mitakeつれづれなる抄

普段いろいろ見聞き感じ考え、そして出かけた先で気になることを書き綴ったブログです。

名古屋市交通局の一日乗車券を2017年度に紙券に変更の方向

2016年09月18日 | 鉄道
 ツイッターで知ったことですが、中日新聞市民版記事で。
 名古屋市交通局の一日乗車券、これが現在は樹脂製の磁気券ですが、これを2017年度から紙券に変えていくそうです。市民版なので、自宅配達分には記事がありませんでした。
記事:1日乗車券を紙製に「年3000万円経費減」 名古屋市交通局

 これ気になりますので、本当はブログに記事文章を記載するのは良くないけど、引用の形で残しておきます。

引用開始
 名古屋市交通局は2017年度、券売機で販売されている地下鉄・バスの1日乗車券を、現在のプラスチック製から紙製に変更することを明らかにした。年間で3000万円の経費縮減につながるという。佐藤夕子氏(減税)の個人質問に答えた。
 交通局によると、現在のプラスチック製は1枚当たり15円前後の費用がかかるが、紙製になると、2円前後で済む。
 駅長室などで販売する券は、改札の機械を通す際に日付が印刷される仕組みのため、これまで通りプラスチック製のままとする。券はいずれも使い捨て。
 二神望・交通局長は「コスト縮減の観点や他都市の導入状況を踏まえ、紙券とするため、準備を進めている」と答弁した。交通局は年内にも外国人観光客向けに、日本語と英語を併記した1日乗車券も販売する方針。

引用終了

 当該の券は、共通一日乗車券(地下鉄+バス、850円)、地下鉄一日乗車券(740円)、ドニチエコきっぷ(620)です。
 2017年度から、地下鉄駅の券売機で発売する一日乗車券とありますので、駅長室で発売する分は、従来通りの樹脂製とありますので、地下鉄券売機発売から、改札口発売にするようです。改札職員、手間増えるなぁ。
 ちなみに、駅長室ではドニチエコきっぷは、発売していません。


 この件の情報はこれだけで、他からの情報が無いので、憶測ですが、この9月から敬老パスがIC乗車券化されたので、残るサイズの大きい磁気式切符は、一日乗車券だけとなりました。
 改札機のメンテナンスも普通乗車券に対する部分と、サイズの大きい定期券では、改札機内部の搬送など処理装置が少し異なりますので、一日乗車券だけのものになりました。
 そこで改札機の構造を、普通乗車券タイプ専用にして、メンテナンスの経費削減もあるようです。

 新聞記事では地下鉄駅券売機発売分で、バス一日乗車券には言及がありません。共通一日乗車券もバス一日乗車券も、日付印字前最初にバスに乗る際は、バスの料金箱のカード挿入口に入れて日付を印字しますが、これもユリカが無くなった今、全く一日乗車券だけのために残されています。
 バスの料金箱は振動で部品のメンテナンスが重要で、できたら無くしたいところです。
 このバス一日乗車券がどうなるのか、そこが気になります。

 地下鉄駅で発売する一日乗車券は、上記の通り、三種類です(共通・地下鉄・ドニチエコきっぷ)。
 券売機にカード原券というものが収められて、利用者の操作ににより、券面に券種を印字して発行します。
 このカード原券が欲しいのですが、そんなの絶対に手に入るはずもなく、新聞記事に画像がありましたので、載せておきます。

 この絵柄の下の部分に券種の文字を印字して発売で、日付は裏面に利用時に印字です。


 おのカード原券の費用がそこそこかさみ、この費用を抑えたい、との方針のようです。

 共通一日乗車券は、かつて紙券で発売されたことがありました。名古屋市交通局の共通一日乗車券は、昭和58年の運賃改定(交通局の場合は料金改訂と称す)で登場したもので、その当時は乗車券発行所のみの発売で樹脂製の磁気券だけでした。
 その後、乗車券発行所だけの発売では極めて購入しにくく、市内のバス停そばにある、乗車券委託発売所でも発売することとなり、委託発売所では紙製の共通一日乗車券が発売することになりました。委託発売所では、定期券発行機が有りません。
 さらにその後、一日乗車券の仕様変更で、乗車時に日付を印字することとなり、前売りができるようになり、市バス車内でも発売できるようになり、委託発売所と市バス車内では、駅長室で発売分と同じく樹脂製の券を発売で、その時点で紙券の一日乗車券は無くなりました。

