愛しのエトワール

うたのおねえさん、はいだしょうこさんを全力でとことん気の済むまで応援する日々を綴るブログです。

その2

2017-05-12 | 日記
5月5日。横浜観光の続き。

汽車道を歩いている。今日は赤レンガ倉庫の「フリューリングフェスト」に行く。昨日あまりの人の多さに断念したところ。桜木町の駅前からすでに人の流れができている。この人たちは正面の左か右のどっちかに向かっていると思われる。

ショッピングモール(横浜ワールドポーターズ)に一服しに入る。観覧車は遊園地のコスモワールド。

入口のところにミニステージが設置されてたよ。

ライブパフォーマンスだってよ。これ、見ようや。13時からか。30分前くらいに行けば、ベンチには座れんけど見えるところのポジションは取れると思うで。それまではビール飲みに行こう。

バラか。本当に美しいものとは?これがこの映画が描こうとしてるものだね。

赤レンガに向かう途中の緑地に展示されているガーデンネックレスの出展作品。

ソローの森の生活のイメージかな。

こんなのがたくさん展示されている。

人の流れのほとんどは予想通りビールのほうに向かっていた。まだ午前中やで。昨日より増えとるやん。あんたらほかに行くとこないんか。とても耐えられそうもないので撤退する。

汽車道を戻って日本丸メモリアルパークへ。帆船「日本丸」を見学。となりの横浜みなと博物館にはまだ行ったことがなかったので、博物館とのセット券にした。博物館は帰りに入ることにする。

ワールドポーターズに戻ってミニライブを見る。予定通りベンチ後ろのポジションへ。ポストカードをもらえた。

拡散希望イベントのため撮影可能であった。あっ、しょうこちゃんの得意な歌だ。アラジンの"A Whole New World" 。もう一曲はポカホンタスの"Colors of the Wind" で、これはまだしょうこバージョンは出てないね。

ライブの最後は"Beauty and the Beast"アンコール。30分と短かったが満足した。映画のほうは面倒だから見に行く予定はないよ。

カップヌードルミュージアムのおみやげコーナー。

パシフィコ横浜の国立大ホール。はいだしょうこさんの軌跡、2014年3月23日「ポコポッテイトファミリーステージ」に出演。ニュースでもあったように、ここで国際会議が開催されており周辺は厳戒体制であった。

クイーンズスクエア。ここで昼めしにして、博物館に行って帰るか。

横浜みなとみらいホール。クラシック専用のホールだから、はいだしょうこさんはコンサートをやったことないな。

ここはお気に入りのソプラノが歌のお姉さんをしてるホールなんだわ。ファミリーコンサートで横浜遠征なんてできないから行ったことはないけどね。

おとといは幸子先生のところのコンサートをやってた。ドリームでは合唱団が出演してたので、その引率のためか「歌会」の初日にはファミリーはいらっしゃらないようであった。

おや?どっかで見た顔だな。

なんと!今日やんか。私はNHKの公開収録の検索もしてるから、スタパでライブをやることは知ってたけどな。彼にはまったく関心もないのだが、ネタのためにも様子を見とかんとあかんやろ。聞いたところ1時間ほどらしい。1時間でオケは半分くらいか。この演奏曲だとちょっと高い気もするが仕方ないな。予定を変更して、当日券(2500円×2)で入ることにした。

彼のコーナーの演奏曲は4曲
1. きみにあいたくて
2. どんなときも
3. 想い出がいっぱい
4. ぼよよん行進曲

終了。私は何年も前から知っていたことだが、著しく不評であった。オーケストラの演奏は耳になじみのある曲ばかりでもあり素晴らしかった。だが、、、(※自粛)。ま、何の思い入れもない人が受ける印象としてはそれが普通であると思う。元相方でもあるし、私は好意的ではあるのだが、歌のお兄さんは必ずしも歌が上手である必要はないんだとフォローすることしかできなかった。もう多くは語らないよ。さらば、ゆうぞう。私はみなトラが見れて満足だよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜観光 | トップ | イベント出演のお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。