きばなの硝子瓶

呑兵衛夫婦の日々の食卓.......

アパ社長カレーとか

2017-07-17 | 朝ごはん・昼ごはん



◆ごはん
◆アパ社長カレー
◆コロッケ・ハムカツ(ららぽーとスーパーの)
◆福神漬け(市販品)
◆らっきょう(自家製・2016)
◆麦茶

めんどくさい朝は、徹底的に手抜きする

美味しいからいいいのだっ



またポイントが貯まったとかで、アパ社長カレーを頂く(2回目)



ご飯は「無水鍋」炊き



研いで笊にあげ30分~、同量の水・にがり数滴でフタをして強火
湯気があがったらすぐに弱火、15分炊いて火を止め、10分蒸らす

もっちり炊けて失敗なし、嫌いなオコゲもなし
このお鍋で炊くと、冷めてもとっても美味しいのだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







連休は、いいかげんなご飯支度しかしていない
だってあっついし、やるきもでないんだもん

近所のお弁当屋のおにぎりとか助六とか
ピザトーストとかホットサンドとか



・・・おにぎりセット・桃パン・・・



まずいな、野菜がおもっきし足りない



慌てて小松菜を茹で、あぶらげも茹でて油抜きし
控えめにお醤油と白だし、揉むように和えて

しみじみ美味しい

糠漬けも、野菜不足を助けてくれてる



ジンギスカンとパスタ、美味しいんだけど「みためが悪い」ので失敗作
味は見ために比例する、が持論なので、もっと美味しくできたはずだ

いいやいいや、これが家庭の食卓さっ

げっ西の空が真っ黒、雨雲がきてる
いいぞう、ふれ~っふれ~っ、からっからだぜ


    ・・・


ジブリ美術館には、「食べるを描く」を見に行った

それなりに面白かったけど、よく考えたら「見ていない作品」も多く
解んなかった(笑)おっとはもっと「?」だったし(笑)

でも千と千尋の気持ち悪い「神様のたべもの」とか「ハクのおにぎり」とか
レモネードの瓶のなかの水面のイラストとか、箸づかいを描くのは難しいとか

ふ~んふ~んと見入ってしまった

絵コンテや下書き、実際の台所や厨房、卓袱台の上のお弁当など楽しかったな
お弁当のなかみは、ご飯のうえに梅干し・そぼろ・ウグイス豆だったかな?
台所の勝手口の外では、七輪で目刺しを焼いていた(だけどなんの作品か?)

暑くてクラクラだったけど楽しかった、行ってみたかった三鷹・吉祥寺だったし


    ・・・


暑くてぜんぜん「W」は無理、9月くらいまでオアズケかもしらん
そのかわり、1時間のフラフープで有酸素運動を続けている

さてと、おっとがお米を研いでくれたので、バトンタッチで炊きましょうか

今朝は「なっとうごはん」にしよ~っと、卵いれて



    ・・・
    ・・・
    ・・・



ケンワタナベ、かっちょわりぃ~、「怒り」の父親役よかったのにぃ~ガクッ
どうしてバレないよう浮気できないのかなぁ~、こんなの見たくないよなぁ~


そういえば「ご病気の人」、20年前の発病初期のころ

旦那の愛人が、引っ越し先まで追っかけてきて家の外で見張っている
留守電を盗み聞きして、おまけに勝手にNTTを解約された
電話番号も読まれてるから、そっちへ電話がいってないか?

などと、気の狂った話を毎日しゃべっていたっけ

引っ越し前に、手切れ金として10万円(すくなっ)を渡したのに
その人も引っ越してきた、旦那が好きで好きでしょうがないらしいと

え~っ変わった人もいるもんだな~、あんな甲斐性なしの屑みたいなおっさんを?
見てくれだってお世辞にも......と内心ドンビキしていたもんだが(もちろん虚言だった)

「うちの旦那はモテる」って思いたがるのかな、キ印系って(カズヨとか)

離婚した現在は、同窓会で○○と同棲してるってホラふいてる
その人は地元でイケメンって言われてた人(あたしは?だが)

どうせホラふくなら小栗旬と同棲してる、くらい言えばいいのに
どこまでも言うことがちっさくて貧乏くさい、しみったれている



「旦那が気に入ったら友達になってやる」って言ってたなそういえば、うちのおっとに対してだけど
そんで次の日曜日の10時、夫婦2人でうちへ面接に来いって......キ印全開、ばかみたい、くるくるぱ~

当時は「ご病気」だなんて知らなかったから、呆気にとられ、激怒して涙がでてきたけど
その後も我が家を「極貧家庭」と決めつけ、おっとは「社会不適合者」という妄想ワールドを爆走

朝から晩まで電話を鳴らし、2~3時間しゃべっては突然きる(忙しいからと迷惑げに)

「うちも大変だけどお宅に比べたら大したことない、もっと見習わなくちゃ」と、意味の解らないことを言い続ける
料理の話も家事の話も世間話も何の話も、なぜか「節約のため」と解釈され、最終的には「お金の話」にしてしまう

どうして金銭的な話になるんだろう?と、不思議で不可解で
あとでわかったけど、相当にお金には困っていたみたいだ(もしかしたらブラックリストか自己破産かも)

こんな感じで話はトンチンカンだし不愉快だしで、あんまり付き合いたくなかったから
家に訪ねたがるのを断っていたけど、ま~執拗で(ご病気の特徴)、根負けして迎え入れたら

アパートの前まで機関銃のようにしゃべっていたのに、玄関に入ったとたん無言になる
部屋の真ん中に棒立ちになったまんま呆けたようになっていて、声をかけても返事がない

これもあとで解ったけど、現実の暮らしぶりをみて「妄想崩壊」したようなのだ
つまりうちを「見下す」ことで、何とか保っていたプライドがガラガラガラ~ッと

部屋が広いとか新しい冷蔵庫があるとか、宙に目を泳がせてブツブツと独り言をいっていた
たぶん「とんでもないゴミ屋敷のあばら家」を期待して見物にきたのに、アテが外れたのだ

それもこれも後でわかってショックを受けたけど、その当時は想像もしてなく困惑した
何度か声をかけ、冷たいお茶を飲ませたら、すこし正気に戻ってじゃべりはじめたけど

それ以来ガラリと態度がかわる、敵意ムキだしというか
そして20年後の現在も、粘着され続けている


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豚みそ漬けの薬味のっけ | トップ | 茄子と胡瓜のぬか漬け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

朝ごはん・昼ごはん」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。