全国ラーメン食べ歩き情報

全国のラーメン屋のレビューをまとめました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MENSHO@護国寺 10:50

2016年12月28日 | 日記
夢を具現化してくれる男がいるのよね。靖国通りを自転車で疾走する彼を見た時、私はそれを確信しました。



[16_454]



161226MENSHO_161226MENSHO_menu
市ヶ谷に一店舗しかなかった頃。創作限定のためにシャッター待ち。店内の朝礼後ラーメン唱和を聞きながら開店をお待ちしていたのを思い出します。MENSHOグループ7店舗目。ん? LAを含めて8店舗目かな。先週オープンした新店…『MENSHO』。護国寺。以前『ちゃぶ屋』のあった場所。開店10分前シャッター。店頭待ちゼロ。開店時、私と外人さんの2人。厚切りブライアンさん???…笑。



161226MENSHO_open161226MENSHO_kenbaiki
11時ちょうど。庄野さん自ら暖簾が掛けられてオープン。年内は潮らーめん、挽きたて小麦つけめんの2種で営業とのこと。潮らーめん(¥1000)のボタンをポチッとね。



161226MENSHO_tennai161226MENSHO_tennai1
スタイリッシュな店内。ですが“MENSYO”らしく素朴な素材感も兼ね備えた空間。L字カウンター10席。自家製麺・製粉室併設。『MENSHO』グループの基幹的店舗。後客7人。



161226MENSHO_ussioRA
オリジナルらーめん鉢。凄い。「らーめんもここまで来たか」を感じさせてくれる形態。想像を形にしてくれる店主がここには居ます。



161226MENSHO_ussioRA-yoko
器上部のフチには炭化ネギを纏わせたホタテのコンフィ。さらにカラスミパウダー。麺に浸けて風味を楽しむ趣向。動物系を一切使用していないというスープは海の香り。意外に攻めのしっかりした味わい。しなやかな細麺は玄麦の石臼挽き。素材の香り。メンマ代わりに出汁漬けワカメの中芯。これが意外にイケる。さらに鮪と浅葱のワンタン。そして大山鶏のタタキ。食べ応えあります。てかこんな厚いタタキ初めて食べたかも。想像もしてなかった満足な一杯。繊細だけど素材を感じる味わい。サクッと完食。そして、完飲しにくい器だけどほぼ完飲…笑。心地良い空間・提供の趣向・素材を活かして昇華させた味わい…本当に¥1000でよいのでしょうか。美味感謝! てか早々に“挽きたて小麦つけめん”もいただきに来ねば…。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 煮干し中華そば 津多屋@大... | トップ | 麺家 歩輝勇&#65312 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事