Mr.しもの前途遼遠

プロレスファンのおじさんのオンラインゲーム日記です。
あなたもMr.しもとザ・ミックの生き様を追体験しませんか!?

2917.7.13ノア後楽園大会観戦記

2017-07-14 22:23:51 | プロレス観戦記

この日もこれでもかと
いうくらいの暑さで
照りつける太陽。
夏なんていらねぇよ、愛。



平日の夕方の
興行ということもあり
集客はやや苦戦。
各方角のところどころに
空席が見られました。



試合開始前に
グローバルJr.タッグリーグの
出場チームが揃い踏み。
一番の声援を集めたのは
カイザー&マテオ組でした。


第1試合
勝俣 MAO vs グルクン 首里ジョー


ノアの会場では
あまり馴染みのない
2チームによる開幕戦。
未知なる選手の試合とは
どうしてこんなにも
ワクワクするんでしょうか?
第1試合から
楽しませてもらいました。

試合は勝俣が
450°スプラッシュで
首里ジョーから勝利。


第2試合
齋藤 ヨネ vs 小川 雅夫


この試合はもう完全に
雅夫ワールドでしたね。
急所を攻められたり
急所を攻められたり
急所を攻められたりする
エンタメ展開でした。
久しぶりに見た雅夫は
やっぱり雅夫でしたよ!
なんか安心しました。


第3試合
大原 熊野 vs カイザー マテオ


カイザー組の
会場支持率たるや
それはもう・・・。
みんな、わかってますねぇ(笑)

そんな雰囲気に飲まれたのか、
大原組がまさかの黒星。
これはもしかすると
もしかするのでは・・・!?


第4試合
エディ vs クワイ


ノアファンから
大きな声援を受けて
入場したエディ。
愛されてますねぇ。

試合は終始、
クワイさんペースでしたが
エディが会心の
ボストンニーパーティーで
強引に勝利を
手繰り寄せました。
もうちょっと見たかったなぁ。


第5試合
小峠 拳王 vs コーディ KAZMA


小峠と拳王のタッグチーム。
会場にいる誰もが
「機能するはずない」と
思っていたのでは
ないでしょうか?
私も正直言って
拳王は小峠を見捨てると
思ってました。

ところが・・・
自らの勝利の為に
小峠のタッチを
しぶしぶ受けた拳王が
大爆発!
小峠もまた
勝利に飢えていたのか、
キルスイッチからの
ダイビングフットスタンプという
必殺技コンボが
見事に決まり
小峠組が勝利。
この結末に
会場からは拍手とどよめきが。



試合後、
小峠が手を出すも
拳王はこれをスルー。
孤高の拳王が
見たい気持ちもありますが
組んだら組んだで
面白いんじゃないですか、コレ!?


第6試合
HAYATA YO-HEY
vs アトラス 諸橋


諸橋を筋肉バカ、
アトラスをバカ外人と
罵ったYO-HEY。
これがアトラス組に
火をつけることとなります。
上手いですねぇ、YO-HEY。

試合を決めたのは
そのYO-HEY。
フィニッシュは
顔面Gでした。


セミファイナル
石森 Hi69
vs 原田 タダスケ


群雄割拠のノアJr.で
最も目立った活躍を
見せているのが石森。
Jr.二冠王は
ダテじゃありません。
当然、それを原田が
面白く感じている
はずもなし。
この一戦、私の期待を
裏切らない
素晴らしい試合になりました。

紙一重の戦いを
制したのは原田。
フィニッシュはもちろん
片山ジャーマンでした。


メインイベント
中嶋 北宮 潮崎
vs ブライアン・ケイジ
丸藤 谷口


先日の後楽園大会では
杉浦を倒し
そのあまりの強さに
ノアファンを驚愕させた
ブライアン・ケイジが
ノアマット再上陸。
期待に胸踊ります。



チャンピオンとしての
風格も漂ってきた中嶋。
ベルトが似合うレスラーに
なりましたね。



この試合は
両者によるGHCヘビー戦の
前哨戦であるだけでなく
丸藤、谷口の持つ
GHCタッグ王座に
中嶋、北宮が挑む
大阪大会の前哨戦
でもある上に
谷口と潮崎の
元パートナー対決の
遺恨決着戦の
前哨戦でもあるわけで
それはもう見所の多い
試合だったわけですよ。



ところが
終わってみればこの試合、
ブライアン・ケイジの強さだけが
強烈なインパクトとして
残るだけでした。
他の選手がダメって
話じゃないですよ?
ブライアンがスゴすぎました。





丸藤と谷口をまとめて
ジャーマンで投げ捨て
さらにはトップロープ上の
中嶋にもブッコ抜きの
雪崩式ブレーンバスターを
見舞うブライアン。





強烈なパワーボムから
説得力抜群の
ドリルクローで
チャンピオンから直接
勝利を奪ったブライアン。
あまりにも強すぎて
中嶋が勝つビジョンが
まるで見えてきません・・・。

最強の挑戦者を相手に
中嶋がどんな試合を
見せてくれるのか、
王座戦が気になるところですが
チクショー、その日は
仕事なんですよね。



Jr.タッグリーグの
開幕戦ということもあり
第1試合からメインまで
熱のある大会でした。
途中、雅夫やエディ、
カイザー、マテオなど
ノアファンに馴染みのある
選手たちが登場したことも
うれしかったですね。
そしてメインで
強烈なインパクトを
残したブライアン。
小峠と拳王の動きも
気になるところですし
面白くなってきましたね。

なお、10月のビッグマッチ、
横浜文体大会には
エディ、ムース、エリック兄弟の
参戦が決定!
エディのGHCヘビー挑戦も
ありそうです!?



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・ミックが藤田に屈辱的大敗!? | トップ | PC、復旧しました! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL