mitakeつれづれなる抄

普段いろいろ見聞き感じ考え、そして出かけた先で気になることを書き綴ったブログです。

東山動物園の鳥インフルエンザ続報

2016年12月09日 | 東山動植物園
 鳥インフルエンザの発祥が見つかった東山動物園、日常訪れているばでもあり、最大の関心事。
 弊ブログでも7日に、新聞記事を基に書きましたが、その続報です。

 12月7日夕刊記事。


 12月8日朝刊記事。


 本日9日の報道では、陽性となったコクチョウと同じエリアにいた他のコクチョウ10羽を簡易検査したところ、いずれも陰性と判断され、いまのところは拡大していないようで、まずは良かったところです。
 こうした鳥インフルエンザ発症が見つかった場合は、周辺の家禽(かきん)や卵の移動が制限されますが、周辺には名だたる養鶏場は無く、その点では大きな影響は無いと考えますが、動物園ゆえ、展示と種の保存を目的としており、他の家禽同様殺処分はできませんし、新聞記事によれば殺処分にする必要も無いとのことです。
 その点では、今のところは良かったですが、やはり今後の推移が気になります。
 9日のテレビニュース映像では、ペンギン舎の池が全て網がかけられており、野鳥は飛んで来ないようにしてありました。

 動物園の鳥類展示は、正門入って直ぐの胡蝶池に、今回鳥インフルエンザが見つかったコクチョウ、シマウマのそばの古代池にフラミンゴなど数種類、キリン舎と同じところにダチョウ、コアラ舎の横から奥に入ったバードホール(孔雀など多数の鳥類が放展示)、子ども動物園にガチョウ(アヒル?)、小鳥とリスの森に小鳥数種類がいます。
 バードホールと小鳥のリスの森は閉鎖し、ペンギンは前述の通り、池の上に網をかけて、古代池と胡蝶池の鳥は屋内退避(隔離)としているそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北陸新幹線は小浜-京都-京... | トップ | 常磐線・東日本大震災不通区... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東山動植物園」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。