みすずりんりん放送局

お気に入り俳優の事、劇場&DVD映画レビュー、日常生活の事を書き留めています♪

リンカーン

2013年05月05日 08時12分36秒 | ら行の映画
 『リンカーン』を観た。

 【あらすじ】
 エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が、大統領に再選された1865年。
 アメリカを内戦状態に追い込んだ南北戦争は4年目に突入したが、彼は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を下院議会で批准させるまでは戦いを終わらせないという強い決意があった。そのためにも、国務長官ウィリアム・スワード(デヴィッド・ストラザーン)らと共に憲法修正に必要な票を獲得するための議会工作に乗り出す。そんな中、学生だった長男ロバート(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が北軍へと入隊したいと言う。(シネマトゥディより)

 【まめ知識】
 巨匠スティーヴン・スピルバーグによる、第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンの伝記ドラマ。
 奴隷制の廃止と禁止を強固なものにし、泥沼化した南北戦争を終結させるため、憲法の修正に挑むリンカーンの戦いを重厚なタッチで映し出していく。
 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』などのダニエル・デイ=ルイスがリンカーンにふんし、国と人民の未来をめぐる理想と現実に苦悩する彼の胸中を見事に体現。『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョセフ・ゴードン=レヴィットら、脇を固める実力派の妙演も見逃せない。

 2012年 アメリカ 150分
 


 とっても良かったです!
 わたし、リンカーンの有名な演説「人民の~」で奴隷解放宣言した・・・ぐらいしか知らなかったし。
 その後もあんなに大変な事があったとは・・・


 しかし、全体的に画面は暗いし、最初は淡々と物語が進んでいくので睡魔が
 負けて、うとうとしてしまった時もありました
 が、そのお陰で(?)目が冴えてその後は集中して観ることが出来、面白さがわかってきたのか、物語にどんどん引き込まれていきました!
 一緒に行った友人は最初の5~10分で爆睡・・・その後ほぼ映画が終わるまで起きることがなかったわ
 暗いから良く眠れたのでしょう


 ダニエル・ディ=ルイスの演技はさすがに凄い!
 見た目はもうリンカーンそのもの。
 雰囲気も良かったし。
 優しくて強くて・・・でも、なんだか背中は寂しさを感じる。孤独感がある。そりゃ、オスカーも獲るでしょう。

 わたしはラスト近くの階段を下りていく後ろ姿が切なくて切なくて(執事?が振り返って見送るシーン)
 号泣しちゃった。
 

 出演者を知らなかったので、わたし的サプライズ。
 ジョセフ・ゴードン=レヴィットが息子ロバート役で出演していたのね
 大学に通っていた彼が戦争に参加したいと言い出した時の母メアリー(サリー・フィールド)とリンカーンの苦悩はぐっと来たなぁ。
 凄惨な戦争に我が子は行かせたくないよね。
 ましてや、以前子供を亡くしていたら・・・親の心子知らずって感じ?
 でも、ロバートも病院であんなシーンを目撃したら、自分がぬくぬくと過ごしているのが歯がゆかったんでしょうなぁ。


 リンカーンは子煩悩だったようで、そういうシーンも数多く映し出されていました。
 末の子がいろんなところでうろうろしていても、怒ることなく接していたし。


 撮影中、スピルバークはスーツを着て撮影に望んでいたとか。
 
 劇中の時計の音がするシーンは、本物のリンカーンの時計を音だけ博物館で録音させて貰って使っていたそう。

 リンカーンがどれだけ愛されているかそれだけでもわかるね。映画も丁寧に作られているってわかるし。


 議会も迫力あった。
 タデウス・スティーブンス(トミー・リー・ジョーンズ)がどうしても通したかった理由もわかって
 
 見応えありました!
 眠気を我慢して観た先には感動が待ってますわよー 
 是非、観てみてね♪

 では、予告編をどうぞ~



おきてがみ




人気ブログランキングへ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラチナデータ | トップ | ポピー♪満開じゃないけど。 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2013-05-05 09:29:42
スピルバーグにしては、かなり地味な作品ですが、
なぜか惹き込まれる、そんな感じでした♪

私もリンカーンのことは南北戦争と奴隷解放宣言くらいしかしらなかったので、
法律を改正するまで、こんなにも大変だったということを初めて知りました。

ダニエルのリンカーンっぷりが半端なく…
実際もこのような人物だったんでしょうね。
背中の演技 (ノルウェーまだ~む)
2013-05-05 10:49:16
みすずちゃん☆
背中が語るよね~
さすがアカデミー賞男優!!

