mitakeつれづれなる抄

普段いろいろ見聞き感じ考え、そして出かけた先で気になることを書き綴ったブログです。

中国爆買いバブルも終結

2016年10月08日 | 思索と考え
 ツイッターで知った情報です。中国からの爆買いバブルの減速が、いよいよ深刻となっているとのこと。
Yahooのニュース:三越銀座店、鳴り物入り免税店の悲しい現

 中国(大陸の中国)から日本国内への旅行が増え、その多くは良質な日本の製品を大量に買い込んでいくマスコミの言葉で「爆買いツアー」と呼ばれるもの。
 これがしばらく前から流行る、というか盛んでした。

 この現象が始まった頃のニュースでは、百貨店の高級ブランドの装飾品売り場へ、大勢で入り、しかも大量にお買い上げ、さらに電機製品店では、炊飯器など電機品をやはり大量にお買い上げで、日本はこの中国爆買いで、活路を見出すような、いわばバブルのような様子を見せていました。
 そのニュースを見て、「大丈夫かな?やがてこんな現象は収まるはず」と危惧の心を抱いたものでしたが、やはり早くに爆買いバブルの終結を見たようです。

 テレビのリポートでもよく紹介されていた、日本橋三越で免税扱いの売り場を、大勢の爆買いツアーに合わせて拡張したところ、昨今はトンと人が入らない状況だそうです。
 今年冬の、旧正月の時に、既に爆買いバブルの終焉を感じていたものですが、この10月の国慶節休暇での爆買いは殆ど無かった、ということだそうです。


 まぁ、この状況は早晩訪れるとは思っていました。
 中国は、かつての日本がやってきたようなことを繰り返しているように思います。
 かつての日本は「ノーキョーさん」と呼ばれた、農協主催の海外旅行(主に米国・仏国など)で爆買いとはいかないけど、高級腕時計や装飾品などを買いあさり、さらにホテルでは、昔の日本の悪習慣をそのまま引きずるような行いから顰蹙を買い、よって農協から「ノーキョー」と呼ばれるようになりました。
 今もこの海外高級ブランドを買いに出かけるツアーはありますが、全て個人申し込みによるツアーなので、農協などの一団体による催行ではありません。
 中国も、そのような途上ではないかと思いますので、爆買いなどはそう長く続くものではなく、そのために百貨店では日本人客よりも中国爆買いツアーに重きを置く営業はいかがなものかと思っていました。
 名古屋市の老舗百貨店(伊藤さんのとこ)でも爆買いに対応する動きを見せていましたが、こちらはそんな三越のようなことせず、一時期中国人を多く見かけた程度で、今は落ち着いてホッとしています。

 百貨店は、末永くお付き合いができる地元のお客さんを大切にすべきですね。
 もちろんはるばる中国から来た人も大切にせねばなりませんが、大量のお金を落としていくからと言って、一見の中国客よりは、じもとの日本のお客さんの方を向くべきだと思います。

 三越銀座店の状況は、そんなことをまざまざと感じます。
東洋経済on-line:三越銀座店、鳴り物入り免税店の悲しい現状
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白紙領収証がOKという不思... | トップ | 大須商店街の一角の火事から半年 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中国人の爆買い (ponta)
2016-10-09 11:14:03
 この件について最初から何時まで続くのかなって思って居ました。
 三越もやることが少し遅かったのではないかと!!
それと今迄空港以外、街中に免税店が無かった事が不思議、どの国へ行っても有るのに。
此れは政府の規制でも有ったのかな。

チラッとテレビで聞きましたが、この爆買いが少々収まり掛けたのは、中国人が日本製品に飽きが来たとか代り映えしなく無くなったとかお金が無くなり掛けたとかではなくて、中国政府が爆買いを抑える政策に転換したとの事だと云って居ました。
どんな手を打ったのか知りたいが、お金の持ち出し制限の様な生易しい事で無いかもしれない。
一党独裁国家だと、世界リーダーを狙っている○○ のやりたい様に成るし。
やはり政府が規制に舵を切ったのが大きいような・・ (しんきち)
2016-10-09 17:16:15
日本製品を持って、中国へ帰国した時の関税を、大幅に上げたのが主原因と聞きましたが。
中国政府 (kisomitake)
2016-10-10 02:13:56
pontaさん、コメント、ありがとうございます。
こんな爆買いバブルなんてそういつまでも続くものではありませんね。
そこを三越ともあろうところが何を見誤ったのか、大型の免税売り場を設け、それが閑古鳥。

中国政府が爆買いを抑える政策に出ていたのを失念していました。コメント文をお読みして思い出しました。

外貨流出の危機で爆買いを抑制するものですね。
必要な物なら国際品を買え、ということ。

それでなくとも、早晩こういう時期はやってきます。
それが少々早かったということですね。
早晩 (kisomitake)
2016-10-10 02:16:23
しんきちさん、コメント、ありがとうございます。
上のpontaさん宛にも書きましたけど、中国政府の抑制政策があったことを失念していました。

しかし早晩、爆買バブルの終焉はやってきます。それが中国政府の抑制政策で早くなっただけでしょう。

コメントを投稿

思索と考え」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。