mitakeつれづれなる抄

普段いろいろ見聞き感じ考え、そして出かけた先で気になることを書き綴ったブログです。

思い込みが危険(事故)への第一歩

2016年10月17日 | 思索と考え
 昨日はいい天気でした。そんな天気とは関係ないですが、家の方のバス路線で、一宮市街地の「スポーツ文化センター」停留所での出来事。
 ここは中心市街地で、一宮駅まで1kmも無い距離なので、一宮駅方向のバスには基本的には人は乗ってきません。郊外からのお客さんが降りるだけの停留所です。
 昨日の乗車便もそうで、降車客がいたため、停留所に停車したところ、左側歩道前方を行く中年のご婦人方数名が、バスのエンジン音に気付いたのか、振り返り「あれに乗ろうよと」というよなん感じで指を差して戻ってきました。
 こういうところに私はよく気づきます。しかし、運転士は気づきにくいケース。

 バスの車体左側、窓の下をご婦人の頭が通っていきます。
 しかし中扉は開かない。運転士は気づいていない様子。
 降車客3人が降りたところで、扉が開かずに動き出そうとしたので、私が一言、声を発しました。「運転士さ~ん、乗らはる人、いてますよ~」。こういう時、なぜか関西方言がスッと出てしまうのは何故か?
 と同時に、車体をどんどん叩く音、と窓の向こうから「待ってぇ」の声。
 そこで運転士は気づき、ブレーキをかけ、中扉を開けました。
 車内の他のお客さんは、ドンドンなのか「私の声に」なのか、怪訝そうな表情。

 危うく、お客さんを乗せずに発車する「運転事故」になりかけるところでした。
 あ、運転事故というものは、乗合バス運行の上での不都合があった場合のことで、他の自動車・人との事故である交通事故とは違います。
 お客さんを乗せずに発車してしまったら、行政上の罰の対象となります。(報告が行けば)

 つまり一宮スポーツ文化センター停留所では、乗る人は殆どおらず、しかもバス到着時は停留所に人がいなかったため、降車扱い中に停留所に現れた人を発見しなかった点にあります。
 運転士の思い込みですね。そもそもが、到着時に人がいなかった、というのが大きいです。

 何事も、思い込みの勘違いは排除しなければなりません。
 日ごろ、このブログで書いている、安全の点でも、「~だろう」「~のはず」などと言う思い込みは、あまりにも自己中心の発想で、思い込み以前のもででもあります。
 こうした思い込みは、本人は気づかないことが多く、それがなおさら厄介なことなのであります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阪神に阪急ができる?そごう... | トップ | 鉄道の軌道に生える草は鉄道... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ponta)
2016-10-17 12:09:13
このケースでよく声が出せました。 なかなか度胸のいる事だと感心します。
それにしてもこの運転手、注意力が不足なのか、乗客はバス停で余裕を持って待つのが当たり前なのか?

外からドアーをドンドンと叩くのだから時間的な問題は無さそう。 矢張り運転手に問題ありそう。

昔、車掌が乗っていた時代が懐かしい。この場合車掌が「ストップ願います」と、運転手に伝えたと思います。
昔は良かったなァ。 
ある種の使命感かも (kisomitake)
2016-10-18 06:05:02
コメント、ありがとうございます。

そうですねぇ。声ですが、どうもこれ、関西人のおせっかいが影響しているかもしれません。
重度なバスヲタでもありますので、乗ろうとしている人がいることを気づいていながら、そのまま発車されては、気付いていた私が何か申し訳ない気持ちになってしまいそうで、せやから「運転士さ~ん」と声を出した次第。
なので関西方言になってしまいます。

バス到着時に停留所で待っているお客さんがいなかったので、「乗車客はいない」と思い込んでいたのだろうと思います。
まぁ普通はそうでしょう。
お客くさんが突然降って涌いてくることなんていませんので。
なので降車客が済めば、早く発車したい、という気持ちが出ていただろうと推定できます。
それにスポーツ文化センターへの駐車場待ち車で、若干ですが、ミニ渋滞が起きていましたので。
こういう時に運転士の気持ちが焦りがちになります。
運転士安全教育の資料にありました。

車掌さん。そうなのですね。
車掌乗務であれば、バス発車の際は、車掌さんの出発合図で発車する規定です。今は車掌さんが乗るバスは殆どが無いですが。
車掌さんは、発車の際、停留所にお客さんがいないかを確認してから、出発合図を送らねばなりません。
この車掌業務をも運転士に兼ねたものが、ワンマンカーです。
労働安全の点から、運転士に車掌業務を兼ねるのはいかがなものか、という労働組合の主張がありました。
今はそのようなことはあまり聞かれていませんが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。