mitakeつれづれなる抄

普段いろいろ見聞き感じ考え、そして出かけた先で気になることを書き綴ったブログです。

フラリエで名古屋市営バスのハートのイベント

2017年02月11日 | ランの館
 久しぶりに、ランの館カテゴリで書いてみます。
 名古屋市営バスでは、保有する車両の中に、ハートの形した吊り革を設置して「ハートを掴もう」という趣旨で、バスを走らせることになり、そのオープニングのイベントが11日、旧・ランの館、現・フラリエで開催されました。
 ランの館時代は、私の隠れ家として、よく訪れていましたが、無料化で内部が変わってしまい、隠れる部分が無くなってしまって、昨今は足が遠のいていました。
 このハートのバス、プレイベントがフラリエで開催されるということで、久しぶりに訪れてみました。

公式の案内です:~幸せつかもう!ハート★バス~ハート型の吊り革をつけた市バスが運行します(★の部分はハートマーク)

 朝から雪の天気で、出かけられるか危ぶまれましたが、昼近くになって止み、無事出かけられました。
 名古屋駅バス停からフラリエへ行くバスに乗車中も、思いっきり雪が降り始め、フラリエバス停から、フラリエの屋根のあるところまで最短距離で行こうかと考えるうちに、栄から南へ降りる途中に雪は止み、何事も無く、フラリエへ到着。

 フラリエの中庭に、バスがいました。
 どうやって、搬入したのか気になっていましたが、全長の短い小型バス。


 正面には、ハートバスのステッカー。


 運転台に、ハートの風船で幸せ感。これはイベントでのディスプレイですね。


 これが、ハートの吊り革。中扉のお向かいの位置に、一つだけあります。


 このイベント、つまりはお絵かきバスのお絵かきイベントでした。


 

 名古屋市営バスは、毎年、次年度に廃車となる車両のうち、二両をお絵かきバスとして、イベントで絵を描いてもらい、一年間走らせる企画があります。
 それの一台がこれでした。お絵かきバス+ハートの吊り革バス。
 NSF-1、御器所の車両。


 この車両は、2月14日から1年間の運行。


 中巡回系統にも使用される車両なので、私が遭遇する可能性はかなり高いです。しかも中扉のお向かいの席に座りますので、頭上にハートの吊り革になります。


 車両全景。


 ハートのバスは、この車両の他もう一両が用意され、さらに吊り革だけを一つ、ハートの形したものに取り換えた車両を26台用意して、市内各系統に充当されるそうです。

 ところで、フラリエですけど、私が隠れ家にしていた、若宮大通沿いの元モデル展示棟、フラリエで言う北ウイングの棟、私が落ちつけた部屋には、ショップが入っていましたが、どうも一店が撤退した感じで、以前訪れた際(フラリエ化後で)より少し違っていたような気がしました。

 今のフラリエのビジネスモデルは、(財)名古屋市みどりの協会が運営を受託し、テナントの収入でフラリエ全般の費用を賄う形です。
 なので、以前の市営当時のような経費を使えず、各所で簡素化が見られます。
 池のある周囲は、深山幽谷の雰囲気に花が咲く、中々いい雰囲気でしたが、土が露出する部分もあり、寂しく感じています。
 元・大温室にはランなど花は少なく、個人的には、足を向かわせようとする要素は少なくなっています。

 寂しい話ですが、そんな所です。
 春になれば、葉の色が変わるチャンチンフラミンゴや、小さな花のハナズオウも咲きますので、その際には訪れてみよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋~大阪間の夜行バス | トップ | 信号付きの横断歩道も危ない »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (空想委員)
2017-02-14 06:14:47
このイベント、きそみたけさんがいらしていたのですね。私も行けば面白かったかな(笑)

フラリエですが、私はランの館時代は1回か2回行ったことがあるだけですが、フラリエになってからはたまに利用するようになりました。それだけに、「無料化で足が遠のいた」という記述には最初驚いてしまいましたが、確かに”隠れ家”には使えなくなってしまいましたね……。これは前に話題になった「スタバ図書館」のときにも考えたことなのですが、とにかく利用客数を増やすことが施設の至上命題になりがちな昨今、「自宅の外で静かに落ち着くことのできる場所」を都市の中に整備・維持していくことについて考えていかなければと思いました。
寛ぎ空間 (kisomitake)
2017-02-14 21:41:23
コメント、ありがとうございます。
無料になって、行かなくなった、とは、不思議なフレーズですね。
やはり有料の、ランの館時代は、それなりに貴賓(気品?)ある空間。
また足を運んで暫く居よう、という雰囲気でした。
そこで年パスを買い、隠れ家として、読書空間や持参のPCで作業をしたりと、書斎のような使い方でした。
若宮大通沿いの建物には部屋が四部屋ありますが、うち一番西のライブラリ、図書室の一角が私の定位置。
他の三部屋は、リビングルーム、サンルーム、ダイニングルームで、豪華なソファがあり、他の入館者はソファに腰掛けて(身を沈めて)いたりしていましたが、私はソファは苦手で、図書室にあるような直角の堅い腰掛に、テーブルがある、ライブラリが好みでした。
このランの館カテゴリには、過去のランの館時代のいろいろが記してありますので、宜しければご覧ください。
名古屋市の事業仕分けになった際の存念や、議論されているところの食い違いについて、私の意見も書いてあります。

市バスイベントは、午後2時ごろから現地にいました。
知っている顔がいるかな?と思いましたが、すれ違いだったようでした。

コメントを投稿

ランの館」カテゴリの最新記事