Ring☆Rang☆Rung!

ばかわいらしいもの・お人形・手作りetc.…そこはかとなく綴っています…

『 快刀ホン・ギルドン 』

2010-11-30 11:05:41 | テレビ番組

 お友達のちゃんが貸してくれる、韓国時代劇ドラマのDVD…。

 今回 観終えたのは、これ…。

 

Photo_5 『 快刀 ホン・ギルドン

  全24話

 

 

 

 

 

 ホン・ギルドン(洪吉童)は、韓国の国民的ヒーロー。

 日本の桃太郎の様な、万人が知る超有名キャラなのだとか…。 

 そのホン・ギルドンを主人公にした作品です。

 華麗なワイヤーアクションが使用され、ロック調の音楽・現代語の言葉遣い・衣装 etc.… 時代考証や従来の時代劇の枠に捉われずに、斬新なスタイルで描かれたフュージョン時代劇です。

 あらすじは、こんな感じ…。

 ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

 両班(貴族階級)の庶子として生まれたホン・ギルトン。

 武術と学門の才に恵まれながらも、奴婢の身分故に学ぶことを許されず、いつしか怠け者で問題ばかり起こす、町の嫌われ者になっていた。

 新たな人生を見出そうとして清に渡ろうとしていたギルドンは、清から帰国したお転婆娘:イノクと出会う。

 一方、王族出身の青年:イ・チャンフィは、異腹の兄に奪われた王座を取り戻すべく、清から帰国。

 ギルドン・イノク・チャンフィは、不思議な縁に導かれるかの様に、度々 顔を合わせる。

 そんな中、殺人の濡れ衣を着せられたギルドンは、知り合った盗賊一味と共に、義賊 “ 活貧党 ” を結成する。

 チャンフィは、世直しを目指すギルドンと手を組み、王座奪還を目指すが…。 

 ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

 ここ最近、『 海神 HESHI 』 『 善徳女王 』『 推奴 チュノ 』 と重めの時代劇を続けて観ていましたので、コメディ要素が満載で軽快なタッチの 『 快刀ホン・ギルドン 』 を観初めた時、実は少々戸惑いました。

 けれども、そんな想いは ほんの数分で消し飛んでしまいました。

  面白い~♪

 あっという間に一話を観終え、ワクワクしながら続きを愉しみました。

 軽~い感じで始まった物語は、回を追う毎に、捻じ曲げられた真実が次々と明らかになり、シリアス度を増してゆきます。

 後半は、どんどん切な過ぎる展開に…。

 初め、 コメディタッチの御伽噺なのかな? と暢気に観ていた私には、かなりの大ダメージでした…。

  哀しい…哀し過ぎるよぉう…。

 何が どう哀しいのかは、内緒。。。

 ギルドンを演じたカン・ジファンさん、イノクを演じたソン・ユリさん…私は、このお二人を今回初めて知りました。

 とっても魅力的で、他の作品も観てみたくなりました。

 チャン・グンソクさんは、『 ファン・ジニ 』 『 ベートベン・ウィルス 』 『 美男<イケメン>ですね 』 と、母の様な気持ちでこっそり(?)見守ってきましたので、その立派な成長ぶりに嬉しくなりました。

  次世代の時代劇スターの座は、貴方に♪ と微笑んでしまいます。

 重厚な史劇を望む方には不向きかも知れませんけれども、フュージョン時代劇に抵抗のない方には、お薦めです。

 カン・ジファンさん、ソン・ユリさん、チャン・グンソクさんのファンの方は…是非、観るべし!

******************************

 

<iframe marginwidth="0" marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_top&amp;bc1=E9F5F5&amp;IS2=1&amp;nou=1&amp;bg1=E9F5F5&amp;fc1=9D0606&amp;lc1=0000FF&amp;t=riraru-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;asins=B00264U260" frameborder="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginwidth="0" marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_top&amp;bc1=E9F5F5&amp;IS2=1&amp;nou=1&amp;bg1=E9F5F5&amp;fc1=9D0606&amp;lc1=0000FF&amp;t=riraru-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;asins=B00264U26A" frameborder="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

 

<iframe marginwidth="0" marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_top&amp;bc1=E9F5F5&amp;IS2=1&amp;nou=1&amp;bg1=E9F5F5&amp;fc1=9D0606&amp;lc1=0000FF&amp;t=riraru-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;asins=B001D8NFPA" frameborder="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つま先 ポカポカ♪

2010-11-29 14:33:10 | オートバイ

 毎週恒例、『  ツーリング☆GO☆GO!』 …。

 先日も、いつもの様に 山の中のヤビツ峠を通って、宮ヶ瀬湖まで行って来ました。

 ほんの小さな隙間から 冷たい空気が忍び込みますので、しっかり防寒対策…。

 意外と冷えるのが つま先で、靴下の重ね履きをしても、じんわりと冷たくなってきます。

 なので、こんな物を購入してみました。

 

Photo ホットアルファ

Photo_2 つま先ウォーマー 

 

 

 

 

 

 

 水分(汗)を吸収させて発熱・保湿する、吸収発熱加工を施しています。

 薄いタイツ位の厚さですから、重ね履きしても響きにくいです。

 はたして、効果は…?

 まず、履いた瞬間から ポカポカしてくる気がします。

 さらに、一緒に購入した吸湿発熱素材使用のハイソックスも重ね履き…。

 

Photo_3 これ…。

 

 

 

 

 

 

 なので、ホットアルファだけの効果かどうかは微妙ですけれども、確実にいつもより暖かかったです。

 これから冬本番になり、寒さがどんどん厳しくなってゆきます。

 防寒対策には ますます力を入れなくっちゃ!

  あったかグッズを使用しているんだから、きっとポカポカ暖かいんだわ♪

 お気楽・暢気な私には、こんな思い込みが 一番のあったかポイントの様な気も…。

 

******************************

 

<iframe marginwidth="0" marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_top&amp;bc1=E9F5F5&amp;IS2=1&amp;nou=1&amp;bg1=E9F5F5&amp;fc1=9D0606&amp;lc1=0000FF&amp;t=riraru-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;asins=B002UIG554" frameborder="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかえりなさい☆

2010-11-28 10:31:00 | テレビ番組
 
 
 
 
 
  
 昨夜、 フジテレビ 『 めちゃ×2イケてるッ! 』 で、ナインティナインの岡村隆史さんが復帰されていました。
 岡村さん、めちゃイケメンバーの皆さん、とても嬉しそうでした。
 岡村さんは、相変わらずキレのある動きと素敵なお笑いを振り撒いて、テレビから面白オーラが放出されっぱなしでした。
 メンバーと抱き合う場面では、私も思わず、涙と笑いが…。
 
 これからも医師の指導を受けながら、お仕事の範囲を拡げてゆかれるとのこと…。
 どうぞご無理なさらずに、ゆっくり 少しずつ 再開されます様に。。。
 これからも、岡村さんを応援しています♪



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幻の 『 マボロシの鳥 』

2010-11-27 10:35:07 | 日記・エッセイ・コラム
 爆笑問題の太田光さんの小説 『 マボロシの鳥 』 …。
 私は、太田さんのファンですので、読んでみたいと思っています。
 自分と文章との相性があるので、読んだことのない方の本を購入する際には、初めの2,3行を読むことにしています。
 文章がすんなり頭と心に入ってくれば、即購入♪
 読み返すようですと、保留…。
 私の読解力の足りなさで左右されますけれども、ね…。
 そんな訳で、太田さんの 『 マボロシの鳥 』 も、ちょっと読んでから購入したいのですけれども…?
 先日、近所の本屋さんへ行った時に探してみました。
 その本屋さんには、売れ行きベスト10コーナーがあります。
 店頭ポスターやポップ、お店の方のお薦めコメントなどと一緒に本が並べられています。
 『 マボロシの鳥 』 も大評判の本ですから、当然そのコーナーにあるはず…。
  あ、あそこだ♪
 コーナーの一番良い所に、『 マボロシの鳥 』 の販促チラシがあります。
 けれども…… 本がない…。
 売切れていました…。
 横浜の隅っこの田舎の本屋さんなので、仕入れ量が低かったのでしょうか…。
 飛ぶ様に売れてしまったのでしょうか…。
 ちょっぴりガッカリしながら、本屋さんを後にしました。
 数日経てば入荷するでしょうから、その頃に行こうっと。。。
 幻の 『 マボロシの鳥 』 でした…。
 
******************************
 
<iframe marginwidth="0" marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_top&amp;bc1=0000FF&amp;IS2=1&amp;nou=1&amp;bg1=0000FF&amp;fc1=F5EDED&amp;lc1=EBEBF5&amp;t=riraru-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;asins=4103285117" frameborder="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> 
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

え…活動中…?

2010-11-26 13:03:09 | 日記・エッセイ・コラム

 不良…いつの時代にも、ちょっぴり やんちゃな若者達が居ます。

 その時代によって、呼び名が変わりますね。

 今は “ ヤンキー ” と呼ぶのが主流なのでしょうか…。

 私の青春ど真ん中時代には、“ ツッパリ ” と呼ばれていました。

 漫画・ドラマ・映画etc.…不良少年・少女が主人公の作品も多くあります。

 そして、そんな彼らに憧れて、自らも “ 不良っぽく ” 振る舞う若者も少なくありません。

 私自身、思春期という迷い路を ちょっぴり模索(?)していたことがあります。

 当時の “ ツッパリ ” の代表といえば、ロックバンドの 横浜銀蠅 …。

 リーゼント・サングラス・革ジャン・白い太ズボン…という装い。

 たのきんトリオが全力投球したり、聖子ちゃんが くるくるドライヤーを全国の少女達の必須アイテムにしていたりするアイドル全盛期に於いて、横浜銀蠅は全く異質でした。

 でも、大人気でした。

 私がファンだったのは、その横浜銀蠅の弟分:『 麗威甦 』 です。

 活動期間は、1980年~84年。

 今は俳優として活躍されていらっしゃる杉本哲太さんも、麗威甦のメンバーでした。

 私は、麗威甦のレコード(古ッ)も持っていましたし、ステッカーを学生鞄に貼ったりしていました。

 …迷い路、くねくね…。

 今朝、何故か突然、麗威甦のことを想い出しましたので、ちょっと調べてみました。

 すると…?

  え…活動してるの…?

 解散後、2006年に一度限りのライブで復活し、今年 『 紅麗威 』 として 復活したみたいです。

  ※ 詳しくは、コチラ ⇒⇒⇒ 『 紅麗威*オフィシャルサイト

 知りませんでした…。

 ちょっと吃驚…。

  ※ 横浜銀蠅・紅麗威甦を知らないお子たちは、昔やんちゃだった おぢさんおばさんに訊いてみましょう。

 

Photo  夜露死苦!

   ( 死語…。)

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加