高島平発・ファッションカフェ「ミストラル」への夢

高島平をファッション・音楽・お酒の“文化”の力で元気に!……地元でファッションカフェ、ダイニングバー開店を夢見ています。

没頭する、没頭できるシアワセ。

2017年06月17日 03時34分50秒 | 美意識・ファッション・デザイン私的考察
小さい時は絵を描くのが、本当に好きでした。

白い紙さえあれば、飽きもせずにずうっと、描いていたものです。

描かれた絵は、自分の中の夢の世界。

だから雨の日など、家にこもって絵を描けるの大歓迎だったほどです。

しかし、今やデッサン力は落ち、フォルムのアンバランスさは、目を覆いたくなるほどです。


今日は日中のほとんどを、神楽坂の事務所にこもり、新しい活動用のロゴマークの、素案を考えてました。

こちらの方は、絵の上手さは関係ないので、めげることなく没頭できます。

その没頭感は、小さい時の絵に夢中の感覚に、とても近いものがあります。


絵を描く悦びは、デザインに変わりました。

そのデザインも、前はグラフィックでしたが、今は社会の課題的なものに。

こちらは歳に関係ないので、まだまだ夢中でいられそうです。




『The Dangling Conversation(夢の中の世界)』- Simon and Garfunkel
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1mmも動けなかった・・・ | トップ | 指導者ではなく始動者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL