ドラマ 喰いタン あらすじ・レビューページ

日本テレビ番組「喰いタン」紹介ページ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドラマ 喰いタン  第三回 2006年1月28日放送 あらすじ&レビュー

2006-01-28 23:15:02 | ストーリー&レビュー
涼介、いつものようにバイクで出勤。ホームズの扉を開く。チェロを弾いている高野。
京子、電話を取り、喜んでいる。テレビジャパンの「クイズ。グルメで迷宮」への出演に当選したらしい。収録は一週間後。高野、クイズは苦手だと言うが、
「美味しい料理があればどこへでも行きます。」

撮影当日、ハジメも連れて現れた高野達。早速、名物のシオドメロンパンに舌鼓。
その頃、緒方は殺人事件の現場にいた。死体のそばには「グルメで迷宮 公開入場券」があり、携帯の留守電には「計画通りやる。汐留で会いましょう。」と残っていた。一同はテレビジャパンに急ぐ。
汐留では、スタジオに入るやゲストのマダムダンを見つけ、興奮する京子とハジメ。食ってばかりの高野をいさめる涼介は、後輩の森山ひとみを見つける。番組のフードコーディネーターをしているらしい。懐かしさにふける二人。
収録は4時には始まった。マダムダンのゲストのコーナー中、卵白とゼラチンでショーアップした生ビールを飲んで機嫌を悪くする司会者川上。休憩が入る。川上はひとみを叱りつけて楽屋に消える。マダムダンは、「川上は下品な男だから気にすることない」と言い、ひとみを慰める。のど薬を飲むマダムダン。
川上は気を取りなおし、クイズは再会。盛り付けられたイクラを本物かどうか見分けるクイズの最中、川上はいきなり咳き込み、倒れてしまう。医者によるとそばアレルギーの発作らしい。幸い命に別状はなかったが、この日番組に出てきたメニューにそばはない。緒方達は、フードコーディネーターのひとみが川上にセクハラをされている恨みにそば粉を混ぜたのではないかと疑う。
「そば粉が入っていたことに気がつかなかった自分が、プロとして悔しい」と、涼介にもらすひとみ。
その時マダムダンが、持っていたダイヤが無くなったと騒ぎ出した。川上に発作を起こさせてその隙にダイヤを盗んだのではないかと、ひとみはマダムダンにも疑われる。
「そば粉がどこに入っていたのかを調べたら犯人に近づけるんじゃないですか?」と京子は緒方に言う。高野を使って協力費用を頂戴・・・というわけだ。
「ひとみちゃんの為に食ってくれ。」といつも高飛車な涼介が頭を下げる。
「まかせてください。」高野はマイ箸を取り出して食べ始める。
楽屋に入っていた物から、キングサーモンのムニエル、トンカツ、どれにもそば粉は使われていなかった。そして最後のステーキ。
「そば粉は入ってませんね。」高野はぱくぱく食べてしまう。すでに館内の人間はボディチェックが終わり、ダイヤは見つかっていなかった。
高野によれば、そば粉は入っていないが、ステーキソースにそばが入っていると言う。「トマト、コンソメ、ケチャップ、マヨネーズ、ウスターソース、しょう油、コショウ、メイプルシロップ・・・」高野はソースの材料を次々と言い当てる。そして、「ハチミツを入れませんでしたか?」
そばの花のミツを集めたハチミツは、そば粉アレルギーを引き起こすというのだ。普通の人間では分からないという。ひとみはハチミツを入れていないと否定するが、状況は悪いみたいだ。
「ひとみ。俺はさ、俺なりに目をかけてきたつもりだ。そのお返しがこれか?」川上はひとみに言う。
「ひとみちゃん。嘘だよね・・・」涼介はうなだれるが、こしょうのビンが割れた時、マダムダンが喉の薬を飲んでいたことを思い出し、それがそばハチミツではないかと言う。罵声を浴びせて怒るマダムダン。
その時高野は立ち上がり、卵白とゼラチンが入った生ビールをごくごく飲み始める。
「マズそう。」と涼介達。
高野は、泡に入りこんでいたニセのダイヤを発見する。「これはマダムのダイヤに間違いありませんか?」「間違いないわ。」とマダムダン。
「これで分かりました。ステークソースにそばハチミツを入れたのは、マダムダン。」
高野は断言する。ハチミツを入れ、騒動の隙にダイヤが盗まれたと言って保険金を取る目的だったらしい。ダイヤモンドの熱伝導率では、もっと冷たく感じるはずだと、高野はダイヤを噛む。ガラス玉のダイヤは、割れてしまった。マダムダンは連行されていった。
高野は、ひとみの熱心な仕事振りを川上に教える。川上はひとみに謝り、一件落着。
「涼介君。事件を解決に導いたのは、君の優しい心だったね。」と高野。
結局、殺人事件は心筋梗塞の突然死であり、クイズ番組とは関連がないことが判明、緒方達は引き上げる。
再び番組が始まる。500万円の掛かった問題だ。
「料理のさしすせそ。さは砂糖。しは塩、すは酢、せはしょう油、ではそは?」
「そば。」涼介は、とっさに答えてしまう。

「なんでそばなのよ。味噌でしょ味噌。」
後日、テレビの放映を見ながら、京子はぶつぶつ言っている。
その時、ひとみが、番組で使った野菜を持ってやって来る。涼介はひとみを追いかけるが、振られてしまい。一同は野菜をかじる。「うん。おいしい。」

レビュー
高野が大人と若者の仲裁役になり、若者達の熱意と思いやりで事件を解決するという回である。迷宮番組に起きた迷宮を軸に、一時の騒乱に青春の想い出をからめ、「そば」でズッコケさせた。評価点としては掛け合いの面白さ、面白くなくなりそうな場面でのたて直し方などになるが、軽快なテンポに洒落たセリフのアメリカ的なノリではなく、どちらかというとなにわ節みたいな人選になった。ただ、彼らの連帯感がなんとなくクラい雰囲気にキッと活路を開き、地盤沈下を防いでいる。来週もまた青春の道標って感じか。多少ワンパターン風のきらいはあれど、それは見逃していいさ。



ブログランキング宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。

テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
http://mitachan.seesaa.net/

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ 喰いタン  第二回 20... | トップ | ドラマ 喰いタン  第四回 20... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
喰いタン 第3話 (自己満族)
第1話の野暮ったい感じは完全に払拭されました。気軽に観れるドラマになった感じです。今回は勉強しながら観てましたが、特に苛立ちもなかったし。 涼介(森田剛)の後輩役の女優さんは初めて見ました。須藤温子さんというらしいですね。第7回全日本国民的美少女コンテ.
「喰いタン」 第3話 (仙丈亭日乘)
クイズ番組に出場した喰ひタン。 そばアレルギーの司會者が發作を起こして倒れるハプニングがあり、 その間にゲスト女優のダイヤモンドが無くなるといふ事件が發生した。 そばアレルギーの司會者が發作を起こした原因は何か? ダイヤモンドを盜むためにわざと發作を起こさせ
【ドラマ雑感】 喰いタン (File.3) 「クイズ番組で食いまくる!?」 (気ままなNotes...)
 喰いタン(第3話)◇聖也(東山紀之)と涼介(森田剛)が賞金を懸け、料理を扱うクイズ番組に出場する。涼介は、学生時代の後輩の瞳(須藤温子)がフードコーディネーターとして裏方で働いていると知り、大張り切り。ところが番組の収録中、司会の川上(平泉成)が苦悶の
●喰いタン#3 (ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中))
-お気楽ドラマに深くを追求するのは、無理なのだろうな。 アレルギーを扱ってたわりには、中途半端。クイズ形式に盛り込んだことや、女優の保険事件まで取り入れて、散漫になってた印象だった。せっかく取り上げたことだから、アレルギーについて、一話にまとめてみても良か
喰いタン File.3 (どらま・のーと)
『テレビ局を食い荒らす!』 優勝賞金500万円を目指して、聖也(東山紀之)と涼介(森田剛)が、 料理を扱ったテレビのクイズ番組に出場する。 涼介は、学生時代の後輩・森山瞳(須藤温子)がフードコーディネーターとして 裏方で働いていると知り、大張り切り。 ところが
「喰いタン」3話~テレビ局を食い荒らす!~ (アンナdiary)
ソバの花からとったハチミツをちょいと入れただけで、あんな発作が起きてしまうもの ・・・・なんだ?(苦笑)だけど聖也(東山紀之)食い過ぎ!ヒマさえあれば食べてるし。シオドメロンパン、美味しそう~食べてみたい。今日のツボはラスト、涼介(森田剛)の後輩・森山瞳
「喰いタン」第3話  泣かないで!森田剛・・・ (くつろぎ日記)
アレルギーを持つって大変だと知った今週回でしたね。身近に喘息のアレルギー があったり、特定の食べ物でかゆくなったり蕁麻疹ができたり。よく聞きますが 死に至るショックという深刻さまで思っていないところがありました。最近TVの ニュースではキスをしたらアナフィ