Mr.しもの前途遼遠

プロレスファンのおじさんのオンラインゲーム日記です。
あなたもMr.しもとザ・ミックの生き様を追体験しませんか!?

今週の週刊プロレス NO.1901

2017-04-29 12:01:31 | 週刊プロレス

表紙は
藤波の45周年ツアーで
勢揃いした
レジェンドの面々。
みんな元気ですなぁ・・・。


新日本4・22&4・23後楽園

内藤とジュースの
インターコンチに関しては
はっきり言って
あまり興味がありません。
内藤が勝てば
「当然だな」となりますし
もし内藤が負けても
「ジュース推しすごいな」
としか思いませんし。

まったく同じ理由で
オカダとファレの
IWGPヘビー王座戦も
乗れないんですよね。
これだけ沢山の
選手がいるのに
なぜこの2人が
挑戦者なんだろうと
感じてしまいます。

逆に非常に
期待しているのが
ヒロムとリコシェの
IWGP Jr.王座戦。
どちらが勝っても
面白くなりそうです。

カードの温存や
新しい風は必要だとは
思いますけどねぇ・・・。


全日本4・22品川&4・23長岡

出場選手の豪華さで
例年以上に話題を呼んでいる
今年のチャンピオン
カーニバル。
リーグ戦も残すところ
今日の広島大会で
ラストとなります。

優勝決定戦進出の
可能性を残しているのは
Aブロックの
宮原、関本、ジョー、
Bブロックの
諏訪魔と石川。
しっかりと本命が
残ってくれてますので
誰が勝ち上がっても
ファンの期待に応えられる
熱戦を見せてくれることと
思います。


NOAH4・22新潟&4・23金沢

グローバルタッグリーグが
開催中のノア。
MAKETA RA OWARIが
初戦でいきなり負けるという
ネタのような展開から
好調をキープしています。

大会の台風の目となる
可能性を秘めたチーム、
潮崎&小峠組ですが
開幕から2連敗と
調子は振るわず。
このチームの優勝を
予想しているんですけどね。

私のイチオシ、
ヨネ&齋藤組は
戦前の予想通り
苦戦を強いられています。
5月3日の後楽園では
優勝候補の筆頭、
中嶋&北宮組との
公式戦が組まれていますが
最終戦で優勝候補、
これはきっと
やってくれるでしょう。


ドラディション4・20後楽園

懐かしい顔が勢揃い。
観衆は2,473人と
レジェンドたちへの
期待感がうかがえます。

試合後、ベイダーが
動けなくなる
アクシデントが
ありましたが
どうやら大事には
至らなかったようですね。
よかったヨカッタ。


WWE・NXT4・5オーランド

スマックダウンに昇格した
中邑の穴を埋めるように
NXTにはヒデオが復帰。
ヒデオのスタイルは
NXT向きだと思いますので
期待に応えてくれるでしょうが
昇格することを考えると
やはり言葉の壁が
気にかかります。


WRESTLE-1 4・19後楽園

芦野が近藤を破り
W-1王座を防衛。
しかし、
芦野の傍若無人ぶりは
賛否両論のようです。
私は面白いと思いますね。

この日の興行は
カズ・ハヤシ体制になって
初の後楽園大会で
週プロを持参すると
1,000円の
キャッシュバックが
受けられました。
それでも集客は
苦戦した様子。
どこもなかなか
厳しいですねぇ・・・。


DRAGON GATE4・23博多

この大会で急遽、
吉野が復活。
これはファンにとっては
うれしいサプライズ
だったことでしょう。
正式な復帰も
近いうちに
発表されそうです。

5.5名古屋大会の
金網マッチまで
いよいよあと1週間。
3月の時点では
まだまだ先だとばかり
思っていましたが
時間が経つのは
あっという間ですね。


スターダム4・22光

山口大会で行われた
白いベルトの王座戦。
王者・宝城が
木村花を破って
王座を防衛。
私のお気に入りの
2人による王座戦、
時間ができたら
ワールド観戦したいと
思います。

時間ができたら・・・
ですか・・・。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みのるが後藤からNEVER王座を... | トップ | ここまでとは想定外でした・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

週刊プロレス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL