きばなの硝子瓶

呑兵衛夫婦の日々の食卓.......

ぱったん目玉焼き・たくわん納豆・・・朝餉

2016-03-31 | 朝ごはん・昼ごはん

ぱったんと閉じて焼くから、こう呼んでいる


◆ごはん(魚沼コシヒカリ・白米)
◆黒ごま

◆赤みずなのおつゆ(西京味噌・手前味噌)

◆たくわん納豆(大葉・からし)

◆菜花の油炒め
◆ウインナーの油焼き
◆ぱったん目玉焼き(あらびき黒胡椒)


   ・・・


◆ヨーグルト・苺・珈琲

◆ほうれん草の雑炊(べんとう)・いよかん



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今日も晴れて気温が上がりそうだ
だから花粉も多いらしくて、オットが大変そう


今日も歯医者さん、昨日はじめて行った病院だけど
院内は新しくて広く、ちょっとハイソでビビッた

予約制だから、だだっぴろい豪華な待合室を独り占めだ
診療室も完全個室だし、院長からして直立して「お名刺」下さるし
受付嬢はじめ、やたらめったら「愛想」が良すぎて怖いくらい

アタシの若いころまでは、まだ「医者がいばってる」時代だったから
あんまり優しいと返って怖い、なんか詐欺にでもあってるような気がして(笑)


開院したばっかなのかなぁ、予約が結構あいているので不安だったけど

とりあえず昨日の歯科衛生士さんはOK、レントゲン・口腔写真と問診チェック
歯周病の検査、歯石などのクリーニング........問題なかった

今日から院長(若い)の治療開始、こわい

とにかくスタッフが全員若い、マニュアル通り動いててこわい




昨日は夜まで断食だったのに、歯医者さんの帰り「魔がさして」ランチしてしまった

気づいたら、ずっと工事中だった駅地下のショッピングモールが再開してて
デパートみたいにインフォメーションには受付嬢までいる...............

あら~っと思って一通りチェック、奥の方には美味しそうな珈琲屋さんも開店
こうばしい香りに誘われて、ちょっと珈琲「だけ」一杯のつもりだったのだが

画像はラクレットのピザトーストプレート、なかなか美味しかった(珈琲も)

サンドウイッチ類やパスタ・グラタン・ロコモコ・フレンチトースト数種類などなど
珈琲屋さんだけど、食べ物も充実してるし椅子もユッタリしてて寛げた

え~とこめっけ、これから本屋で本を買ってここで休憩しよう


    ・・・

    ・・・

    ・・・


のりかおめでとう

だけどあれね、ナンパな女ったらしが好きなのね
それで浮気されたら「また」騒ぐのかしら

うざいわね




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のグリーンサラダ

2016-03-31 | サラダ
              


春野菜、ほろにがで美味しかった

春は苦いものを食べたほうがいいみたい
身体も欲しがってるし、精神も安定させるらしい



◆赤みずな(旦千花農園マルシェ)
◆菜花(旦千花農園マルシェ)
◆サニーレタス(さんぶ野菜ネットワーク)

 ・菜花は茹でて冷水に晒し、切って優しく絞る

 ・赤みずな・サニーレタスは冷水に晒し
  シャッキリしたら切る、ちぎる

 ・食材の余分な水分は、キッチリと処理する

※サニーレタスは、芯のほうのパリッとしたとこを使った

 

◆白ねり胡麻
◆松田のマヨネーズ
◆水
◆千鳥酢
◆醤油
◆ディジョンマスタード(多め)
◆きび砂糖(多め)

 ・味をみながら調味料を混ぜていく
 ・砂糖は多めに使ったほうが、コクがでて美味しい





オット土産の「水戸の駅弁」、やっぱり美味しかった「日の丸弁当」♪

◆駅弁
◆高菜のおつゆ
◆つぼ漬け
◆グリーンサラダ

またよろしく~♪




※「酢鶏どんぶり弁当」を載せていただきました♪

このお弁当は評判よくて、ほかでも取り上げてもらってるみたいだし
自分でも、暑くなってきた頃のお弁当に最適な拵え方だと思ってる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤフオク

