きばなの硝子瓶

呑兵衛夫婦の日々の食卓.......

さばの味噌煮

2017-08-27 | オカズ・肉・魚
                    

このあいだから、なぜか食べたくて食べたくて
あしたの朝餉用に煮つける................


◆生さば(今回はごまサバの2枚おろし・2尾)

 ・半分に切って

 ・熱湯に水を少しさし温度を下げ切り身を浸す
 ・色が変わったら冷水にとる、かるく掃除して水気をふく

◆水
◆蔵の素(酒・たっぷり)

 ・鍋に下処理した切り身をならべ、水と酒を注ぎ火にかける
 ・フツフツと煮ながら、丁寧に灰汁と油を取り除く
 ・煮汁が透きとおり臭みが消え、美味しいスープになったら

◆生姜スライス
◆めんつゆ(真鯖なら醤油)
◆味の母(みりん)
◆きび砂糖

 ・灰汁をとりながら少し煮て

◆熟成味噌・白味噌

 ・煮汁でゆるめ、全体に流し入れる

 ・灰汁をとり味を整えつつ、ときどき煮汁をかけながら、煮る
 ・煮汁がトロリとしたら出来上がり




※今回は「ごまサバ」を使ったので、旨み足しに「めんつゆ」を使った
 それでも物足りなかったので、最後に味の素をひとふりする

※翌朝用なので、煮汁は「ゆるめ」に仕上げ、タッパーに入れて冷蔵
 供すときは、食べる分だけ小鍋にとって酒をふり温めなおす予定


あしたが楽しみ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あまからポークソテー

2017-08-17 | オカズ・肉・魚

豚丼風のあまっから味


◆豚肩ロース

 ・コンガリと焼き

◆蔵の素
◆きび砂糖(たっぷり)
◆醤油
◆テーブルコショウ

 ・サッと絡めて、豚肉を取りだし
 ・焼き汁をトロリと煮詰めて、豚肉にかける

◆焼き野菜(玉葱・こどもピーマン・人参)
◆黒胡椒
◆冷凍パセリ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豚と卵のしょうゆ煮

2017-07-25 | オカズ・肉・魚
                     

夜になって、ハタと「明日のおかずがない」ことに気づく

慌てて塩豚をだしてきてコトコトと煮込み、一晩ほど寝かせた
柔らかく美味しく煮え、味もしみていた..............

朝餉にお弁当にっ、煮といて助かった~




◆豚肩ロース(塊)
◆塩

 ・1日ほど塩漬けしてあったもの
 ・洗浄する


小さな寸胴鍋に...............................

◆水・紹興酒・醤油・めんつゆ・グラニュー糖・塩
◆生姜(塊に切り込み)◆大蒜(小1粒)◆梅干し(13年前の1粒)

 ・好みの煮汁にととのえ、火にかける
 ・熱くなったら豚肉を入れる
 ・蓋をして、3~40分ほどコトコト煮込む(何度か引っくり返す)



◆ゆで卵(底に穴を空け、湯から6分の半熟)



 ・豚肉が煮えたら火を止め、ゆで卵を浸ける

◆赤とん・黒こしょう

 ・鍋ごと冷水に浸け、冷ます

※輪切りじゃなくて、1本をちぎったほうが良かった
※あとで入れたのは辛すぎないように、初めから入れて煮てもいい



 ・冷めたら冷蔵庫へ(梅干しは除く)


................翌朝....................

 ・固まった「脂」を除く

※このとき、赤とんが脂に絡まってしまった

 ・軽く温める(熱くなる程度、グラグラ煮ないこと)

 ・カットして盛りつけ、煮汁をかける

◆白髪ねぎ・七色(つけあわせや薬味はお好みで・・・辛子・ラー油など)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すき煮・・・朝餉と弁当

2017-07-19 | オカズ・肉・魚
                     

◆ごはん
◆すき煮
◆卵黄

◆おつゆ(豆腐・干し椎茸・卵白)
◆細葱・スプラウト

◆きゅうり糠漬け
◆紅しょうが


・・・おっと弁・・・


◆すき煮丼
◆糠漬け・紅しょうが
◆小松菜と人参生姜の乾煎り

◆おつゆ(朝餉とおんなじ)

◆オレンジ





・・・【すき煮】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆牛肉切り落とし(宮崎牛)

 ・ぬるめの湯で湯引きして血抜きする
 ・笊にあげ湯をきる



◆ささがき牛蒡
◆しらたき
◆玉葱

◆蔵の素
◆水
◆きび砂糖
◆醤油
◆塩
◆熟成みそ(少し・・・赤だし、八丁味噌でもいい)



 ・蓋をしてコトコト煮る(30分~)

※あとで味見して「めんつゆ」を少しだけ追加した

 ・一晩やすませ、暖めなおして供す


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


夏場なので、すこしだけ味を濃くしようと思って調味するもんだから
いつもの味のバランスが崩れ、今回もちょっとだけ甘くなってしまう

それに、朝餉とお弁当がまるっきり同じメニューになっちゃうし

なんだかなぁ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







ゆうべは冷房をきり窓をあけ、扇風機だけだったのでよく眠れた
今朝もまだ冷房なし、だけどジリジリと気温が上昇中.......あぁ



カズヨ劇場は飽きてきた、っていうか期待はずれで面白くない

初めはノーメイクで泣き叫んだり罵倒したりで、えらくインパクトがあったけど
だんだん芝居がかってきて、それもとんでもなく猿芝居なもんだからアホみたいだし
おまけに内容は、本人が騒ぐほど暴露でも爆弾発言でもなく「ただのお婆はんのヒス」で

つまんない

それにしても、フォロワーを全て「自分の味方」と解釈するところには年齢を感じる
なぜか年配になると、たとえばブログのアクセス数を自分の「人気度」と勘違いするし
見ている人は全て「自分のファン」と思い込む、あれには毎度どんびきする.........

カズヨは「家族」と呼んでいる、そして自分に味方してくれる人々と思い込み
顎で使うつもりでいる、たとえばNHKに抗議させようとツイッターで煽ってみたり

ほとんど動かないと思うよ、だって野次馬なんだから(カズヨの場合は特に)

化粧品も下着も着替えもない、っていう話も、陳腐すぎて辻褄あわないから止めた方がいいよ
いくらでも買えるでしょ、自分のスタッフつかって買いに行かせればいいじゃんか
ネットもあるしさ~、なにも婆さんパンツをアップしなくたって.........

前から思ってたけど、この人ってなんか下品なんだよな、ガサツだし

相変わらず嘘はつかない真実をって連呼してるみたいだけど
そんなに言うところをみると、誤魔化しばっかの人生なんだなきっと

あたしの経験でいうと、バツの悪いことがある人間ほどギャ~スカ騒ぐ
騒いで騒いで相手の口を塞ぐっていうか、黙らせようとするっていうか

都合の悪いことに耳を塞ぐ、って意味合いもあるのかもしれない
どっちにしても、そんな効果なんか無いのにな..............

そもそも、なんで逃げ隠れしてんの?

あ~カズヨ、はやくこっちの世界へ戻ってこぉ~い




       ・・・



こっちの「ご病気の人」は沈黙を守っていて、ホッとした

離婚していたから、抗議するにしても年老いた母親しかいなく
それも癌に罹っているみたいで、そんな人に文句は言いづらい

このまま忘れてくれるといいけど

手紙の住所も、まともに書けなくなっているから
出したところで戻ってくるんだろう、だから友人宅もうちも
「転居した」と勘違いし、大慌てで探し回っている気がする

電話には、あたしもその友人もでないし

あたしの場合、何年も無視していたヒツウチに出てやったけどな

それっきりピタッと止んだ、何年も毎週のようにかけてきたのに
ひどい時は数日おき半日おきだった、それが面白いくらい静かになった

はは~ん、新しい持ち主に替わったと勘違いしたな、と予想していたら

ビンゴ

そんなことで?と思うだろうが、そんな些細なことで大動揺し
勝手に妄想を膨らませてくれちゃうのが、この「ご病気」なのだ

おまけにあの手紙だ、ふつうは届くわけがない

実家に届いたのは奇跡で、50年以上住んでいたのと
頭のいい郵便屋さんのお蔭で、ふつうは送り返される

このまま引っ越したと思い込んでほしい
あと絶交のことも思い出してほしい、お願いだから

メールは何年も前から使えなくなっているので
ひたすら、電話か手紙を待っているような気がする

あ~カズヨ、全国のご病気を刺激しないでやってくれ

鎮まってくれ、たのむ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタミナ焼きと焼き豆腐

2017-05-27 | オカズ・肉・魚

ぜんぶ「のこりもん」で拵えた一皿

とっても美味しくできた



◆もめん豆腐

 ・食べそびれたので、ペーパーに包んで1日冷蔵庫(水抜き)
 ・スライスして、オリーブ油でこんがりと焼く
 ・皿に盛りつける

◆焼肉(揉みこんで冷蔵してあるもの)

 ・豚肩ロース・玉葱・人参・ピーマン
 ・焼肉のたれ・ジンギスカンのたれ・醤油
 ・粒マスタード・コショウ

◆ピーナッツ韮だれ(※下記事)
◆塩あえ人参(常備菜)

 ・焼肉に人参を足し、たれを混ぜる

 ・炒め焼き
 ・焼き豆腐に盛りつける

◆ピーナッツ韮だれ
◆白ごま・黒胡椒
◆パセリ(冷凍)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶏のからあげ・・・朝昼兼用 味つけジンギスカン・・・夕餉

2017-05-22 | オカズ・肉・魚

日曜日は「超絶不調」、ほとんどベットのなかで過ごす


朝餉....................



漬けてあったので、なんとか唐揚げにし
常備してある出汁をつかって、にらたま汁

あとはスーパーのポテトサラダ、レタス、常備菜などで


夕餉......................



ラム肉に、ジンギスカン用のタレ・焼肉のたれ・味噌に
少しの砂糖・コショウを揉みこみ...............
玉葱・ピーマン・韮と、オリーブ油を少しを混ぜ合わせる

あとは自分で勝手にやってと、オットに任せる



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鰊のしょうが煮

2017-05-13 | オカズ・肉・魚

休日の朝ごはん用に煮つけてみたら、大成功だった♪



下拵えをしっかりしてから味をつけたので、臭みもなく凄く美味しくできた
一緒に煮た牛蒡も生姜にも旨みがしみこんで美味、相乗効果の勝利..........


◆春にしん(北海道産・冷凍品)

 ・流水で洗浄し、頭と尾を切り落としブツ切り
 ・ハラスを切り落とし(ウロコがジャマだったので)
 ・内臓を除き洗浄して、ボールに入れる

 ・熱湯をなみなみ注ぎ、箸で泳がし
 ・ボールを傾け湯をきり、静かに流水を注ぎいれ洗浄
 ・水をきる

鍋に........................................

 ・水・酒(たっぷり)を煮たて、鰊を並べる
 ・灰汁をすくいながら、フツフツ加減で煮る

※生臭いから、鰊の美味しそうな匂いに替わるまで・・・・・・
※そのころには煮汁に旨みが溶けだし、美味しいスープになっている
※香りを嗅ぎ、味見をして確認すること



※この作業をシクジルと生臭く煮える


◆ごぼう
◆生姜スライス(塊1個ぶん)
◆小梅干し(2粒・隠し味なので煮詰まってきたら除く)

 ・下煮がすんだら入れて

◆めんつゆ(創味)
◆味の母(少し)

