きばなの硝子瓶

呑兵衛夫婦の日々の食卓.......

喜怒哀楽・・・単細胞

2017-04-25 | つぶやき

オットの花粉症が悪化してるんだと思っていたら、風邪だと言う
え~そうなの?と、慌てて風邪に「効きそうな」ホットドリンクを



◆大根◆しょうが
◆ごまの蜂蜜

 ・薄切りして蜂蜜をたっぷり混ぜる

◆紅茶

 ・浸してるあいだに紅茶を煎れて、熱々を注ぐ


具をスプーンで潰しながら、紅茶だけを飲んでもらう
即席の気休めかもだけど、少なくとも温まって眠れるだろう

今のアタシは自分のことで一杯一杯なので、気づくのが遅く
だけどこの夜は、ぐうぜん熱々の「筍グラタン」だったから
ちょうど良かった、本当はリンゴだけの予定だったんだけど

GW目前にして、きばな家はボロボロだっ




1ヶ月ぶりに耳鼻科へいったけど、先生の指示を間違って理解していたらしく
「1ヶ月もたってから来ても」と呆れるように、すごく冷たい対応をされた

薬の飲み方も間違っていて(何度か聞いて念を押したんだけどなアタシは)
「僕そんなこと言ったかなぁ」と不満げにしているので、仕方ないから
「申し訳ありません、私のほうが間違ってしまったようで」と謝ったら
機嫌が治ったみたいだけど、相変わらず言ってることは解りずらく

結局どうしていいのか解らない

悪い先生じゃないみたいだけど、アタシとは合わない気がする
2週間分またドッシャリ薬を抱え、憂鬱も何倍にもなって帰ってくる

被害妄想かなぁ~と思いながらも、今までこんな経験ってないせいか
それとも更年期障害の影響なのか、歩きながら哀しくなってきて涙がでる

そういえば松居直美ちゃんが、更年期で苦しんでいたとき
子供の学校へ行ったおりの周りの冷たい対応に、独り号泣したと
昨日のネットニュースで読んだ、こ~いうことだったのかなぁ

アタシも思いっきり泣きたい気分になった

泣いてたってしょうがないやと、スーパーへむかって買い物をして
帰り道、今年になってから開店した、小さな珈琲屋のドアを開ける

ぷ~んと香ばしい好い香り、男の人が1人、一生懸命おおきな機械で焙煎していた

運がよかったらしく、オリジナルブレンドがすぐ買えた



ちょうど予約注文が入って焙煎したばっかりとかで、待ち時間はナシ
カリタ用に100g挽いてもらって、ホカホカまだ温かい袋を受けとる

焙煎時間とか事情とかを聞いて、今度からは買いもの前に注文して
帰りに受け取ることにする、すごく感じのいい人だった

ここは小さな呑み屋さんだったとこ、すごく狭いスペースなんだけど
白を基調とした店内に改装され、白い琺瑯容器に色んな豆が入っていて
小さな作業台の上には、清潔なステンレスのボールや計りなんかが並び
ブレンドしたりするのかな~と、待ってるあいだボンヤリと観察する

きっとまた買いにくるなと思ったから、ポイントカードも作った
作ります、と言ったらやけに嬉しそうにしていたな、そういうものなのか

どうも~と店をでて、クンクン袋からもれる珈琲の香りを嗅ぐ

「焙煎仕立てで香りはいいですが、明日・明後日のほうが味は良いです」

と教えてくれた、へぇ~そうなんだぁ、知らなかったなぁ
急いで飲んでしまわないとダメなんだと思ってた、今日まで

ブレンドも、スペシャル、ミルク、モーニング、ビター、エスプレッソ、アイス
それに春夏秋冬別のブレンドまであり、メキシコアルツーラだのホンジュラスHGとか
モカシダモG4、ケニアAA、デカフェ・コロンビアなんて、聞いたことないものがズラリ

まるで、先日よんだ「リバース」の中に登場する珈琲専門店みたい


気がつけば、すっかり気分は良くなっていた、アタシって単細胞

しかし、道々の買い物で両手は大荷物、おまけに日傘もさしている............
ふうふう言って歩いていたら、目の前、おでん屋の角に爺ちゃん自転車が突っ込む

おいおいと助けにいったら、おでん屋の看板に「自転車ごと」からまってる爺ちゃん
こっちも大荷物で四苦八苦助けてたら、おでん屋のオジサンも出てきて加勢してくれる

「や~や~ありがとうありがとう」と言いながら、ヨロヨロいっちゃった
その後ろ姿を、おでん屋のオジサンと専業主婦ひとり、道端に佇んで見送る

爺ちゃん、もう自転車やめれ


帰宅して、ピーナッツバターで食パンを食べたら

口ん中の水分ぜんぶ持ってかれた

慌てて冷たい牛乳を飲む


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょねんの苺シロップ・こと... | トップ | ほうれん草のベーコン巻き・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。