全国ラーメン食べ歩き情報

全国のラーメン屋のレビューをまとめました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

らーめん 凛々@拝島

2016年11月02日 | 日記
DSC_0017
幸先の良いスタートのお店の後に、こちらのお店まで移動いたします♪

ナビに従っての訪問だったのですが、お店は目立たない場所にある上に、見た目に営業してるのか?分かりづらさもあって、ちょっとドキドキしながらお店のドアを開けます。

飲み屋さんの跡地のような雰囲気で、カウンター席のみの店内に入り、ブラックボードにある番号入りのメニューを見ると、凛々地鶏中華そば、凛々しい煮干中華そばと麺メニューがあり、塩チャーシューカップごはん、チーズカップごはんなる面白そうなサイドメニューもありますね。

その番号を入力する券売機から、同行者が凛々地鶏中華そば(780円)、オレッチが凛々しい煮干中華そば(780円)の食券を購入いたします。

こちらは丸孫商店の2号店とされ、その案内もカウンター越しのボードに案内されてますね。

カウンター内は少し狭そうで、調理も大変そう!?

メニューによって調理を分け、後に出て来た凛々しい煮干中華そばは、瀬戸内海の銀付いりこと北海道の羅臼昆布をしようしたとされる醤油スープで、先ほどのものとは違って、気持ち煮干を前面に持って来た感じですね!?

そしてトッピングの部分部分によって、スープの感じが変わるほどのデリケートさもあります。

ストレートの細麺はザクッとした歯切れがあるもので、スープの絡みよく美味しい麺ですよ♪

具などは、チャーシュー2枚、鶏チャーシュー、メンマ代わりと思われる山クラゲ、海苔、笹切りネギで、熟成させてから低音調理したレアチャーシューはスープの温度を考えて、鶏チャーシューの上に乗せられてます。

日替わりの割りスープなるものを用意してるそうで、ドンブリの形状?スープ先行で飲んじゃった?麺量130gながらも多めに感じたから?途中で追加してもらったのですが、この日はシジミ&しょうがだったので、思いっきり変化してしまい、固形物を全て食べてからにすれば良かったかも!?

DSC_0014
味見させてもらった凛々地鶏中華そばは、比内地鶏の熟成丸鶏を使用したとされる醤油スープで、調理過程を見てた感じだと醤油タレは一緒かな?

こちらは甘味すら感じる旨味、まろやさかを演出し、鶏と醤油を上手く使われてるのが分かる美味しさです♪

麺は一緒のようで、具などは、笹切りネギが三つ葉に変わってますね。

三つ葉の風味が印象的でもある!?

こちらも部分部分でスープの味が変わるくらいのデリケートさで、やはり途中で割りスープをすると、こちらの方が割りスープの相性の良さを感じさせます♪

毎日の割りスープが楽しみになりそう!?

最近、見かける感じのものながらも、割りスープなどのアイデアで、オリジナリティーを出してるのが面白くも感じた一杯だった♪



【住所】 東京都福生市熊川1655-3
【時間】 11:00~15:00
【定休】 水曜日 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« らーめん大地@新青森 | トップ | 東京ラーメンショー2016 第2... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事