Mr.しもの前途遼遠

プロレスファンのおじさんのオンラインゲーム日記です。
あなたもMr.しもとザ・ミックの生き様を追体験しませんか!?

アンダーテイカーが引退表明

2017-04-05 21:34:00 | プロレス話
ソースは、東スポWeb

この記事には
レッスルマニア33の
試合結果に関する
ネタバレが含まれています。


世界最大のプロレスの祭典、
WWE「レッスルマニア33」が
当地のキャンピング・
ワールド・スタジアム
(シトラス・ボウル)で開催され、
7万5245人の大観衆を
熱狂の渦に巻き込んだ。
メーンではエースの
ローマン・レインズ(31)が
“怪人”
ジ・アンダーテイカーを撃破。
敗れたテイカーは
引退を表明した。

祭典のメーンで、
ついにこの時が
訪れてしまった。
戦前からレインズは
「負ければ引退しろ」と
厳しい要求を突きつけていた。
しかし一時代を
築き上げた怪人は、
衰えを感じさせない
動きを見せる。
スーパーマンパンチを食らっても
3カウントは許さない。
逆にイス上への
チョークスラム、
墓石落としで反撃した。

15分過ぎからは
レインズが猛攻。
テイカーは何度も何度も
倒されながら
ムクリと起き上がってくる。
どうすれば勝てるのか――
レインズの表情に
焦りの色が浮かぶ。
しかし渾身の
スーパーマンパンチで
怪人をよろめかせると、
ロープの反動を大きく使った
完璧なスピアーを決める。
まさに魂の一撃だ。
テイカーはなんとか
上半身を起こしたものの、
力尽きてダウン。
レインズが歴史的な
3カウントを奪った。

勝者が去ると会場には
巨大な花火が打ち上がる。
リング上には
大の字のテイカーのみ。
ゆっくりと
立ち上がった怪人は
グローブとジャケットを
リング中央に置き、
トレードマークの黒い帽子も
その上にかぶせる。
そして別れを告げるように
ゆっくりと
会場四方を見回した。
明らかな“引退表明”だ。

大観衆は意思を悟ったように
「サンキュー・テイカー!」
の大コールを送る。
花道を去るテイカーが
右腕を上げると、
上空には稲妻が走った。
怪人はそのまま
鐘の音とともに
煙の中に消えた。
キャリア33年、
祭典連勝記録
「21」の大記録を誇り、
WWEの主役であり続けた
テイカーだが、
これで引退は決定的。
怪人は伝説となり、
安らかな眠りに
入ることになりそうだ。



ネタバレを含みますので
書くかどうか悩みましたが
結構大きく色々なところで
取り上げられているようなので
書くことにしました。

WWEには疎い私ですが
もちろんテイカーは
知っていますし
全盛期には程遠く
試合数も減ったとはいえ
今でもなお
WWEの中心人物だと
思っていました。
そのテイカーが引退ですから
やっぱり寂しいですよ。

この記事を見て
いよいよMr.しもと
対戦するタイミングだなと
考えたのですが
まったく同じタイミングで
吉報も舞い込んできましたので
どうしようか悩んでます。

いっそのこと
両方、いっちゃう・・・!?



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中邑がWWE1軍昇格 | トップ | Mr.しもの打算!ヤマシタ戦は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロレス話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL