全国ラーメン食べ歩き情報

全国のラーメン屋のレビューをまとめました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【最終営業】中華そば(塩)@鴫野食堂

2016年11月20日 | 日記
麺友さんのSNSのつぶやきで、



山本店主の最後に残っていた鴫野食堂さんが



11月19日、20日を最終営業日を持って、



閉店するとの情報を知りました。



最近お会いできていなかった「ぱ~やん(山本店主)」の姿を見ようと、



お店の前まで駆けつけると・・・







お店の前には山本店主にご挨拶に来られた方や



普通にラーメンを食べに来たお客さんで行列が出来ていました。



お店の前にはこんな張り紙がされています。







餃子等はできなくなっているようです。(;・∀・)



山本店主の作るラーメンはこれまで余りブレルことがなく、



多くのファンが安心していただけるラーメンでした。



ラーメン屋でラーメンのみの提供!!



それだけでも十分です。(‘◇’)ゞ



更にこんな張り紙もありました。







夜オープンにも苦労されているようです。



現在、スタッフは居なくなり、山本店主が一人ですべて準備されているようです。



1時間ほど待ってから、ようやく店内にはいることができました。



山本店主にご挨拶m(__)mペコリン



この日のラーメンは醤油と塩の2種類のみの提供となっていました。



早速、山本店主さんに出汁感の分かりやすい中華そば(塩)を



お願いして出来上がりを待ちます。



再開を望む他のお客さんと、現状について



明るく語る山本店主さんとの会話が聞こえてきます。



こちらのお店ではオープンのレセプションに駆けつけた事や、



東京の麺友さんが来阪時に親交を深めた事など、



多くの思い出が昨日のように思い出されます。



そして、中華そば(塩)の登場です。







具材はチャーシュー、メンマ、ネギが載ったスタンダードな一杯です。



チャーシューは柔らかく、美味しく頂くことができます。







メンマの味付けもよい塩梅です。







スープの中に沈む麺線の美しさは、他のお店ではなかなか見られません。







山本店主さんの職人技と言えるでしょう(#^.^#)



麺を持ち上げてみると・・・中細ストレート麺を使用されています。







スープとの相性も良く、のど越し良く頂くことができます。







スープは鶏を感じさせる動物系スープに魚介をバランスよく合わせて



角の無い塩のカエシが全体をまろやかに包み込んでいます。



スルスルといただいて完食となりました。



名残惜しかったので、サイドメニューでチャーハンならできるとのこと。



早速、お願いしてみました。



丁寧に中華鍋でお米の一粒一粒に火を通して



山本さんのチャーハンの完成です。







色目が濃くて、辛そうにみえましたが、



頂いてみると、塩分濃度は高くなく、



むしろ塩気が少ないような味付けに驚かされました。



サクッといただいて、完食となりました。







正式な営業は11月20日で終了しますが、



通りがかったときにお店の電気が点いていれば、



店内に遊びに来てほしいともおっしゃっていました。



美味いラーメンを作る山本店主には、



いつか復活して欲しいと願った黒帽子の夜でした。







大阪市城東区新喜多東2-2-28

11月20日最終営業(夜?)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 博多らーめん なみへい / 博... | トップ | しょうがラーメン 七の庫@古河 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む