きばなの硝子瓶

呑兵衛夫婦の日々の食卓.......

鮭フレーク

2017-01-30 | もつもの
                      

アタシのフレークは、まず「茹で」てから.............

◆塩鮭(生でもいい)
◆湯・酒

 ・茹でる
 ・湯を捨てる
 ・皮と骨をのぞく

◆酒(すこし)

 ・酒をふり火にかけて、炒る


◆うすくち醤油(塩)

 ・味をみて補足する

◆サラダ油

 ・最後に油を少々で、カラリと炒りあげる

※すこしシットリめで火を消し、そのまま冷ます



 ・冷めたら瓶詰し冷蔵......



焼いてほぐすと、身が硬いし臭みもでる
だけど、茹でると柔らかく臭みもない

鮭の塩分と油分の加減で、味付けを調節すること
胡麻や梅干しなどを混ぜても美味しい


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鮭フレークの混ぜごはん・わ... | トップ | 白菜漬けの餃子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。