 この例から推測すると、新聞記事では言及が無かった委託発売所での発売分も樹脂製の磁気券のまま残る、と解釈できます。


 もう少し言うと、紙券などという貧弱なものではなく、他都市で行われているIC乗車券に一日乗車券情報を載せられないか、と思います。
つまり手持ちのmanacaに一日乗車券情報を書き込むもの。紙券では、紙を用意し印刷し、さらに発売時には日付のハンコが必要です。
IC乗車券だとソフトウエアの改修がひつようですが、その初期投資のみ。カード原券の制作費用などの費用はかかりません。
 紙券にするのはある意味、時代を逆に行くような感じです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勝手踏切と勝手に言われるけ... | トップ | 海に近いからサーフィンなの... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (stakenaka)
2016-09-18 14:37:20
営団東京メトロの1日乗車券は、前売りはプラスチック製ですが、当日券は磁気券の軟券です。以前1日乗車券を買ったときはA型券の通常のきっぷと変わらない軟券が発券されました。今だとマルス券と同じサイズが発券される場合もあるようですが。
都営1日乗車券のバス車内発売分は非磁気券だったので、地下鉄乗車時は有人改札通過になっていました。
名古屋市の1日乗車券は非磁気券ではないと思うのですが、バス車内発売分は、どうするのでしょうか。
細かい事ですが・・ (しんきち)
2016-09-18 17:56:38
こんにちは。揚げ足を取るようで申し訳ありませんが、ドニチエコきっぷは、600円ですね。バスの一日乗車券と同じ価格。

敬老パスに続いて、大きなサイズで残っていた「福祉特別乗車券」も、この11月1日から、ICカード・マナカ化されますので、その後は、仰るとおり、一日乗車券類だけになります。確かに、全乗車券のIC化というのも、ひとつの方法ではありますね。韓国などのように。

名古屋市内の、地下鉄の駅(入り口)から、徒歩1分15秒の所に住む私ですが、、そう言えば、もう久しく、地下鉄の、無論バスもですが、一日乗車券類を使っていません。鉄道に興味はありながら、つい手軽なオードバイを使ってしまう。困ったものです(苦笑)
都バス一日乗車券 (kisomitake)
2016-09-19 02:56:27
stakenakaさん、コメント、ありがとうございます。
営団地下鉄の一日乗車券は使ったことが無いので、東京メトロとなった今も、正直分かりません。

普通乗車券サイズでも、改札機に挿入するだけなら、十分使用に耐えられますね。

都営バスの一日乗車券は、パスモに一日乗車券情報を載せる(書き込む)方式だということだそうdす。
なので、車内での取り扱いもできます。

名古屋市交通局の一日乗車券は、これらの例から、おそらく現在の通り、樹脂製の磁気券になると思います。
福祉特別乗車券も (kisomitake)
2016-09-19 03:04:08
しんきちさん、コメント、ありがとうございます。

ドニチエコ切符の発売額は失礼しました。
なごや環境切符時代の記憶でした。
バス車内発売のさいのつり銭を考えると、20円の端数は余計ですね。
そのドニチエコ切符も共通一日乗車券も、すっかり使わなくなりました。
体が不自由になり、バス乗り回しがやりにくくなって、退院以降にドニチエコを使ったのはほんの数える程度。
財布の中に、未使用の一日乗車券が何枚か入っています。
正真正銘、不良債権化してます。

で、福祉特別乗車券も、IC乗車券化なのですね。

地下鉄駅の出入り口から、1分15秒の所にお住まい。
しかし、新しい地下鉄線の駅は、地下構内がやたら広く、出入り口階段を見つけ、下に降りても、改札まで遥か遠く、という駅もありますね。

Unknown (はくたん)
2016-09-20 00:06:34
以前伊予鉄の路面電車でIC限定で1日の乗車金額が1日乗車券の金額を上回ると自動的に1日乗車券になるサービスがありました。これなら運転手も乗客も手間いらずだったのですが、廃止になってしまいました。

札幌市営地下鉄は、磁気カードから当日販売の券売機で日付が入った切符にしました。名古屋市交通局もそのような感じになるのかなと思います。

バスだけならスクラッチ式もありかなと思いますが、前乗りだと無理ですね。
スクラッチ式 (kisomitake)
2016-09-20 02:23:18
はくたんさん、コメント、ありがとうございます。

ICカード乗車券で、一日の累積利用金額が一日乗車券発売額を上回ると、自動で一日乗車券としてそれ以上の金額減算を行わないシステムがあった記憶ですが、それは伊予鉄で、しかも過去のことだったのですね。

スクラッチ式の一日乗車券では、過去に名古屋市交通局で記念一日乗車券で存在していました。
今のように改札機又はバス車載器で日付を印字する以前のシステムの時代、イベント絡みで特別な絵柄の利用期間限定の一日乗車券を、スクラッチ式で発売したことがありました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。