全国ラーメン食べ歩き情報

全国のラーメン屋のレビューをまとめました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【兵庫県尼崎市の麺類等の歴史!】

2016年09月18日 | 日記


ただいま、工事中です❣️
「あまがさき」の由来

 尼崎という地名が歴史上はじめて登場するのは、平安時代の末から鎌倉時代初めころのことです。
このころ書かれた「大物(だいもつ)浜・長洲(ながす)浜請文」(真福寺文書)という史料に、
「尼崎浜は大物の南、河を隔て、久安以後の新出地なり」と記されていて、尼崎が久安年間(1145~51)
ころに新たに形成された土地の名前であることがわかります。
現在の阪神尼崎駅から大物駅にかけての南側あたりが、もともとの尼崎という地名の場所にあたります。
 さきの古文書に出てくる長洲浜というのは、当時の猪名(いな)川・神崎川の河口に近い場所で、
奈良の東大寺や京の鴨社の荘園がありました。
大物や尼崎は、その長洲浜のさらに南に形成された砂州が陸地化し、港町となっていった場所です。

 尼崎は、鎌倉・室町期の記録には「海士崎」「海人崎」「海崎」とも書かれており、
いずれも読みは「あまがさき」と考えられます。
「あま」という言葉は、今日では海に潜って貝などを採る女性を指しますが、
古代・中世においてはより広く、漁民・海民を意味していました。
また、「さき(崎)」は岬にも通ずる言葉で、今日でも海に突き出た場所を指す際に使われます。

 つまり、漁民・海民が住む海に突き出た土地というのが、地名の由来と考えられます。

 この港町尼崎が、近世には尼崎城の城下町となりました。
近代に入ると、旧城下町を中心とした行政区域としての尼崎町が成立し、何度か周囲の村を合併して、
現在の尼崎市となっていきました。

(尼崎市のHPより)


江戸時代

明治時代


大正時代

◆1912年(大正元年)
【ラーメン】
「大貫本店」
神戸旧居留地にて創業
1952年(昭和27年)尼崎に移転。
9/12(月)~9/15(木)夏季休暇
尼崎市神田中通3-29
(尼崎あんかけチャンポン)

◆1916年(大正4年)
【行政】
「尼崎市市政開始」
2016年10月8日が「100周年記念日」


昭和時代

◆1951年(昭和26年)
【焼きそば・お好み焼き】
「あたりや」
尼崎市竹谷町1丁目22

◆1957年(昭和32年)4月
【居酒屋・中華食堂?】
「星屋」
尼崎市七松町1
2層構造の尼のあんちゃんダル麺はちゃんぽんの兄ちゃんやで
(尼崎あんかけチャンポン)

◆1960年(昭和35年)
【お食事処】
「駒川」
生姜の効いたチャンポン。寿司もあります。
https://www.youtube.com/watch?v=SxNDyB471A4
(尼崎あんかけチャンポン)

◆1964年(昭和39年)
【ソース】
「ハリマ食品」
ワンダフルソース

◆1964年(昭和39年)
【中華料理】
「新ちゃん」
尼崎市東桜木町96
中華そば300?

◆1966年(昭和41年)
【中華料理】
「東来軒」
尼崎市長洲本通1-3-1
塩ベース野菜たっぷり
(尼崎あんかけチャンポン)

◆1968年(昭和43年)
【中華料理】
「アメちゃん」
尼崎市塚口本町3-29-23
4種類のあんかけチャンポンがある。
(尼崎あんかけチャンポン)

◆1972年(昭和47年)
【ラーメン】
「どさん子大将 尼崎店」
尼崎市神田中通5‐203
3姉妹がおりなす醤油ベース
(尼崎あんかけチャンポン)

◆1972年(昭和47年)
【中華料理】
「龍あん」
尼崎市崇徳院1-24-2
尼崎市道意町6-56
野菜とあんがたっぷりの「あまちゃん」
(尼崎あんかけチャンポン)

◆1973年(昭和48年)
【中華料理】
「萬来軒」
尼崎市竹谷町2-183リベルB1
野菜魚介類などボリューム満点
(尼崎あんかけチャンポン)

◆1974年(昭和49年)
【中華料理】
「淡海」
兵庫県尼崎市西長洲町2-13-5
3種のチャンポンがある
(尼崎あんかけチャンポン)

◆1978年(昭和53年)
【中華料理】
「東華園」
尼崎市武庫之荘2-32-5
チャンポンは細麺。
(尼崎あんかけチャンポン)

◆1980年(昭和55年)
【北京料理】
「龍華・りゅうふぁ」
尼崎市東園田町2-173
醤油ベースの北京風ちゃんぽん!
(尼崎あんかけチャンポン)

◆1987年(昭和62年)
【ポン酢】
「手造りひろたのポン酢」
尼崎市立花町4丁目4番21号

平成代

◆1990年(平成2年)10月24日
【中華料理】
「桂華」
尼崎市次屋1-19-11


人気の玉子あんかけラーメン。
(尼崎あんかけチャンポン)

◆1997年(平成9年)8月4日
【中華料理】
「天遊」
尼崎市東難波町5-8-19
尼崎チャンポン発祥のお店!
(尼崎あんかけチャンポン)

◆2000年(平成12年)
【うどん】
「麺処 日の出」
尼崎市七松町1-3-1-104

◆2003年(平成15年)
【尼崎あんかけチャンポン】
「極楽湯尼崎店」
尼崎市浜1-6-18
駐車場 180台(無料)
尼崎あんかけハマグリちゃんぽん
2016年4月から販売開始

◆2006年(平成18年)
【居酒屋】
「中島南店」
兵庫県尼崎市大庄西町4-8-16
(尼崎あんかけチャンポン)

◆2009年(平成21年)3月20日
【鉄道】
「阪神なんば線開通」
近鉄との相互直通運転開始。

◆2011年(平成23年)
【うどん】
「うどん工房 悠々」


◆2015年(平成27年)8月19日
【うどん】
「国産ボッカケスうどん」園田店
尼崎市東園田町2-173

◆2015年(平成27年)12月11日
【うどん】
「はなまるうどん」イオン尼崎店
尼崎市次屋3-13-18イオン尼崎1F

◆2015年(平成27年)
【うどん】
「美味しいうどん屋」
加西のがいな製麺所の出店
(尼崎あんかけチャンポン)

◆2016年(平成28年)4月9日
【うどん】
「しのぶ庵」VIERRA塚口店
尼崎市上坂部1-1-1ビエラ塚口1F

◆2016年(平成28年)9月18日~19日
【催事】
食の祭典「尼が咲く❣️2016」
阪神尼崎駅前中央公園
尼崎ゆかりのお店が集結❣️









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麺屋 宮本@清澄白河 | トップ | 煮干中華そばつけめん 鈴蘭@... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事