きばなの硝子瓶

呑兵衛夫婦の日々の食卓.......

炊きこみ御飯(甘くない)

2011-03-30 | ゴハン・パン・メン
 
お弁当休みの日

朝食は..................
残りもんあるもん、なんでも刻んで「炊きこみ御飯」にした

今回は「みりん・砂糖」は使わず.................
醤油と塩だけで調味した「甘くない」あっさり味です


◆白米・もち米 (もち米を使う時は水は少なめ)

◆鶏肉

 ・唐揚げ用に、醤油・酒・おろし生姜に浸けてあったもの
 ・細かく切って、酒をふりかけて「煎り煮」しとく

◆ゆで筍・人参・いんげん (みじん)
◆生干せの椎茸 (みじん)

◆醤油・塩 

・ぜんぶ入れて炊く

・たっぷり【半摺りの黒ごま】をかけました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

考えていたより薄味すぎた..................
なので炊きあがってから、塩を少し混ぜました

もうちょっと醤油を使えば良かったな

でもオットは喜んで、たっぷり食べて出勤していった
「もち米」の入ってる所が、美味しかったみたい

◆お味噌汁(からし菜)
◆甘い玉子焼き

◆2色ピーマンの煎りびたし
◆胡瓜の中華和え
◆すっぱい漬物

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なにもしたくない日って
つい「炊きこみ御飯」とか「まぜ御飯」になっちゃう

だって簡単で美味しくて、具によってはバランス良くて

おさぼり主婦の強い味方ですよね
和洋中.....ど~とでもアレンジきくし

それに、男の人って好きじゃないですか?味つき御飯
うちだけかな....................

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



老眼だと思うんですけど、最近とくに見えなくなってきた

電灯を消したあと、小さなランプとかが花火みたいに見える
「わ~きれい」なんて、ウットリ見つめてる場合じゃないですよね

もともと「近眼・乱視」で視力は悪いんですが、メガネ嫌いで殆どかけず
学生も卒業したし車の運転もしないし、事務職に就いた事もないしで

見えないながらも、裸眼でずっと過ごしてこれた
しかしさすがに「年貢の納めどき」なんでしょうか

コンタクトレンズは論外だから、やっぱりメガネなのかな
メガネ屋さんの前に、病院で検査するべきなんだろうか

みんなはどうしてるんだろう


なんか年をとると、「はじめての○○」が多すぎて戸惑うわ~
年がら年中、初体験だらけではありませんか~

忙しいわ~中高年って

大っきらいな「病院」ばっかり行かないとならないし
歯医者・内科・婦人科・脳神経外科...............
とりたてて患ってるわけでもないのに、これだけ行く

これで本当に何か病気にでもなったらと思うと.........
想像するだけで心臓がバクバクする(病的医者嫌い女)

あ~神様 (お神社のほうの)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムキガレイの煮つけ | トップ | 赤貝の酢のもの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。