 ・調味して、ときどき身にかけながら煮つける
 ・灰汁と脂は「丁寧」に取り除く(最後まで)

 ・汁があるうちに、いったん火を止め休ませる



 ・供す直前に、もういちど点火し
 ・かるく温まったら、牛蒡だけとりだし盛りつける(塩っぱくなるので)

 ・さらに少し煮つけてから、鰊も取りだし盛りつける

◆味の母(みりん)

 ・煮汁にたっぷりめに追加し、煮詰めて鰊にかける




本当はもっと荒っぽく、甘じょっぱく煮つける予定だったんだけど
生臭ものに弱いオットは、少しでもクセが残ると食べてくれないし
あまり甘いのも嫌がるので、卸して下煮し「めんつゆ」でアッサリ煮

思惑は大成功で、次々と箸をのばし、美味しいと褒められた

旨みも濃く脂ものってたけど、下処理のお蔭でイワシよりサッパリ
2尾ぶん、2人でペロンと食べてしまった、あ~美味しかったっ♪



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶏レバーいりハンバーグ

2017-03-13 | オカズ・肉・魚

メインは「牛ひきにく」、ついで粗挽きの「あいびき肉」
そして「鶏レバー」を細かく叩いて混ぜた.............

レバーを入れるとコクがでて美味しい、混ぜる量を調節して
隠し味的に使ったり、レバー味を全面に出したりとお好みで

今回は、言われても解らないくらいの分量だったけど
それでもけっこう混ぜた、思ってるより多く混ぜても解らない


リクエストだったので頑張ったせいか、とても美味しくできた




◆牛ひき肉(国産)
◆牛豚あいびき肉(国産・粗挽き)
◆鶏レバー(血ぬきして叩く)

◆高野豆腐(熱湯をかけボロボロにし絞る)
◆卵

◆赤ワイン

◆テーブルコショウ・クレイジーペッパー
◆塩・醤油

 ・挽肉が冷たいうちに急いで練る
 ・しばらく冷蔵庫で休ませる

 ・丸めて焼く
 ・両面を焼いたら、熱湯を注ぎフタをする
 ・最後はフタをとり、水分を飛ばす

◆つけあわせ野菜(※後記)

 ・野菜を盛りつけた皿にとる

※大きかったので蒸し焼きにした

◆ハンバーグソース(※後記)

 ・ハンバーグを焼いたフライパンに、ハンバーグソースを注ぎ
 ・かるく煮詰め、ハンバーグにかける

◆生クリーム・黒コショウ

 ・クリームをかけコショウを挽く




・・・【ハンバーグソース】・・・

◆デミグラスソース(缶)
◆赤ワイン(たっぷり)
◆水
◆牛スープの素(韓国・控えめに)
◆塩
◆きび砂糖
◆ケチャップ・醤油(控えめに)
◆ガーリックP・テーブルコショウ

 ・クツクツ煮たて、灰汁をとる
 ・照りがでたら完成
 ・弱火で温めスタンバイ



・・・【つけあわせ野菜】・・・

◆人参・ペコロス・水・アップルシロップ・塩

 ・薄味で30分ほど煮て休ませる

◆ブロッコリー・芽キャベツ・アスパラガス・スナップえんどう

 ・供す直前にサッと茹で、暖かいうちに


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文化干しのバター焼き

2017-01-24 | オカズ・肉・魚

◆さばの文化干し(魚屋の)
◆無塩バター(カルピス)

 ・揚げ焼きする

◆菜花
◆レモン


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豚肉のネギ巻き

2016-09-02 | オカズ・肉・魚
                   

◆豚方ロース(生姜焼き用)
◆ねぶか葱
◆強力粉
◆サラダ油

 ・巻いて粉をつけ、コンガリ焼く

 ・余分な油をペーパーで処理し

◆酒
◆みりん・醤油(同量)

