お茶と胡麻せんべい

今年もひきつづき「新選組!」や新選組に関することを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ぐっさん家」見ました

2005年06月08日 | テレビの感想
この番組、初めて見ましたけど、なかなか面白いですね。
番組の雰囲気は70年代を基調にしているみたいで、懐かしさが溢れてきましたよー。
まず、ぐっさんの家として扱われてるアパートの部屋、いいですね。
何気なく置いてある物がみんな、古くて懐かしい。
台所の炊飯器なんて、もち手が二つあるガス釜ですよ。
今でもああいう建物が使われているのはうれしいなぁ。
まぁ、その部屋にヤマコーが訪ねて来たわけなんですが・・・。
ピンポーンと来たかと思ったら、そのままピンポン連打!
まるでクイズ番組の正解音みたいで、ぐっさんも「正解!」とノリツッコミ。
そして部屋の中でいつものギターセッション。
それからいろいろな曲をギターで弾いて、歌ったり。
ヤマコーの「サボテンの花」良かった。
ヤマコーも出ていた「ひとつ屋根の下」の主題歌ですもんね。
できればカットしないでもっと続きを聞きたかったくらいです。
ウケたのは寺尾聡「ルビーの指輪」。
ヤマコーがギター本をめくっていて、それで弾いてみようと思ったんでしょうね。
ちょろっとさわりだけ弾いてみた感じでしたが、ウケた。
できれば歌も歌って欲しいところでしたよ。
最後に玉置浩二と井上陽水のデュエット曲をハモって歌ってました。
二人とも歌が上手ですし、声の質を合わせてハモってました。
これ、もうちょっと練習したら完璧ですよ。
CDも出せそう。
さすがプロです。
で、ギター弾いたり歌ったりしていてご近所が気になったヤマコーは「これ音、響いてませんか?」と確認。
それに対してぐっさんは「下の人も音楽好きのおっさんやし大丈夫」と。
それを聞いたヤマコーは突然大声で熱唱モードに。
ぐっさんはあわてて窓を閉めようとしてました。
面白かった。

そのあと「メシ食いに行こう!」ということになって、ぐっさんおすすめの中華料理店へ。
移動はぐっさんの運転のジープ。
ジープの幌を取って乗るのは初めてと言って興奮気味のぐっさんに対して、「どうでもいい」と言い放つヤマコー。笑った。
そして車中で聞くテープをスタッフさんがリミックスして作ってくれたそうで、そのリミックスが70年代風でしかもぐっさんの声が入ってたりしてめちゃカッコイイ!!(もちろん寺尾聡入り)
二人もあまりのかっこよさに感動していました。
中華料理屋さんでは麻婆豆腐やチャーハン、イカ団子、それと坦々麺を「これすごくおいしい」と食べていました。
そしてぐっさん家ではぐっさんとスタッフのおじさんたちとで、大型バイクの免許を取って北海道をツーリングするという企画をやる予定で、「耕史君も一緒に」と誘っていました。
この企画、実現しそうですよね。
そしてその免許を取るために通っている教習所が、その中華料理店のすぐそばにあるようでした。

最後に川原へ行った二人。
ここでスタッフから渡されたメモを読みながらくさい芝居をするヤマコー。
最後のセリフ「アニキって呼んでいい?」と言いながら、小石を川へ投げる・・・。
ぐっさんもすかざず「役者ならそれくらいのセリフ覚えろ!」と突っ込んでました。
わははは、面白かった。
キーワード
ぐっさん家 中華料理店 リミックス 大型バイク ルビーの指輪 ひとつ屋根の下 クイズ番組 ノリツッコミ サボテンの花
コメント (0) |  トラックバック () |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 「エンジン」第八回見ました | トップ | 「おしゃべりクッキング」見ました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL