mitakeつれづれなる抄

普段いろいろ見聞き感じ考え、そして出かけた先で気になることを書き綴ったブログです。

名古屋市長選挙・河村候補四選

2017年04月24日 | 名古屋
 昨日は、名古屋市長選挙の選挙期日(投票日)で、事前の大勢予想通り、河村候補が他の二候補に大差をつけて、当選確実としました。
 食事を作って、午後8時過ぎにコタツに戻りPCを開けて、Yahooにアクセスすると、トピックに当確との見出し。
 まだ8時を数分も経っていない頃でした。
 そのような時刻に当確とは、大差であろう、ということは容易に想像がつきます。

 今回の市長選挙、争点の一つが名古屋城天守閣木造再建です。
 このブログの読者様は、木造再建に懐疑的な方が多いようで、実際に市民の間でも二分されている問題です。
 天守閣木造再建となると、約500億円の費用がかかります。
 そんな費用が掛かるのなら他に回すところがあるだろう、という考えも。
 実際、その理由もわかりますが、河村さんが言うような、今の天守閣を安い費用で修復させても、また暫くすると大改修の時期が来る。しかも今の天守閣は、耐震強度が不足しているので、そこを根本的に直さないと、直ぐにまた費用がかかる。それならば、333年もった木造天守閣を今のこの時代に建てて、後世に残る城郭建築とする、という主張は十分納得できるものです。

 NHK東海webニュース:名古屋市長選河村氏4回目の当選

 河村氏、恒例の当選祝いでバケツの水を被せられる儀式、これ、バケツに氷が入っていたそうだ。Twitterに本人のツイートがありますが、「氷が入っとること、きいとらなんだ」そうで、「どえらけにゃあ応援」だそうだ。

 しかし、投票率が36.9%とは低い。10人のうち6人は投票に行っていません。
 少し前に書きましたけど、棄権も意思の表し、などという方がいますが、そんなことは絶対にありません。
 民主主義の社会の構成員である以上、選挙はほぼ義務だと捉えてもいいのではないかと思います。
 もちろん、憲法では選挙は「権利」ですが、いわゆる道義的に「義務」に近いものだろうと考えます。

 ナナちゃんもPRに一役買いました。




***追記***
 TBS News-i:名古屋市長選、河村たかし氏が3期目の当選

 3期目と有りますが、一度辞職して、その辞職にともなう市長選に立候補して当選していますので、この場合は辞職前の当選期を引き継ぐことになるので、期としては三期、当選回数としては四回で四選になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全区間JR東日本の線路で東武... | トップ | 言語リハビリ・コミュニケー... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
名古屋市長に4選河村氏 (ponta)
2017-04-24 12:54:23
 飽く迄も外野からの主観ですが。(名古屋市民で無いから)
 河村氏も今一と言う所が有りますが、あの立候補者メンバーからすれば当然の様な気がします。
 岩城氏は河村市長から副市長に任命されて、恩義が有るはず、如何して河村氏に反旗を翻すのか?何を考えているかが解りません。 私が市民でしたら恩知らずの岩城氏には絶対入れません。 組織内では不向きです。
予想はしていたものの、大差過ぎる。大阪などを笑えない (しんきち)
2017-04-24 18:28:46
名古屋市民の私にとっては、これからの生活と、大げさに言えば、命に関わる問題ですから、大変残念な結果になったとしか言えません。大体こうなるだろうとは予想していましたが、やはりがっかりです。

実は、3人のうち最下位の大田さんは、私が以前学校敷地内禁煙等の情報をメールでやり取りしていた方で、知り合いでもあり、その政治的姿勢も分かっていましたので、3人の中では一番まともと感じ、期日前投票で彼に入れてきました。消されないように、油性のボールペンを持参して。落選したものの、2万票余獲得の結果は、無名の彼としては健闘だったのではないでしょうか。

2位の岩城さんは、今の問題の多すぎる河村市政の内情を熟知していて、それを何とか是正しようと出たようですから、それ自体は問題はありません。市と市民の運命がかかっている重要な選択なんですから、言っては失礼ですが、恩義等々は二の次です。そんな例は、国政でも他国でもいくらでもあります。
しかし、いかんせん、自公の推薦と言うのが、私にとっては致命的でした。いくらなんでも、自公の推す候補に入れるわけにはいきません。

これで、我が名古屋市は、さらに悪くなっていくのか・・
河村氏も、いつまでも生きて活動を続けるわけにもいきません。くれぐれも、自分の政治目的を追求するあまり、例えば市民税減税などで一切恩恵を受けられないような、弱い立場の市民をこれ以上犠牲にしないでほしいと、強く望むしかありません。