 ・ジュ~ッとやって、蓋して2~3分ほど蒸し焼き
 ・焼き汁を炒りつけ、切って盛りつける

◆葱の青いとこ(切って晒す)
◆七色


・・・小さいおかず・・・


◆ゴーヤの梅漬け(常備菜)
◆味たまご(白だし・黒ごま)
◆キャベツと大葉の浅漬け(胡瓜)


・・・オット夕餉・・・



◆ごはん(白米・黒米・もちきび・小梅干し・にがり)

◆茄子汁

 ・油を熱し、切った茄子(晒さない)を炒める
 ・煮干し出汁・酒・みりん・醤油
 ・強火でガ~ッと煮る

◆小さいおかず

◆豚肉のネギ巻き

◆人参の白酢あえ(※上記事)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豚のしょうゆ焼き

2016-08-18 | オカズ・肉・魚

調味は「お醤油とコショウ」だけ


◆豚肩ロース(厚切り)

 ・ジリジリとじっくり焼く(ノンオイル・蓋なし)
 ・コンガリ焦げたら、引っ繰り返し焼く

※焼きすぎないよう注意

 ・フライパンを傾け、ペーパーで余分な油をとり

◆醤油

 ・ジュ~ッと両面炒りつけ取りだす

◆水(酒)

 ・残った肉汁に水か酒を少々そそぎ
 ・ジャ~ッと煮詰め、豚肉にかける

◆あらびきコショウ


◆塩もみ野菜(薄塩)

 ・べか菜・冬瓜・人参・ピーマン
 ・塩・白だし・グラニュー糖(すべて控えめに)
 ・かるく揉んで冷蔵庫、盛りつけるときに絞る



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鰹ガーリック

2016-07-15 | オカズ・肉・魚

鰹の刺身を1日「ヅケ」してから、ガーリック油でカリッと焼く

「ヅケ」することにより、身がしまって旨みが増し、臭みもなくなり美味しい


◆鰹の刺身(柵)

 ・2~3にカットして、水気を拭く

◆醤油・酒・大蒜スライス

 ・密封袋に入れ、冷蔵庫で半日~1日ほど「ヅケ」する

 ・取りだして水気を拭く

◆強力粉

 ・まんべんなく塗す



◆ガーリック油

 ・大蒜スライス・オリーブ油
 ・大蒜を入れてから点火、ごく弱火
 ・きつね色になったら取りだす(大蒜チップ)


 ・鰹をカリッと焼く

※うちはシッカリ焼いたけど、半生でもいい

 ・焼けたらとりだし、カットして盛りつける


◆醤油・味の母(酒・みりん)

 ・フライパンに残ったガーリック油に注ぎ
 ・かるく煮つめ、鰹にかける

※今回は「半々」の甘辛にしたけど、そこはお好みで...........
※酒・醤油・辛子、焼肉のタレ、めんつゆ、など好きな味加減で.......

 ・ガーリック油の大蒜チップをかける

◆あらびき胡椒




 

◆ゆでインゲン・プチトマト・レモン


 ・インゲンは「そのまま」何もせず、洗っただけ.......
  少ない湯で、蓋をして「蒸らす」ように茹でてから冷まし
  最後にナリクチ等をカットしたら、すごく美味しく茹ってた



・・・オット夕餉膳・・・


◆ごはん(つや姫白米)
◆鰹ガーリック(いんげん・プチトマト・レモン)
◆白瓜と竹輪のマヨ和え(※下記事)
◆茄子の塩もみ(※下記事)
◆牛ごぼう(ちらし寿司のを佃煮にしたもの)

◆芋焼酎の炭酸割り


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


やっぱりこの夜も頭が働かず、副菜をどうするかご飯が炊けても決まらない
最後はそのへんにあった野菜を刻んでなんとか調えた(マヨ和え・塩もみ)

美味しそうに食べてくれたから、ホッとした





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

烏賊の肝バター

2016-07-14 | オカズ・肉・魚

               