2016-03-31 | 好きなこと

偶然みっけて欲しくなって、2度目の落札

初めての1度目はたしか6年位前、台湾のお弁当箱だった


和風グラタン容器なんだけど、「蓋つき」ってところが欲しかった理由
グラタン料理はもちろんだけど、蓋があることで他の調理もできるから

オーブンで蒸し煮、蒸し焼き、オイル煮、卵料理、などなど

オニオングラチネとかでも、蓋をするから蒸発を防ぎ
じっくり熱くできるから、美味しくなりそう


ただ、蓋の取っ手に高さがなく、開けずらいっていうか
少なくともオットには無理、割られたらイヤだから触らせないどこ

説明書きでは直火もOKなんだけど、怖いからそれは止めとこう


容器5つと、敷板、陶器のスプーンがついてて、ほぼ1000円
送料込みでも1600円ほど、未使用品.................

いいお買い物だった




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アブラ鰈の甘酢あん・・・夕餉

2016-03-29 | 晩ごはん

すご~く美味しくできた~♪

献立や味つけのバランスが良かったらしく
「おいしかった~しあわせ~」と言いながら

お膳をさげにきた、という時はアタシも素直に嬉しい

うんうんと地味に頷きながら、台所の隅でテレている



◆アブラガレイ(輸入品の切り身・冷凍品)
◆醤油・酒

 ・醤油と酒をふりかけ、自然解凍する
 ・水分をよく拭きとる

◆強力粉
◆太白ごま油

 ・崩れないよう注意しながら、両面カリッと焼く



◆出汁・湯
◆創味シャンタン(少し)
◆味の母・きび砂糖
◆濃口しょうゆ

 ・煮たて

◆人参・ピーマン・昆布(出汁をひいたあとの)

 ・繊切りにし、煮汁に入れて煮る

◆冷めた煮汁・葛粉

 ・よく溶いて、加減をみながら煮汁に混ぜトロミをつける

◆千鳥酢・露しょうが

 ・最後に酢・露しょうがを加え、味をみて調える(塩っぱくならないよう注意)

 ・鰈のソテーにたっぷりとかける



ほか..................................................

◆黒米いりごはん(魚沼コシヒカリ白米・小梅干し・にがり)

◆蕪の葉のおつゆ(かつぶし昆布の出汁・西京味噌・手前味噌)

◆あぶらげ水菜の薄味煮(笹かまぼこ※下記事参照)

◆つぼ漬け(宮崎)小茄子のからし漬け(山形)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




実家では、父とそれ以外の家族(祖父も含めて)の食べるものが少し違った

もともと父1人だけが晩酌をするので、家族とは別の食卓だったし
子どもの好みには合わせない人だったから、基本的に別献立だった

というか、家族が父の好みに合わせていた

たまに同じものになっても、父だけ素材を上等に変えてあった
家長で偉いんだから、それが当たり前だと今でも思っている

いろいろあったんだろうけど、子どものアタシが覚えているのは
まずスキヤキのお肉、父は牛肉だったけれどアタシ達は豚肉だった

スキヤキ鍋も父専用の「ひとり鍋」だったし、それで鶏もつもよく煮ていた
キンカン入りで味噌なのか醤油なのか、未だに食べたことがなく味を知らない
どこかのB級グルメで見かけて、懐かしい気持ちで一杯になったな

つぎに覚えているのは煮魚のカレイの種類
たぶん父はナメタで、家族はカラスだった気がする

ずっとアブラのほうかなと思っていたけど、こんなむき身じゃなかったし
もっと美味しかった気がするから、たぶんカラス鰈だったんだと思う

でも前はもっと勘違いしてて、父のはナメタ、家族はババ鰈だと思い込んで書いたら
鬼の首でも捕ったかのような「薀蓄コメント」を書いてきた人がいて、ゲンナリした

ナメタはババだった、子供の耳で聞いていたことだから勘違いしたんだろう
今では母もババ鰈とは言わずナメタ鰈と呼んでいたし...................

それでアブラ鰈に話しは戻るけど、こんな経緯からてっきり食べていた鰈だと勘違いし
なにも考えず「煮つけ」にしたら溶けてしまったのだ、数年前の話なんだけど.........

