mitakeつれづれなる抄

普段いろいろ見聞き感じ考え、そして出かけた先で気になることを書き綴ったブログです。

ハロウィン考

2016年10月31日 | 日記
 今日10月31日はハロウィンだそうです。何か昨今は、クリスマスをしのぐというか、超えるぐらい盛んなのだそうで。
 コスプレ(コスチュームプレイ)や意味不明なお騒ぎなど。
 しかし、目にしたり、ニュースになったりするのは、元来ハロウィンの一面であるもので、私がこれまでに聞き及んだお話では、古代ケルト人の秋の収穫感謝祭と共に、悪霊退散への宗教的行事だと伺いました。
 この趣旨に似たものは、日本の「大祓」ですね。大祓は半年ごとに行われるもので、季節の極値となる暑い時期と寒い時期に、半年間の穢れ祓いと次の半年間の健康を祈るもの、さらに国家安泰をも祈る行事。

 この古代に発祥したケルト人の民族的行事が、ヨーロッパに伝承され、それが米国にも伝わり、今日(こんにち)見られるようなハロウィンのもとになっていったようです。
 ジャック・オー・ランタンと呼ばれる、かぼちゃをくりぬいて、ユーモラスな顔に仕立て上げて飾るのも、どこかの何かの行事と融合したものだと思います。
 さらに、トリック・オア・トリート(Trick or Treat)で、お菓子を貰いにいくことや、仮装するのも今の日本では盛大ですが、これも何かの呪術的要素と融合したものでしょう。詳しいことは分かりません。

 が、この仮装が妙に盛大ですね。日本では。
 仮装をして渋谷の街が大騒ぎになる、というのは近年のニュースです。
 よって、私なんぞ、些か眉を顰める方なのですが、なんでもかんでも物事を否定的に捉えては前へ進みません。
 仮装も、一年に一度のささやかな楽しみの機会だと思えば、これもなかなかいいものであろうとも思います。
 昨日は一宮市内、バス乗車中に見た光景で、魔女のスタイルをした女性がベビーカーを押して歩いておられました。
 ハロウィンということで、ささやかなコスプレで外出なさったのでしょう。
 日ごろは子育てで大変な中、昨日は天気も良く、魔女のスタイルで街に出る、いいものではありませんか。
 頑張って、お母さん、と思ったものです。

 そんなささやかな楽しみである一年に一度のハロウィン。
 細かい由来なんぞひけらかすよりも、仮装して日ごろの自分ではないものを見つけるのも、有意義なことだと思います。
 ただ集団審理で、バカ騒ぎするのは、絶対にダメですが。

 過去画像から。ランの館でハロウィンの時期、灯りの庭イベントでの一コマ。




昨日の星が丘テラス。ハロウィンイベントの中で。


街中で騒ぐ人が多いという渋谷駅前交差点のライブ映像。

【LIVE CAMERA】渋谷スクランブル交差点 ライブ映像 Shibuya scramble crossing
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GPSで地震予知か? | トップ | 推進回送があるのかな・仙台... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
悪霊カボチャ祭りは、一番重要な出来事から目を逸らす為の目くらまし!? (しんきち)
2016-10-31 18:25:53
このカボチャ仮装祭り?一番問題なのは、本質的には「悪霊退散」ではなく、逆に「このイベントに関わる事により、悪霊を自らの心・魂に呼び込み」・・それによって、自らの心にオカルト的悪影響を及ぼし、精神の荒廃・腐敗ひいては、社会全体にも深刻な悪影響を及ぼす・・のではと、それが一番懸念されるところであります。渋谷などで典型的に見られるような、ルールも無視した(暴動・騒乱かと思ってしまう)大騒ぎはその表れだと。まず何より、「悪魔・悪霊」という存在は、人間の想像の産物・虚構などではなく、厳然として実在し、奴らは、悪意を持って、ひとりでも多くの人間を、不幸に陥れ、最後には破滅させようと必死に働いているのです。特にその点で日本人は大変認識が甘く、みすみすこのようなオカルト的イベントに関わり、奴らの介入を招き、自分の首を絞めている・・「飛んで火にいる夏の虫」ではないですが、愚かな行為だと思います。

それより、今日10月31日は、ご承知のように、「宗教改革記念日」!
怪しげな、悪霊カボチャ祭りなどとは、比較にならないほど重要で、全ての人類が覚えるべき日だと、個人的には強く思います。

ただ、この10月31日というのは、ユリウス暦の日付なんです。現在の太陽暦・グレゴリオ暦が最初に採用されたのは、この65年後の1582年ですから。ですから、グレゴリオ暦の10月31日の今日を、宗教改革の記念日とするのはともかく、95か条の提題の発表された日として認識し、記念し、祝うのは、厳密に言うと、ちょっとずれているんですよね。個人的には、赤穂浪士の討ち入り(実質はテロ攻撃)日を、本当は陰暦の12月14日だったにも関わらず、陽暦の12月14日に大騒ぎして祝っている?的外れな人々・・の行為に対するのと同様な違和感を感じるわけでして。ま、それほど神経質になることもないでしょうか。

念のため、1517年・つまり16世紀前半の段階で、ユリウス暦とグレゴリオ暦の間には、ほぼ10日間のずれが生じていました(現在2016年段階には、それが14日ほどに拡大しています)ので、1517年の10月31日は、もしあえて換算すれば(~当時はグレゴリオ暦の暦日は存在していませんでしたが・・)現在の11月10日頃に相当する・・・とは言えると思います。

ともあれ、この時期に、悪霊カボチャ仮装祭りよりも、真に思いを致すべき、尊い宗教改革の使命に意識を集中するのが、結局自分の利益になると思います。自分を清めるためには。長文失礼しました。
歴史の彼方で (kisomitake)
2016-11-01 03:33:46
コメント、ありがとうございます。

こうした行事は、歴史的にどこかで何かの起源があり、その一面だけが現代まで脈々と受け継がれてきたものが多く、仰る通りの本質的なものから目を背けさせるために持ち出されたものもあり、何が本来で、何がかりそめなのかはよく分からない状況です。

10月31日は宗教改革記念日なのですね。もう一つのアメーバブログを書いている時に気付きました。
日本の七夕のように、舶来のものと土地のものとがいろいろ融合して現在の姿になったものだろう、と思います。

1582年10月の空白の10日間をご存知なのですね。
これご存知無い方に説明しますと、ユリウス暦は一年が365.25日で置閏法としては、4年に1度の2月29日、実際より暦の方が進んでしまいます。
そこで置閏法を直したものが現代でも通用しているグレゴリオ暦で、これをユリウス暦の元年に遡って採用したために、10日間の空白ができました。

なかなか詳しいことを書かれておられ、私の勉強不足が露呈してしまいました。
ありがとうございます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事