「 け ろ け ろ り ん り ん 」

  
 可愛いものが好き、お花が好き、旅が好き
 本が好き、食べることは一番好き
 そんな私の日々の雑記帳~♪

人間としての至上命令

2017年07月15日 | 心に響く言葉




つまり運命の半分は自ら作るものなのだ。
半分の部分でたえず調整し、訓練し続けなければならない。
自分は偉大な人物だから、どんな人に迷惑をかけてもいい、
と信じている人以外は、他人に迷惑をかけたくなかったら、
訓練と節制をすることは、人間としての至上命令である。

曽野綾子 「晩年の美学を求めて」より

お兄ちゃん、良夫くんママは、
昔から自分で何もすることの出来ない老人でも要介護の人でもないのに、
自分は世話をしてもらって当たり前、
世話をしてもらうのが人間としての最大の値打ちと考えている人でした。
私が元気なうちはそれでも良かったけれど、
私の体調が悪くなって来て入院云々の話が出た時にさえ、
自分を置いて入院するとはどうするつもりなのかと
私を責めるように言った時には、正直うんざりしました。

良夫くんママは末っ子だから
人に依存する性格は生まれもってのもので、
長子である私がイライラしても仕方ないのかもしれませんが、
どう頑張っても良夫くんママとは相容れないものがあり、
また本人は無意識なのかワザなのかは分かりませんが、
良夫くんママの自分の身内びいきや依怙贔屓は極端なものがあり、
平気でそういうことをする良夫くんママとは、
何年一緒に暮らしても好きにはなれませんでした。
最近は同じ場所で同じ空気を吸っているのも苦痛で
もう私の感情では、どうすることも出来ないぐらいに
大きな溝が出来てしまっていました。

ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 気持ちを吐き出そう | トップ | 静かに人生を退場する方法 »