たぶん初めて食べたんだと思う

でそんな教訓から、今回はこんなふうに調理してみた
フライや唐揚げも美味しそうだし、塩をして〆ても良さそうだ

そういえばカラス鰈、関西ではお馴染みの鰈のようだ
なんで関東では見かけないんだろうか?食べたいなぁ




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あぶらげ水菜の薄味煮・人参の甘煮・・・朝餉

2016-03-29 | 朝ごはん・昼ごはん

【あぶらげ水菜】は、前の晩に「あぶらげ・笹かま」だけを薄味で煮といて
翌朝あたためなおし、供す直前に水菜を加えてサッと煮びたす.............


◆あぶらげ(油ぬきして開き、繊切り)
◆笹かまぼこ(繊切り)

◆湯
◆粉かつぶし
◆白しょうゆ
◆濃口しょうゆ

 ・薄味にととのえ
 ・蓋して、クツクツと暫く煮て火を止める

一晩経過.................................

◆水菜(広島・有機)

 ・サッと煮びたして供す



【人参の甘煮】は、メイプルシロップとお醤油で煮て
はやめに火を止め、一晩やすませる................

◆人参(北海道・有機)
◆水
◆メイプルシロップ(有機)
◆醤油(少々)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆ごはん(おきたまコシヒカリ胚芽米)
◆かぶら汁

◆納豆(青ねぎ)
◆うめぼし

◆あぶらげ水菜の薄味煮
◆人参の甘煮


   ・・・


◆ヨーグルト・苺・珈琲

※北関東出張のためお弁当は休み




/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




今日はポカポカしてる、あっアタシの標本木がなんかピンクっぽい
あきらかに咲きはじめている、あぁ~春か春なのか、もう春なんだな


今朝、オットを送りだし独り朝ごはんを食べていて(昨日は断食日)
なんか気になって親不知をよくよく見てみたら、げっ!虫歯になってる
この前からシミルな~と思ってたんだけど、知覚過敏かなんかだと

見えにくい場所だったから油断してたっ、シミルからC2ってとこか
慌てて近所で探して、でも休診日だったからネット予約しといた

思えば引っ越してきてから3年、一度も定期検診を受けていない
行かなきゃ行かなきゃとは思ってたんだけど、怖くて足が竦んでいた

年貢の納めどき、とっとと行って治療して点検もしてもらおう

シ、シミルぜ



    ・・・



昨夜は器を1つ割ってしまった

震災の年の夏のはじめ、気分転換に鎌倉までドライブして
駅前に車を停め江ノ電に乗り換えて、江の島まで行った
早朝の海岸でボ~ッとした、とても癒された...........

海を恨んじゃいけないな、と思いながら

すぐ横に江の島が見えているのに、2人とも全く興味を示さず(笑)
パラパラと観光客が集まりはじめた頃、タラタラ歩いて駅まで戻った

海岸から江ノ島駅の道々には、「お土産屋」とかが立ち並んでいるんだけれど
そのひとつで「陶芸展」をやっていて、先生の作品のほかに生徒さん達のも並んでた

先生のは高いし全然すきじゃなかったけど、生徒さん達のはお安いし不格好で味がある
ってんで、薄い織部みたいな色の器を2つ買った、おそらく同じ人の作品だと思う

包んでくれた先生に「○○さんのお知り合い?」と聞かれたから、その人のなんだろう
ひとつは丼で、もうひとつは割ってしまった取っ手のついた浅鉢のような器.........

その取っ手というのが、まるで小学生の粘土細工のように幼稚で不細工な形
オマケにちょっとブツケタだけで取れちゃう、なんどかボンドでくっつけた

だけど気に入っていた、ほんのちょっとの油断が「永遠の別れ」になってしまった
修理しようもないほどコッパ微塵で、破片のほかに細かい砂粒のようなものも出た

地味なオリーブ色で艶々してて、焼けムラや焦げもあって「いいかんじ」だった
あぁ~思い出がまたひとつ逝ってしまった、ばかばか........................

庭でもあったら、細かく砕いて隅に敷きつめるとこなんだけどな

さよなら、あの朝のアタシたち(まだ1つ残ってるけど)




   ・・・



ゆうべ眠れなかった、中途半端に1時間だけ寝たからフラフラだ

ずっと本を読んでいたんだけど、目が痛くなって2時ごろだったかラジオをつけた

オールナイトニッポン、リスナーの「音声の投稿?」みたいなのを流してて
「同僚の電話の応対が、喘ぎ声に聞こえて気になって仕方がない」ってことで
その同僚の「ものまね」を綺麗な声の女の人がやっていて................

おなかよじれるかと思った、面白すぎて

それでますます目が冴える

寝る前だって、録画の「千鳥」に窒息しそうになるくらい笑ったし
アタシはすこし興奮しているのか? 知恵熱みたいな不眠ってこと?


寝不足だったけど、断食後の朝餉は旨いっ
おかずは食べたくなくて、卵がけごはんとつぼ漬けを堪能した

あ~、またおなかへってきた


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白滝と豚肉の薄味煮

2016-03-29 | 煮もの

お醤油を炒りつけてから、少ない出汁でしばらく煮てみた

とっても美味しくできて、オカワリしてくれた



◆白滝(下処理ずみ)
◆ごま油

 ・はじめに乾煎りしてから、油炒めする

◆豚肉(ロース薄切り)

 ・切って白滝と一緒に炒める

◆蔵の素
◆醤油

◆味の母(ちょっぴり)

 ・よ~く炒りつける

◆出汁(かつぶし・昆布)

 ・水分がなくなるまで炒ったら
 ・出汁を、お玉2杯分くらい加える

 ・蓋をして弱火
 ・ときどき掻き混ぜ

 ・豚肉が柔らかくなるまで煮る

 ・最後は蓋をとって、水分を飛ばす

◆醤油

 ・香りづけに醤油をひとまわし、火を止める


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アップルバター

2016-03-28 | 甘いもの

           

林檎ジャムをうんとうんと煮つめたものを、アップルバターと呼ぶらしい

古いアメリカ料理のレシピを参考に、きばな流で煮込んでみた

なるほど~、ネットリとした濃厚な風味でジャムとは全然ちがう
奥に一緒に写っているアップルジェリーとも、またちがう





林檎1個(大)が、花らっきょの空き瓶1個ぶんになった


◆林檎(皮ごとなので無農薬を)

 ・4つに切って、さらに2つに切る(皮・種ごと)
 ・ヒタヒタの水を入れて、蓋して2~30分ほど煮る

 ・林檎が煮えたら、目の細かい笊にとって
 ・煮汁をかけながら濾す(煮汁はすべて使う)

 ・再び鍋に戻し

◆グラニュー糖
◆アップルワイン



 ・甘味は好みの加減に(アップルワインはタップリと使う)

 ・火にかけ、じっくり煮つめていく





 ・煮つまってきたら、水をつけたゴムべらなどで側面のペーストを落とす

 ・お玉などに少しすくって【ひっくり返しても落ちない】くらい煮つめる

◆アップルワイン

 ・火からおろして、香りづけにアップルワインを少し混ぜる

 ・熱いうちに、焼酎で消毒した瓶に詰めひっくり返す

※保存方法は糖度による、うちは冷凍する予定



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



母のヨーグルト用に「1個だけ」試作してみたんだけど、想像してたより美味しいものが出来た

参考レシピは、シードルで下煮してから、お砂糖と香辛料を追加して煮つめていたけれど
シードルと香辛料はやめて、かわりに風味のいいアップルワインを使ってみたら大成功だった

もういっかい煮てみよう


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄 じゅーしぃー

2016-03-28 | 朝ごはん・昼ごはん

混ぜて炊くだけの、レトルトパックを利用した

             

◆じゅーしぃー(沖縄読谷村の)
◆おでんもどき(前の晩のを薄めた)
◆たくわん(宮崎・つぼ漬け)
◆うめぼし(昨年製)
◆からし漬け(月山パイロットファーム)


あっさりしてて美味しかった



水を少なく、パラッと固めに炊いたとこが成功した


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

干し柿いり人参漬け・春菊と油揚げのおつゆ・・・朝餉

2016-03-28 | 朝ごはん・昼ごはん

◆ごはん(魚沼コシヒカリ・白米)
◆黒ごま

◆春菊とあぶらげのおつゆ

◆納豆(青ねぎ・辛子)

◆プチオムレツ
◆ウインナーの油焼き

◆干し柿いり人参漬け

 ・「繊切り人参・繊切り生姜・繊切り牛蒡漬け」.....を
  【甘塩】で漬けてあったのに、「繊切り紅しょうが・繊切り干し柿」を足し
  【白しょうゆ】を少しふりかけ、重石をかけ一晩漬けた.................