名古屋城の件は、この結果に関わらず、相変わらず反対です。
前評判 (kisomitake)
2017-04-25 02:24:27
pontaさん、コメント、ありがとうございます。
お互い凪や市外の住人ですが、名古屋市に日常的に出かけ、日頃の位の中にあると、その行政も気になります。

なので、名古屋市ではないですが、市外から通勤などで流入される方にも、選挙権を与えようか、という意見・研究もあるそうです。
国勢調査には「日中人口」という言葉もありますので、日中の活動時間は、その市に関わる人ですね。

それは兎も角、ある意味、結果が分かっていた選挙であったかもしれません。
新聞記事にあったように、河村候補が「勝つであろうけど、どのような勝ち方か」というとっころに注目。

ところであの岩城候補は、恩知らずなのですか。
元副市長で、議会与党の推薦で立候補した、というところまでは把握していましたが。

いろんな考えの方が立候補できるのも、民主主義ならではのことでしょうか。
大差 (kisomitake)
2017-04-25 02:31:56
しんきちさん、コメント、ありがとうございます。
投票に行かれたのですね。
10人のうちの4人。貴重な一票。
しんきちさんの投票された候補は、そうなのですか、敷地内禁煙の件で。
天白区の方だと伺っていました。
選挙公報にそのような記載がありました。

河村パフォーマンスが、どうしても生理的に受け入れられない、という方がいます。
たしかにそうでしょうね。
私も、1から10まで河村推しではありません。
絶対に譲れない点もあるわけでして。
しかし、大阪の例ですが、私は維新は大嫌いです。
でも維新が主張している都構想は賛成です。
そうした是々非々で、行くしかないですね。
最大公約数(最上公倍数?どっちだ?)的な視点が必要です。
すくなくとも、河村が嫌だから投票に行かなかった、という方は行政を批判することはできません。
積極的投票行動としての「棄権」 (弐拾参番書写人)
2017-04-26 02:21:35
今回の名古屋市長選では、政党主導ではなく自主支援とはいうものの、自公も共産も(減税以外の各党)岩城氏を推しました。このため、しんきちさんのように河村氏はイヤで岩城氏に投票したいのだけど、自公が推す候補には(逆に自公支持者にとっては、共産が推す候補には)投票したくないという人もいるでしょう。

この場合、今回の選挙では、しんきちさんのように太田氏に投票するという選択肢があります。選挙公報では、名古屋城木造天守閣には明確に反対していますし、市民税減税にも反対です。この点では河村氏に対抗しています。ところが、選挙公報では隠されていますが、原発や戦争を容認しているという話が出ていました。これでは共産党などの支持者は投票できません。

あるいは、ほかの選挙では太田氏のような第三の候補者がなく、完全な一騎打ちですが、いずれにも投票したくないという場合があります。今回のように第三の候補者がいても、いわゆる泡沫候補で、投票してもどうせ死に票になるから棄権したほうがまし、という人もいるでしょう。このような場合、白票か無効票を入れるという方法もありますが、投票所へ行くのは面倒なので、棄権することになります。政治に無関心なわけではないので、積極的投票行動としての棄権といえるでしょう。

大阪では、都構想反対の住民投票では自公も共産もまとまり、都構想反対が多数となりました。でも、人を選ぶ大阪市長選では逆の結果になり、維新候補が勝ちました。これも自公と共産が同一候補を推したため、自公支持者も共産支持者も、維新はイヤだけどお互いに対抗政党の推す候補には投票したくないということで、積極的投票行動としての棄権をする人が多かったためと思われます。

私自身は名古屋市民で共産党支持ですが、実際に岩城氏の話を聞いており、岩城氏に投票しました。市民税減税は低所得の非課税世帯には恩恵がない(納税がないから減税もない)し、低所得者は非課税でなくても減税額はわずかで、定率減税のひずみで納税額が多い分、高額所得者が多額の減税となっているのです。
棄権は危険 (kisomitake)
2017-04-28 01:29:45
弐拾参番書写人さん、コメント、ありがとうございます。
市民税減税は、率で現在しますので、高額所得者ほど減税効果が高いです。
故に不文律を感じています。(私は名古屋市民ではないですが、数字のトリックでよく分かります)

しかし、危険は多く得票を得た候補を利することになり、投票所に赴き、有効となる一票を投票することが数学的に重要かと考えます。
1から10までピッタリあう候補はいません。
なので、どこか最も近くに推せる要素の方とすることになりますが。
なかなかそうはいかないですね。

コメントを投稿

名古屋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。