ちょっとウトウトしていてもしっかり号泣できるってすごいわ~みすずちゃん。
私は号泣ほどはいかなかったんだけど、背中で語る哀愁がぐっときたよね。
こんにちわ (にゃむばなな)
2013-05-05 14:09:00
駆け引きや政治に関して面白味を見出せない人にとっては退屈な映画だとは思いますが、個人的にはなかなか面白い映画でしたよ。
スピルバーグ閣下は残り少ない人生で何を撮るかをテーマに映画監督を続けていますからね。彼の思いを汲み取りながらの鑑賞もいいものでしたよ。
BROOKさん (みすず)
2013-05-05 21:45:24
こんばんはー^^

コメントありがとうございます!

引き込まれましたね^^地味ですが・・・
教科書では教えてくれない部分を今回初めて知れて良かったです!

ダニエルの様な感じだったら今でも好かれるのがわかりますねー^^
わたしは電報(?)を打つシーンも好きです♪
ノルウェーまだ~むさん (みすず)
2013-05-05 21:47:37
こんばんは~♪

コメントありがとう!

背中だよね!今回の映画のポイントは^^
凄かった、ダニエルって、本当に凄いのね!

執事(?)の見送る後ろ姿が切なくてねー><。
涙止まらなかったわ。
にゃむばななさん (みすず)
2013-05-05 21:49:43
こんばんは~♪

コメントありがとうございます!

画面も暗かったし、詳しく知らない人だしで、駄目な人にはダメかもね^^;
そこを乗り越えれば、感動があるだけど・・・

あ、スピルバークはそういう設計を立ててるの?
知らなかった!
今後はどんな映画を作っていくのか楽しみ♪
こんばんは (はらやん)
2013-05-05 22:32:45
みすずさん、こんばんは!

前半はちょっと物語の進行が遅かったので、眠くなりそうなところもありましたよね。
けれど、緊張感はずっとありました。
僕はリンカーンという人物が穏やかなように見えながらも、理想とそれを実現しようとする固い意志を持った激しい人物として描かれているところに、キャラクター造形の深さを感じました。
これを演じたダニエル・デイ=ルイスもさすがです。
はらやんさん (みすず)
2013-05-05 22:41:12
こんばんは!

コメントありがとうございます!

はい、ちょっと寝てしまいました^^;

リンカーンを教科書通りではなく知れたことが良かったと思います^^
おっしゃるようにキャラクター作りにこだわりがありましたねー^^
だから余計にじんわりとひびいてきて感動したのかも。
観て良かったです♪
こんばんは (yukarin)
2013-05-06 00:05:00
私もリンカーンは詳しくは知らないので今回の映画で勉強になりましたわー。
前半は...ちょっと寝ちゃった(汗)
ダニエルの演技はほんと素晴らしかったですね。
とても丁寧に作られてるなとは思ったけど、時計の音まで
拘ってたとはすごい。
ひろちゃん (ひろちゃん)
2013-05-06 00:31:51
みすずさん、こんばんは☆彡

>眠気を我慢して観た先には感動が待ってますわよ

うまい!(笑)その通りですよね^^

画面は暗いし、お話は重いし、台詞が淡々と続くし・・
派手なところのない地味な作品でしたが、観る価値のある映画で、私も観て良かったと思いました。
ジョセフで目が覚めた?(笑)
Unknown (もちゅみ)
2013-05-06 01:57:45
えっ・・・・
お友達ずっと寝ちゃってたんだ?!
みすずさんは面白かったのに
お友達はそうでもなかったのかなー
リンカーンって私も全然それくらいしか
知らないな~^_^;
こんにちは (たいむ)
2013-05-06 16:15:02
「人民の・・・」が聞けるかと思ったら、その後のお話でしたね。
私も、小学校の図書館で読んだ「リンカーン」の伝記レベル程度の知識しかなかったので、アメリカの黒歴史に触れられて良かったです。

良い俳優、良い作品でしたね~
yukarinさん (みすず)
2013-05-07 20:28:38
こんばんは~♪

コメントありがとう!

勉強になったねー^^
yukarinさんも寝ちゃったのね
時計の音、ZIPでやってて、こだわってるなーって驚いちゃった!
ひろちゃんさん (みすず)
2013-05-07 20:31:18
こんばんは~♪

コメントありがとう!

睡魔来ちゃうよね^^;
でも、頑張って目を見開いた甲斐があったわ!
ジョゼフで完璧に目が覚めましたー
もちゅみさん (みすず)
2013-05-07 20:33:01
こんばんは~♪

コメントありがとう!

そうなの、ぐっすりだったわ^^;
暗い画面の映画だったからねぇ・・・アクションみたいに音も大きくないし^^

でも、後半になるにつれて面白かったよ!
もちゅみさんもチャンスがあったら観てね^^
たいむさん (みすず)
2013-05-07 20:34:10
こんばんは~♪

コメントありがとうございます!

興味深い映画でしたねー^^
宣言したら終わり!だと思ったら大間違い^^;
わたしも勉強になりました^^
バトルとどっちだ (q やはり宇宙人から突っ込みリンカーン)
2013-05-11 15:58:34
なんてたって宇宙人ポール様達からも
突っ込まれてしまうスピルバーグ様にかかれば
ど・真っ直ぐリンカーンのずしりとしたお話になる
抱き込み策= 裏工作もあったり
パパでもある我輩リンカーンの家庭人としても描きつつ
なんか「ありゃっ?」と感があったなぁ
そそそそ。サクサク~っとしてたんだよねぇ
やっぱりトミー・リー・ジョーンズ様だったのよん
qさん (みすず)
2013-05-11 22:00:43
こんばんは~^^

コメントありがとう!

そーいえば、宇宙人ポールでもやってたっけ!
一度しか観てないから覚えてないわぁ^^今度見直してみる~^^

裏工作もしたりと、「善」だけの人じゃなかったのねー^^
サクサクっと進んじゃったけど、リンカーンってそうなんだー!ってわかったからいいかなー^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
劇場鑑賞「リンカーン」 (日々“是”精進! ver.F)
鉄の意志… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304190002/ LincolnSoundtrack Sony Classics 2012-11-06売り上げランキング : 59543Amazonで詳しく見る by...
「リンカーン」いつ見るの?☆今でしょう~ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アカデミー賞主演男優賞を獲得したダニエル・デイ=ルイスがリンカーン役を熱演していることで話題の作品。 なんとなく観そびれてしまったのでどうしようか迷っていたけど、観るチャンスはやっぱり「今でしょう?」
リンカーン (本と映画、ときどき日常)
監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 ダニエル・デイ=ルイス     トミー・リー・ジョーンズ     ジョセフ・ゴートン=レビット 南北戦争の時代。 リンカーン大統領が奴隷解放に奮闘するお話。 『シンドラーのリスト』の感動をふたたび! そんな気持ちで....
『リンカーン』 (こねたみっくす)
アメリカ合衆国憲法第13条の修正。それが達成されない限り、奴隷解放宣言さえ無意味なものになる。 「人民の、人民による、人民のために政府」という有名な演説も、南北戦争最大の ...
「リンカーン」 理想高きリアリスト (はらやんの映画徒然草)
リンカーンと聞くと、まず思い浮かぶのが有名なゲティスバーグ演説です。 「人民の、
リンカーン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LINCOLN】 2013/04/19公開 アメリカ 分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、デヴィッド・ストラザーン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ジェームズ・スペイダー、ハル・ホルブルック、トミー・リー・ジョーンズ 命を...
★リンカーン(2012)★ (Cinema Collection 2)
LINCOLN 命をかけて夢見た 真の「自由」 映時間 150分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2013/04/19 ジャンル ドラマ/伝記 映倫 G 【解説】 「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」の 巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が...
「リンカーン」みた。 (たいむのひとりごと)
スティーブン・スピルバーグ監督によるアメリカ合衆国第16代大統領:エイブラハム・リンカーンの半生が描かれた物語で、主に南北戦争における悲惨な現実と、奴隷制度廃止のためにどうしても必要不可欠な「憲法第1
昔も変わらぬ政治劇 (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「リンカーン」を鑑賞しました。 南北戦争は4年目、再選したリンカーン大統領は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を 下院議会で批准させるまでは戦いは終わらせないという強い意思があり・・・ スピルバーグ監督による リンカーンの...
『リンカーン』 大統領は本当は弱い (映画のブログ)
 「世論、民意に従うのが本当の政治ではない。」  小峰隆夫氏のこの言葉は印象的だ。  民意を汲み取らずして、何の民主主義だろう。  そう突っ込みたくなるかもしれないが、そも民主主義なる用語は誤訳...
リンカーン  (Said q winning)
監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、デヴィッド・ストラザーン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ジェームズ・スペイダー、ハル・ホルブルック、トミー・リー・ジョーンズ なんてったって、あの宇宙人達から突っ込ま...
リンカーン (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が、大統領に再選された1865年。アメリカを内戦状態に追い込んだ南北戦争は4年目に突入したが、彼は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を下院議会で批准させるまでは戦いを終わらせないという...
リンカーン (こんな映画見ました~)
『リンカーン』---LINCOLN---2012年(アメリカ )監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ダニエル・デイ=ルイス 、サリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レヴィット 、ジェームズ・スペイダー 、トミー・リー・ジョーンズ 「シンドラーのリスト」「プラ....