全国ラーメン食べ歩き情報

全国のラーメン屋のレビューをまとめました。

麺酒盗 ざい八@浅草

2016年10月17日 | 日記
DSC_0003
伊豆の中でも一番遠いポイントなのと、ツアー時の飲酒で疲れのピーク・・・。

帰宅後にお疲れちゃんな気分にもならず、こちらのお店のことを思い出し、軽く向かってみることに。

日曜日の夜もあって、営業してんのかな?って不安もあったのですが、準地元ながらも知らなかったのですが、お店周辺はDEEPな感じのエリアなんですね!?

多くの飲み屋さんからカラオケの声が漏れる中、煌々を光る明るいお店に辿り着きます。

L字型のカウンター席、2人掛けテーブル席、小上がりとある店内に入ると、お客さんはオレッチ1人で、ちょっと緊張しちゃったかな?

頭上の木札のメニューから、らーめん(600円)をオーダいたします。

冠には酒の文字がありますが、おでん、ちゃーしゅー、めんま以外のつまみがなさそうですが、アルコールは色々と用意されてるようで、お子様向けのサービスに思えた駄菓子なんかをつまむのかな?

出て来たらーめんを見て、八王子?竹岡?と頭を過ぎりましたが、醤油が千葉の感じのものだったのと、トッピングに玉ネギがあることから、竹岡らーめんをイメージしたものかと思われます。

濃い目の醤油味が、この日の気分にマッチしてたなぁ~♪

ストレートの細麺は地元の製麺所のもので、キッチリと生麺のものを使用してます。

スルスルと啜れ、スープをガッツリと絡めますね。

具などは、チャーシュー2枚、細きりメンマ、海苔、薬味ネギです。

細きりメンマの食感が新鮮で面白いですね。

メニュー提供時に写真を撮ってたのもあったのでしょうか?食べてる最中に店長さんから声をかけられ、その際に「千葉のらーめんですか?」って聞いてみたら、材木屋さんを営む大多喜出身のオーナーさんが子供の頃に食べていたものをイメージしたそう。

材木屋さんなこともあり、表の看板やお店づくりに立派な板を使ってるみたい。

店長さんはセミプロのアンガーらしく、おもに夜の営業を担当されてるそう。

退店後に気づいたのですが、タンタン麺なんかもリリースしたようで、そちらは勝浦タンタンメンをイメージしたものらしい。

千葉の地ラーメンをイメージし、色々とアレンジされてるのが面白く感じた一杯だった♪



【住所】 東京都台東区浅草4-38-5
【時間】 11:30~14:00、17:00~1:00
【定休】 火曜日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麺屋あがら【大つけ麺博】@... | トップ | ラーメンSorenari@錦糸町 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む