mitakeつれづれなる抄

普段いろいろ見聞き感じ考え、そして出かけた先で気になることを書き綴ったブログです。

元号の平成は30年までかも

2017年01月12日 | ニュースな話題
 このところ大きくメディアで報じられていますが、現の今上天皇陛下が退位の希望を出されていることを受け、平成30年の最後の次の日、すなわち翌年の元日に皇太子殿下が天皇に即位し、新元号をスタートさせる案が出ているそうです。
 メディアが多く、ニュースソースは省略します。というより、中日新聞記事をスキャナ取るのを後回しにしていたりと。

 つまり2019年元日に譲位(即位)が行われて新元号を施行するのは、国民生活の影響を最大限に避けるため、だそうです。
 元号を用いる日本では、明治維新以降は天皇一世一元号の決まりとして、天皇の代替わりがあると、元号も新しいものに定める規定があります。
 明治維新以降のものですが、明確に明文化されたものは無く、昭和の末期になって定められたものと記憶しています。
 天皇の代替わり=先代の崩御、なので、決して望まれることではない上に、年の途中で元号が変わる不都合さがあり、現今上天皇が退位を望まれ皇太子殿下が新天皇に即位となれば、事前に新元号が定められることとなり、国民生活に影響が無かろう、ということで、2019年の元日に新天皇の即位と新元号を施行しようという案が出来ました。
 新元号は、来年の夏ごろまでに定めて、国民に周知し、平成30年大晦日の翌日からは、新元号元年が始まる見込み、ということ。

 そこで新元号は何になるかの話題が多く、かこの元号に用いられた文字は何が多いとか、出典は何か、など元号の話題が豊富。
 ちなみに現在の平成に決まった大きな理由は、他の候補にあった、「修文」「正化」は、アルファベット一文字略号だと「S」になるので、昭和と紛らわしく、最終的に平成になったのは、アルファベット略号は「H」だから、ということだと制定当時のニュースを覚えています。
 なので新元号は、さ行、た行、は行、それに、ま行も避けた方がいいですね。

 この情報、一昨日夜にツイッターのトレンドで「平成30年」というのが現れ、何だろうかと見てみたら、新元号移行のニュースでした。
 ツイッターで最初の一報に触れた次第です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋市中村区黄金通の読み... | トップ | 平山晶子さん演奏会 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もういい加減・・ (しんきち)
2017-01-12 22:39:04
ひと言だけいいですか。

ちょうど良い機会ですから、明仁氏の引退に合わせ、この「元号」なる、盲腸みたいな代物、すぱっと廃止~が最も良策だと思います。ぜひそう願いたい。天皇制の「廃止」とは異なり、法律1本廃止すれば済むことですから(多分)。

少なくとも、私は個人的にそうさせてもらうつもり。今でも、個人的には、西暦しか(+ユダヤ歴もですが)使っていませんが、この機会にさらにそれを徹底しようかと。皆さんも、そうしませんか。
日本人は、呪いから解放されるべきですよ。
西暦派 (kisomitake)
2017-01-12 23:57:33
コメント、ありがとうございます。

そうですね、元号か西暦か、ですけど、私個人は西暦派です。
これまでのブログ文章を見て頂ければわかる通り、私は西暦が先に来て()内で元号表記という文章スタイルにしています。
特別な思想ではありませんが、西暦派なので、元号がどうなっても、一向に差し障りはありません。
それに歴史の中にあったような、天皇が随時元号を変えて頂いても特に、気にはなりません。
西暦を使っていますので。

ただこれを廃止となると、どうなのかなぁ
我が国文化でもありますし、645年以来のものをここで打ち止めというのも、どうかとは思います。
こういうのを消極的賛成派とでもいうのでしょうか。
元号は欲しい (ponta)
2017-01-13 13:41:30
 いろいろ意見が有りますね。   若い人ほど西暦で良いと言われますね。
 今の私はいちいち○○○○年は明治何年、大正何年と換算しないと、ピンと来ないです。 特に報道など西暦下2桁しか書かないのでアレと思う時が有ります。
 関東大震災は大正15年とピンときますが西暦は何年と言われてもね。 終戦は昭和20年とすぐ言えますが、え~と45年、とすぐ出て来ません。 今後は慣れと思いますが、過去の事はねェ。
時々今年2017年が出てこない時が有りますから、役所で住民票を取る時は頭を抱えるでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。