「 け ろ け ろ り ん り ん 」

  
   可愛いものが好き、お花が好き、旅が好き、本が好き
   食べることは一番好き、そんな私の日々の雑記帳~♪

いきいきとした晩年をおくるために〜♪

2017年07月13日 | 心に響く言葉




年取って、別に若い者と張り合うことは必要ないが、
人間としての原則的な関係は間違いなく平等だ。
しかし老年になると、気の緩みからか、もらうことばかり期待して、
頑張って一人の暮らしを続けたり、ごく些細なことでも
人に与えようとする気力に欠ける人がたくさん出てくる。
その時人は初めて老年になるのだ。
しかし寝たきりの老人でも、感謝を忘れなければ、
感謝は人に喜びを「与える」のだからやはり壮年なのである。
いきいきとした晩年を過ごしている人たちは、
どこかで与えることを知っている人たちである。
与えることを知っている限り、
その人は何歳であろうと、どんなに体が不自由であろうと、つまり壮年だ。

曽野綾子さん「晩年の美学を求めて」より

お兄ちゃん、難しいことは出来ないけれど、感謝する気持ちは絶対に忘れないでいたいです。
お兄ちゃん、私は長い間、感謝の言葉もなく、
何をしても当たり前、出来ない、しない私が悪いって言われ続けて生きて来ました。
でもそういうことを続けていると記憶の中にも嫌な感情しかなく、
人間関係がギクシャクしてきます。
与えてもらってない感情を相手に与えることは出来ません。
私は相手が喜んで私に与えてくれる人生を送りたいです。
そのためにも私も常に感情の気持ちを忘れずに生きていきます。

ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 今日も暑い1日です〜! | トップ | お兄ちゃん、今日も暑い日に... »

あわせて読む