きばなの硝子瓶

呑兵衛夫婦の日々の食卓.......

胡麻ごはん・絹さやの卵とじ・・・朝餉

2017-02-24 | 朝ごはん・昼ごはん

煎った熱い胡麻を、熱い煮汁にジュッと浸し
生姜と一緒に炊きたてご飯に混ぜ、蒸らした

香ばしくて美味しいごはん


◆胡麻ごはん

 ・白ごまを煎る

 ・酒・醤油を沸騰させ、熱い炒り胡麻をジュッ
 ・火を止めて、こまかく微塵切りした生姜を混ぜる

 ・炊きたての熱いご飯に混ぜ、しばし蒸らす

◆おつゆ(オレンジクイーン)

 ・かつぶし・こんぶ・干し椎茸の出汁

◆納豆(ねぶか・辛子・出汁わり醤油)

◆極細きんぴら(常備菜)
◆菜花びたし(常備菜)

◆絹さやの卵とじ

 ・おつゆの出汁(かつぶし・昆布・干し椎茸)
 ・味の母・醤油
 ・干し椎茸・釜揚げしらす
 ・絹さや
 ・卵


  ・・・


◆ヨーグルト・苺・オートミール(あさげ前)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



昨日は悪天候だったし体調も悪く、夕暮れ、散歩して本屋のぞいて檸檬ネード飲んでお終いだったから
今朝は明ける前に飛び出した、ちらりちらりと粉雪が舞うほど冷え込んでいたから、マフラー巻いて

薄暗くてあんまり寒いから、人気のないところは避け人込みを選んで歩いた
探してるものがあって、コンビニをみつけると入りつつ歩く..............

全部で7店、セブン・セイコー・ファミマ・サンクス、あともう1つあったけど忘れた
そんだけ寄ったにもかかわらず無かった、ガクッとして最後の店で雑誌とお菓子を買う

しかしお財布には千円とちょっとしかなく、カードもなく、慌てて減らしてもらう
たぶんフィリピン人かベトナム人か?の女性だったけど、手際よく処理してくれた

すごいな~言葉なんて片言なのに、レジまで調子悪くなったのに
慌てずササッと対処、感心するのと申し訳ないのとで何度も謝った

今度からVISAかパスモを持って歩こう、はずかしい

あんなに寒かったのに、帰りつくころはマフラーも外し
襟元も開け、うっすらと汗もかいていた..........

やっぱり、汗がでるくらいのスピードで歩かないと気持ちよくないな



「僕だけがいない街」の外伝が出て、それを読んだ
ストーリーの隙間とか、登場人物像が厚くなり面白かった

舞台はほぼ北海道だったけど、最後でまた船橋(近所)が出てきた
おなじみの場所のほかに、Wでいつも上り下りしてる歩道橋の上からの
景色も出てきてビックリ、ここに登っていなかったら気づかないとこだった

この本たちは捨てられないな、ここを去って他の土地へ行っても
これを読めば色々と懐かしがれるし、映画のほうも近所がいっぱい映っているし

横浜んときは「家政婦のミタ」、水戸はいっぱいあって「医龍」「県庁の星」など
江戸川区んときはないなぁ、旭川のときは動物園が近かったし.............

想い出は大事だ、のちのちオットとしみじみ泣きながら呑むんだ(笑)

だからこのブログも、自分たちにとっては貴重な記録
これって一生残るんだろうか~、容量は十分あるんだけど

消えたらショックだぁ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白菜とほうれん草の和風サラダ | トップ | 桃の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

朝ごはん・昼ごはん」カテゴリの最新記事