mitakeつれづれなる抄

普段いろいろ見聞き感じ考え、そして出かけた先で気になることを書き綴ったブログです。

芦屋が住みたい街のランクから随分下がっているそうだ

2016年10月14日 | 神戸
 昨晩、Yahooのニュースで見つけましたが、住みたい街のナンバーワンを保ってきた兵庫県芦屋市が、急落しているそうです。
神戸新聞配信記事:“王者”がなぜ? 住みたい街、芦屋が急落10位

 高級住宅地、芦屋のブランドが近年下がっているのか?という記事ですが、そんな芦屋市中全てが高級住宅地というわけではありません。
 東灘区の隣なのでよく分かる地ですが、芦屋中の芦屋といえるところは、山の方に、それこそ瀟洒なお宅が続いている六麓荘町のようなところが芦屋のイメージですが、東海道本線や阪神線の方は、どこにでもあるような住宅地です。
 阪急電車の車窓から見る、夙川駅から芦屋川駅にかけての街並みは、おしゃれですね。それがそのまま東灘区に続きます。

 そんな芦屋なので、人気の順位が下がるのはどうしたことかと不動産業界の人は首をかしげるとのことで、芦屋市役所に掲げてある市章を撤去する動きが出るほどの屋外広告物条例で窮屈な街というイメージができてしまったのかもしれないとしています。


 どこの街でも栄枯盛衰、上がる時もあれば下がる時もありますね。
 一つの話題としては「なるほど」ですが、たしかにあの屋外広告物条例は行き過ぎな感じがします。
 保育園の前に置かれた、パンダかクマさんの置物が、広告物とかで撤去するように、との行政指導があったと聞きます。
 子供たちが喜んでいるものを、杓子定規に適用していては、住みにくいです。
 高級住宅地以外は、いたって普通の街ですので、そんなお店の看板すら掲げられないようでは、人気が落ちるのは分かります。

 南芦屋浜での小学校計画が休止になったとは、人気の下降を象徴しています。
 芦屋浜とは、大阪湾沿いの埋立地にマンションが並んでいる、東京でいう豊洲(ふ頭ではないところ)や晴海、葛西の辺りのようなイメージです。東京ではその辺りのご婦人をキャナレーゼともよばれているそうですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋城・木造天守閣復元へ... | トップ | 阪神に阪急ができる?そごう... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
住めば都 (ponta)
2016-10-14 17:18:56
こんなデータ聞いた事有りますが、つまらないアンケートをする暇が有ったら他のやる事が有るだろうと言いたい。
この類で名古屋が低いランクだと聞いた事も有ります。

どんなに辺ぴなところでも住めば都と言うじゃありませんか。 今住んで居る処、生まれ育ったところが一番です。

保育園のパンダ、クマが広告物だから撤去せよとは、何とも云い様が無いね。
そう言えば、保育園の子供の声がうるさいから保育園を設置できないという町があるらしい。子供はうるさいものです。 夜遅くまでうるさいわけでないし、子供のうるさい声が聞こえれば大人も元気が出るというもの。
子供が静かだったら病気です。
私の考えがオカシイのですか?
街(都市)の魅力 (kisomitake)
2016-10-15 00:45:58
コメント、ありがとうございます。

名古屋のランクが低いは、そんな報道があった頃に、弊ブログでも取り上げました。
名古屋市の調査で、全国主要都市の魅力が名古屋市では最下位となったというもの。

街(都市)の魅力は、様々です。
単にその街自体の魅力から、近隣の施設などから魅力が高まっていく、それぞれですね。
住めば都です。

保育園での子供の声がやかましいは、昨今そんな考えの人がいるんですね。
隣の家の風鈴がやかましいで、傷害事件になったりする昨今です。
自身が発する音以外は、基本的にやかましく感じます。
逆に言えば、自身が発する音は、騒音にはなりません。

保育園の子どもの声も、自身が発する音でない以上、やかましいと感じる人が増えているのは、このご時世、出現するのは分かります。

パンダ・クマも広告物というのは、何しろ市庁舎の市章を撤去しようとしたほどの石頭(杓子定規)な運用を想定する、市職員でしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。