新規作成で白地に文字を入れます。

文字 秋桜

この画像に「エッジの抽出」をします。
「加工」→「エッジの抽出」ここではレベル9

エッジの抽出

色調整をして、文字の輪郭を白くします。
「カラー」→「HSVカラー調整」 彩度を一番左側にします。



この画像をコピーして、加算合成します。(白色が濃くなります)
「編集」→「コピー」
「編集」→「合成」加算



新規作成で色をつけた画像を用意します。
上の画像をコピーして、加算で合成します。
「編集」→「合成」 加算

加算合成

エンボス加工をするとくり抜いたような文字が浮き上がって見えます。
「加工」→「エンボス」

エンボス加工


参考 kumiさんのBlog なんだろな? → くり抜き文字 & 型押し文字
goo | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
 
 
こんばんは! (kumi)
2008-10-09 23:34:06
初めまして。
JTrimをDLして以来、何度もおじゃまさせていただいて、色々な加工を参考に真似をして作らせていただいていました。
ご挨拶が遅れまして申し訳ありませんでした。

今回は私の発見(?)にリンク紹介までして頂き、ありがとうございます。
自分の記事では、ちゃんとした説明を入れていないのに、こちらできちんと画像まで入れて紹介してくださり、ありがたく思っています。

これからもまた、お邪魔させていただいて、いろいろ教えて頂きたいと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。


 
 
 
おはようございます (みっちゃん)
2008-10-10 07:13:50
kumiさん、ご訪問ありがとうございます。
詳しい手順がなかったけど、後で見直してどうやって加工したのか自分のために載せています。

ここで載せた手順も、やるたびにちょっと違ったりして、加工時の数値はほんとの覚書ですね。
最初のエッジの抽出にしても、最大で簡単に白くなったり、ぜんぜんおかしくなったり、臨機応変にやることが大切なようですね。
操作を勘違いして載せていることもあるかも知れませんが、私の覚書ということでご理解ください。

この文字以外にも、少なくとも2つの加工は載せたいと思っています。良く見ればもっとあると思います。

これからもお邪魔させていただきますので、こちらこそよろしくお願いします。

 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。