これは「のこりもん」を利用した、和えもの風の漬物です
だから小鉢につんもり多めに盛りつけた................

美味しがっていた



   ・・・


◆ヨーグルト・苺・珈琲

◆トマト雑炊(べんとう)・いよかん




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



さむい、花冷え

遠くにみえる、アタシが開花の標本木にしている木はまだ枝しか見えない
だけどあったかくなったら、いっきに開く気がする、気が抜けない



   ・・・

   ・・・

   ・・・



朝霞の、ずっと気になっていたから無事に救出されて本当によかったけど
こういう事件は手放しで喜べない残酷さがあるから、犯人が憎くて仕方がない

ティースプーンでゆっくりと、時間をかけて目玉をえぐってやりたいマジで
性○罪者は死○にしていいと思う、生きてる価値なんかない、○ねっ

あ~も~腹たちすぎてTVつけられない、惨くて



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ベランダBBQで焼きチーズ

2016-03-28 | BBQ・鉄板焼きなど

またベランダBBQの季節がやってきた



ジュ~ッ、芋焼酎のお湯わり片手に焼肉を楽しむ

寒いから厚着して..........このくらいの気候が気兼ねなく出来る(窓が開いてないから)



お肉も野菜も美味しかったけど、一番ウケたのは焼きチーズだった



プロセスチーズの上っかわだけ剥いて、網にのっけて焼く

プ~ッと膨れてきた頃、お箸ですくって食べたり
沢庵やキムチにのっけて食べたり.............

最後はそのまま焼き続けて、カリカリになったころ銀紙を剥く



カリカリチーズになっている、お湯わりがすすむ~


これは高山さんの日記を読んで、まねっこした
山の家の「たき火ごはん」でこうやっていたのだ

ちなみに、四角より三角チーズのほうが剥きやすくて良いみたい

そういえば、薄切りのじゃが芋も美味しかったな~
ちょっと焦がして、まだ硬いくらいが美味しかった

やっぱ楽しいね外ごはんって、ほんの1メートルだけだけど


   ・・・


陽が暮れてきたんで家の中に移り、とっとと後片づけをすませ
オットが用意しといてくれたお風呂にザブンと入って、2次会へ突入する

紅ショウガを添えた「じゅーしぃー」のミニおむすびや、塩豆や干し柿をむしりながら
またダラダラと呑んだ、将来のことを色々と話ながら.................

なんか年とるっていいな、ってちょっと思った




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おでんもどき

2016-03-28 | 煮もの

            

冷蔵庫にあったもん放り込んで、ストーブの上にのっけクツクツ煮たり
暑いからってんでストーブを消して、のんびり滲みさせたり...........

って半日やってたら、とっても美味しい「おでんもどき」になっていた

煮たてちゃったりもしたから濁ってるけど、皮つきの大根とか昆布とか
串木の棒さつま、小樽の帆立かま・雲丹かまの旨みがごっそり出ていて美味


◆大根(皮つき)
◆日高昆布
◆ねりもん

◆湯
◆粉かつぶし(2つまみ)
◆蔵の素
◆白しょうゆ

◆塩


 ・表面にガーゼを貼りつけ、きせ蓋をし気長に煮こむ


◆和がらし



ほか..............................................


真ほっけ焼いたり、ミニおむすび食べたり、呑んだり







地味でテキト~な晩だったけど、美味しかった



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レモンチキン

2016-03-26 | 水菓子レシピ

棒状に切った「ささみ」で拵えてみたら、食べやすく柔らかで美味しかった

オットにも褒められる


レモンの酸味とバターのコクが合わさって、とっても美味しい



◆ささみ(5~6本・ほか胸肉の皮をとって)

 ・筋のあたりから縦に切る
 ・筋を削ぎとる

◆塩
◆白ワイン

 ・かるく塩をもみこみ
 ・ワインをかけて和え、しばらく休ませる


フライパンを熱し...............................

◆強力粉
◆サラダ油

 ・粉をまぶして、強火でサッと焼く
 ・両面を香ばしく狐色に、中は生でいい
 ・取りだす

同じフライパンに................................