◆いか(刺身用)の身
◆蔵の素・おろし生姜

 ・輪切りにし塗す

◆いかの肝
◆醤油

 ・破らないようにとりだした肝
 ・醤油を注ぎ塗す(時間がない場合は省略)



 ・フライパンを熱し
 ・いかの身を煎る
 ・半生くらいで取りだす(汁はきりながら)

 ・続けて肝を醤油ごと入れ
 ・潰すように炒める

◆醤油

 ・いかを戻し入れ、味を整えながらからめる
 ・いかの身だけ取りだし、盛りつける

◆バター(たっぷりめ)

 ・肝ソースを少し煮つめ、バターをおとし火を止める
 ・いかの身にかける

◆あらびき胡椒(4種)

 ・挽きかける


※今回はシンプルにしたが、大蒜を使ってもいいし辛くしてもいい


・・・オット膳・・・


◆ごはん(ななつぼし胚芽米)
◆烏賊の肝バター
◆ベーコントマト
◆キムチ
◆つるむらさきのお浸し(※下記事)




ななつぼしの胚芽米を買ってみたんだけど、ポロポロ感が強い
オットは美味しがってたけど、アタシはあんまり好きじゃないなぁ

胚芽米のときは、もっと粘りのあるお米のほうがいいな


夕方、小雨のなか買い物へいったんだけど、そのへんから猛烈に蒸してきて、夕餉の仕度は地獄と化す
本当はもっとちゃんと拵える予定だったのに、これが精一杯、なんともバランスの悪い献立だが

それでもエアコンなしで頑張っていたけど、これでは寝られないと8時すぎには冷房をいれた

ふぅ~涼し、カラオケ番組をみながらハイボールをすすってしまった、そのご爆睡


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卵ポークチャップ

2016-06-15 | オカズ・肉・魚

ポークチャップってリクエストだったんだけど、いつものレシピじゃ飽きたから
ちょっと趣向をかえ、味もスパイシーにしてみた................



◆玉葱・マッシュルーム
◆サラダ油

 ・炒めて

◆水(すこし)

◆ケチャップ
◆トマトペースト
◆醤油・塩
◆ガーリックP
◆おろし生姜
◆きび砂糖
◆鶏がらスープの素(すこし)
◆ハリッサ・クミン
◆スモークパプリカ・セロリシード・オレガノ

 ・好きな味にととのえ、すこし煮つめる


   ・・・


◆豚肩ロース(なるべく厚いの)
◆強力粉

◆ピーマン

◆サラダ油

 ・カリッと焼いて(ピーマンはサッと)
 ・適当に切る


   ・・・


◆卵・牛乳
◆サラダ油

 ・とろとろの「半熟」に焼く(スクランブルエッグ)
 ・焼きたてを皿に盛りつける

 ・トマトソースをかける

 ・豚肉を盛りつけ、ソースをかける

 ・ピーマンをそえる



スプーンで、卵とソースと豚肉をすくって一緒に食べる



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピーマンの肉詰め

2016-06-06 | オカズ・肉・魚

◆ピーマン

 ・半分に切って種をとる

◆強力粉

 ・ピーマンの中に、茶こしで粉をふり
 ・ピーマンを動かしながら叩き、万遍なくまぶす


◆あいびき肉(国産)
◆炒め玉葱
◆卵

◆ケチャップ・リーペリンウスター
◆カレー粉・コショウ
◆味噌・醤油

 ・よく練って、ピーマンに詰める

◆強力粉

 ・粉を肉の表面にふる


◆サラダ油

 ・油を熱し、まず肉の面を香ばしく焼きつけ
 ・蓋をして火を落とし、蒸らし焼き
 ・ヒックリ返して蒸らし焼き



◆ケチャップ・中濃ソース・マスタード
◆醤油



コメント
この記事をはてなブックマークに追加