緑陰茶話   - みどりさんのシニアライフ -

エッセイとフォト

日々の発見と思いのあれこれなど

千住真理子さんのリサイタル

2016年10月17日 | お出かけ

昨日、兵庫県立芸術文化センターに千住真理子さんのバイオリンリサイタルを鑑賞しに行ってきました。


兵庫県立芸術文化センターにはホールが大中小と三つあり、リサイタルは小の神戸女学院小ホールでした。
小ホールには初めて入ったのですが、すり鉢状になっていて、すり鉢の底の部分が舞台になっています。

チケットは頂き物だったのですが、すり鉢の一番下という良い席。
4メートル先に千住さんがいます。
ちょうど真横から千住さんを見る位置です。

リサイタルの曲目はバッハを中心に無伴奏での演奏。つまり、舞台上には千住さんしかいません。
クラシック音楽は、私はよく分からないのですが、上質なものはよく聞いておくべきだと思い、耳を傾けました。
パガニーニの曲もあったのですが、技術的に凄いということは分かりました。

見る方もしっかりと見ていました。
千住さんは肩を出した秋らしい色合いのドレス姿でした。

真横から見るのでよく分かったのですが、バイオリンを弾く時は少し腰を落とし気味にし、頭は前に出し気味です。
首、肩、腰に負担がかかりそう。

私もせっかくなのでおしゃれして出掛けました。昨日は暑くてそれだけでも大変でした。


ですがこのモミジ柄の着物、どうにも着づらいのです。
リサイクルで仕付け糸付きを買ったのです。以前にも一度着たのですが、とにかく身幅が広すぎて着づらく、いつも着物の手入れをしている呉服屋さんで相談したのですが、着方の問題で手直しする必要なしと言われました。

私は20代の頃、着物の着付け教室に通いました。
その頃の着付け教室は、大きすぎる着物の着付けも教えてもらえたので、大きい着物もそれなりに着られるのですが、それでもこの着物は私の手に負えません。
このまま箪笥の肥やしになりそう。


『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二度の広島・岡山旅行 「小... | トップ | 親のお金 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (keba)
2016-10-17 16:40:58
紅葉のがら、季節感たっぷりですね。
洋服でもサイズは外から見ると全く問題ないけど
着心地がなんとなく落ち着かない、っていうのがあります。
そうそう、結局はタンスの肥やしになり、断捨離されるの。

芸術の秋、堪能されてますね、羨ましい
千住真理子さん (うらら)
2016-10-17 17:57:59
ラジオ深夜便で千住真理子さんの出られるコーナーがあって毎月欠かさず聴いています。
人間的にも素晴らしい方ですよね。
お話からそれが感じられてファンになりました。
ご自分で車を運転して会場まで行かれるそうです。
高価なバイオリンをもっていらっしゃるので観光も勿論、食事も外でゆっくりできないのだそうです。
いろんなご苦労もあるそうですが、バイオリンが幼い頃から大好きだとおっしゃっていました。
日々の練習時間も相当なものだそうですね。
生で聞かれて良かったですね。

和服姿素敵ですよ。
千住真理子さんの目にも止まり喜ばれたことでしょう。
みどり様 (晴れのち曇り)
2016-10-17 17:58:26
芸術センター、行ったことがあります。
周辺も綺麗に整備されていました。

季節に合わせた和服、素敵です。
帯と帯締めが着物の色合いを引き立てています。

みどり様がもう少し体重を増やせば解決すると
思うのですが(笑)
箪笥の肥やしなんて勿体ないですよ。
兵庫県立芸術文化センター (しまそだち)
2016-10-17 22:52:08
素敵なコンサートにいらしたのですね
千住兄妹 どなたも芸術を極めた凄い兄妹たちです

それに兵庫県立芸術文化センターも佐渡裕さんが、さんが
芸術監督で
彼が 中高生で構成したオーケストラのことをTVで見ては、感動のです

お上手に着こなしていらっしゃる
きっと未だ若い生地の所為では、ないでしょうか
何度も手を通しておれば、ご自分に馴染んでくるとおもいますよ
秋にピッタリです
keba様 (みどり)
2016-10-18 10:53:08
確かに、季節的には「今でしょ」って感じの着物なんですが、この着にくさの理由が分からないと思うほど、着づらいんです。
(´;ω;`)ウッ…

芸術の秋、分かるほど高尚な人間じゃないんですが、良いものに触れる機会は逃したくなく行ってきました。
ストラトヴァリウス?馬の耳に念仏の世界でした。(笑)
うらら様 (みどり)
2016-10-18 10:59:53
千住さんのファンなのですか。
美しい方でしたよ。

バイオリンですが、この日も、そのバイオリンの生誕300年記念してのリサイタルでした。
ウン千万、下手すれば億単位のバイオリンを持ち歩いていれば、気が気じゃないでしょうね。

和服、もし見て喜ばれていたのなら私も幸せです。
晴れのち曇り様 (みどり)
2016-10-18 11:07:14
体重を増やせば・・・確かに。
でも太る時って下半身ばかり脂肪がついて上半身は変わらないので・・・。
この着物、いわゆる衣文掛け体形の人には合いそうな・・・。

生地は光沢があってしっかりしているので、ほどいて小物を作ったら無駄にならないなんて考えてしまいます。
晴れのち曇りさんなら何を作ります?
しまそだち様 (みどり)
2016-10-18 11:12:30
千住兄弟、洗練された雰囲気の方々みたいですね。憧れます。
私は画家になられた方の絵が好きですよ。

生地が若い。それもあると思います。
こなれる程着るのはしんどいです。(^^;)
華やか (nana)
2016-10-25 07:42:31
まぁ~、きれいなお着物ですね♪
千住真理子さんのバイオリンコンサート、素敵でしたでしょうね。
私は着物のことは全くわかりませんが、
演奏会にふさわしく、華やいだ気持ちになりました♪
nana様 (みどり)
2016-10-25 10:56:16
私、クラッシック音楽のことはよく分からないのです。
でも、千住さんのリサイタルは雰囲気だけでもとても素敵でしたよ。
見ていて、技術も凄いのは理解できました。
当然でしょうけど、とても努力し続けているのだと思いました。
お着物は、こんな時しか着る機会がないので着ていきました。
少しでも色を添えられたのなら嬉しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。