◆チキンコンソメ(半粒)
◆水(100ccくらい)

 ・溶かしとく

◆白ワイン
◆レモン汁(半個~1個)

◆塩コショウ(少々か要らないくらい)

 ・ガ~ッと強火で煮つめる(半量くらいに)
 ・味見して塩梅を確かめ、味を整える

 ・ささみを戻し、軽く炒め合わせ火を通す

◆無塩バター(大匙1~2・多めのほうが美味)

 ・最後にバターを落とし、炒めあわせる


◆スプラウト(もしくはパセリみじん)
◆あらびき黒コショウ


「ささみ」は火が入りやすいし、焼きすぎると不味くなるからスピーディーに調理する

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休日の朝昼兼用

2016-03-26 | 朝ごはん・昼ごはん
              

ご飯は、いつものようにオットが炊いてくれたんで
アタシは冷蔵庫に首をつっこんで、残りもんを次々と発掘する

盛りつけたり炒めたり煮つけなおしたり


◆天ぷらの煮つけ

 【めんつゆ・水・きび砂糖・醤油】

  ・沸騰させ

 【芋いり薩摩揚げの生姜じょうゆ】
 【きざみ葱(たっぷり)】
 【カイエンヌP】

  ・葱がくったりするまで煮つけ

 【牛蒡と人参のカリカリ揚げ】

  ・最後に上に乗せ、煮汁をかけながら軽く煮つけ
  ・蓋をして火を止め、しばし蒸らす



クッタリ煮えたお葱が思いのほか美味しかった、天ぷらの煮つけんときは必ず入れよう


◆キャベツ炒め(極細繊切り・テーブルコショウ・サラダ油)

◆きんぴらサラダ(残りもん)

◆さんまの蒲焼缶(ちょうした、残りもん)
◆茹でほうれん草

◆蕪の塩もみ(残りもん)

◆いくら(残りもん)

◆人参漬け(ゆうべ漬けた)

 ・人参の繊切りに塩をあて(甘塩)
 ・生姜・牛蒡の浅漬け(ともに繊切り)を混ぜ
 ・重石をかける

◆ごはん




いくら、まだ一瓶のこっている、はやく食べてしまわねばっ
味が少々落ちてるけど、「味の母」を混ぜたら美味しくなった

漬けて半年たってるけど、今回のは粒も潰れず上出来だったよう
やっぱり塩加減が大事なのかな、甘塩にした前年のは水っぽくなったから


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にら炒り豆腐

2016-03-26 | 大豆加工食品

炒り豆腐に、たっぷりの韮を混ぜたら美味しかった


◆水切り木綿豆腐(1丁)
◆ごま油

 ・崩しながら炒って

◆粉かつぶし
◆うすくち醤油

 ・水分が飛んだら調味し
 ・さらに炒る

◆とき卵(1個)

 ・全体にまわしかけ
 ・さらに炒る

◆韮(1束)

 ・細かく切って
 ・炒り豆腐に混ぜる

◆こいくち醤油
◆ごま油

 ・韮に火が入ったら(30秒くらい)
 ・醤油を少しふりかけ
 ・ごま油を垂らしたら、すぐに火を止める



母の手料理のなかに「炒り豆腐」っていうのは無かった

大根・人参なんかと炒め煮したものは、頻繁に登場していたけど
あれは豆腐メインの「炒り豆腐」とはちょっと違う料理.........

うちだけだったのかな? でも炒り豆腐って外でもみなかった

オットに聞いたら、東京育ちの姑はよく拵えていたそうだ
関東では普通のお惣菜だったんだろうな、他の地域ではどうなんだろう



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

干し蕪のバルサミコ醤油

2016-03-26 | 和えもの
             

ごろんと1個だけ流しに転がってたもんで、皮ごと一口大に切って
笊に並べ、日光にあてたりストーブの前に置いたりして室内干し

外は花粉ぶんぶんだから干したくなかった

夕方には、いい塩梅にシンナリと生干しになっていた

サッと洗って水分をしっかりと拭きとり...........

◆バルサミコ酢
◆醤油(しょっぱくならない程度)

たまに軽く揉みながらオットの帰宅を待つ

甘酸っぱい美味しい即席漬け



ほか残りもん............................





◆きんぴらサラダ◆パプリカのナムル◆ほうれん草のおかか醤油



◆キムチ・めかぶ・釜揚げしらす・いくら・あさつき


冷蔵庫をのぞいては次々と盛りつけ、さ~さ~おあがり~と薦める

こういうときは親鳥のきぶん


コメント
この記事をはてなブックマークに追加