高島平発・ファッションカフェ「ミストラル」への夢

高島平をファッション・音楽・お酒の“文化”の力で元気に!……地元でファッションカフェ、ダイニングバー開店を夢見ています。

高感度少年

2017年07月14日 02時14分49秒 | 雑記録
このところ、サイゼリヤに2〜3時間こもり、安いワインを飲みながら、デザインの校正や本を読むのが、習慣になっています。

結局、ワインで酔って眠ることも多いのですが…。


今日もそうでした。

眠り過ぎで約束の時間を、かなり過ぎて三田線に乗ったら、しばらくして私の斜め前の席が、空いたんです。

席の前には小学生の男の子。

直ぐ席を譲ってくれて座ったのですが、清々しい気持ちになった嬉しさで、少年に声を掛けました。

小学4年だそう。


ワインの酔いがまだ残っていたのでしょう、何か気が大きくなりプレゼントできるモノはないかと、鞄の中々を覗いたら昨日買ったばかりの、真新しい文庫本が。

本のタイトルは、『ニーチェ みずからの時代と闘う者』という、ルドルフ・シュタイナーの本です。

結局、その本をあげてしまいました。

「大学生になったら、読んでみなさい」と言って。


小学生にはチンプンカンプンでしょうが、真新しいのもあったのか、嬉しそうな顔でした。

果たして、家で親に何と説明したのか?

そして、私は良いことをしたのだろうか?


酔った勢いもあったのでしょうが、反省とプレゼントして良かったの間で、気持ちが微妙に揺れ動いてます。

そして、また明日本を買わねばです…。





『全力少年』- スキマスイッチ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつもWoman,Woman‼︎ | トップ | 太陽が元気過ぎる・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL