高島平発・ファッションカフェ「ミストラル」への夢

高島平をファッション・音楽・お酒の“文化”の力で元気に!……地元でファッションカフェ、ダイニングバー開店を夢見ています。

悩みつづけた日々が まるで嘘のように

2017年05月14日 05時21分39秒 | 合同会社ユア・ランド
久々に高島平7丁目の某パブに寄り、午前3時半過ぎまで、気のおけぬ飲み友と語り合い、また歌も唄いました。

この曲も、その内の一曲です。

このスローなバージョンを聴き、唄ってみたくなったのです。


いま、7月からスタート予定の「デスカフェ」のために、いろいろ動いてます。

デスカフェとは、数年前からヨーロッパで始まった、死について気楽に話し合い、自分のエンディングにも、気構えや悔いが残らぬよう活かそうというもの。

私自身、小学校の頃に死への恐怖で、悩んだ経験もあり、それを次の活動や残りの人生にも、活かしたい思いもあってのことです。

そして、小学校の頃に悩んだお陰でしょうか?

運営にたいして、いろいろなアイデアが湧いてます。


まるで、悩んだのが嘘だったかのように・・・



『遠くで汽笛を聞きながら』- 谷村新司・堀内孝雄
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寝ないで夢を見る? | トップ | 去年と違う母の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL